紹介文

舘山城は伊達晴宗桑折西山城から米沢に本拠を移した際の居城で、その後、伊達輝宗伊達政宗と伊達氏3代にわたる居城だったと推定されています。また「関ケ原の戦い」後に会津領を失い、米沢に転封となった上杉景勝も最初この城に入り、のちに米沢城を築城したという可能性も指摘されています。現在城址には土塁や堀切などの遺構を確認することができ、「伊達政宗公生誕の地」の碑が立てられています(政宗生誕を示す碑は米沢城跡である松岬公園内にもあります)。発掘調査によって発見された石垣が誰の手によるものなのかなど、まだまだ不明な部分が残っています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
舘山城は「伊達政宗ゆかりの城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 伊達政宗ゆかりの城めぐり

舘山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

舘山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 米沢城からレンタサイクル。良く整備されていて気持ち良く攻城できました。築城するには最適の場所であることが良く分かります。(2019/09/14)
  • 米沢城から館山城址まで自転車で20分程度(2019/08/04)
  • 発電所を左に曲がるところをナビの指示で右に曲がってしまいましたが、案内板は確認できました。再度、発電所まで戻り、広い駐車場に駐車。トイレや各種表示等非常にわかり易い城址です。(2019/07/14)
  • 「私有地に付立ち入り大歓迎」と標柱にあるように、大変手入れの行き届いていました。 随所にある案内板で迷わず攻城できました。 暑かったので下った後、小屋のウォーターボックスの水が冷たくて非常に生き返りました。(2019/06/03)
  • 皆さんの攻城記録どおりでした。大駐車場とトイレ完備、各種表示などわかりやすかったです。(2019/06/02)
  • まず、広い駐車スペースやトイレ等々、おもてなしが行き届いていて、保存会の方々に感謝です。遺構は石垣の破却痕跡が一番の見所ですが、物見台からの光景も素晴らしいです。土塁の上に誰かいるなぁと思って見上げたら、カモシカでした。(2019/05/05)
  • 遺構が良く残っていて見ごたえがありました。(2014/07/06)
  • 桜がまだ満開でした。駐車場広く簡易トイレ有り。破城の状態を保存整備されており、案内板も凄く見やすい。土塁、堀、規模でかい。(2019/04/29)
  • 米沢城から自転車で10分程度。破城跡や堀切に満足。平地の館と川からの急峻な崖上の城に勝手に仙台城を連想。(2019/04/27)
  • 何とかふもとまでは行きましたが、雪のため攻城断念、帰りに寄った上杉家御廟所でその話をすると「この季節は何もない」そうです。季節替えて出直します(2019/01/23)
すべてを表示(27コメント)

舘山城について

舘山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態平山城
標高(比高)310 m( 60 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主新田冠者経衡か
築城開始・完了年
廃城年
主な改修者伊達政宗、上杉景勝
主な城主新田氏、伊達氏、上杉氏
遺構曲輪、土塁、空堀、石垣、桝形虎口
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2019/09/18 04:33:14

舘山城の城メモ

舘山城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

舘山城の観光情報

舘山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

舘山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(18日)の天気

  • 03時
    Clouds / few clouds
    13.98
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    14.35
  • 09時
    Rain / light rain
    15.15
  • 12時
    Rain / light rain
    14.35
  • 15時
    Rain / light rain
    14.87
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    14.54
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    14.44
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    14.00

明日以降の天気(正午時点)

  • 19日
    Clear / clear sky
    18.65
  • 20日
    Clouds / overcast clouds
    19.45
  • 21日
    Rain / light rain
    13.75
  • 22日
    Rain / light rain
    17.63

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

舘山城の地図

地図アプリで見る

山形県米沢市舘山町

舘山城へのアクセス

舘山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR奥羽本線・米沢駅から米沢市民バス・田沢線または山交バスに乗り「舘山局前」バス停下車、徒歩10分
  • JR奥羽本線・米沢駅から徒歩約50分
アクセス(クルマ)
  • 東北中央自動車道・福島大笹生ICから60分
  • 東北中央自動車道・山形上山ICから60分
  • 磐越自動車道・会津若松ICから60分
駐車場

舘山城跡駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    舘山城周辺の宿・ホテル

      小野川温泉 寿宝園

      源泉かけ流し100%の露天風呂が人気!温泉街や小野川を見渡せる高台の宿。女将自ら契約農園で厳選した地元産の新鮮野菜を使ったご夕食が好評です。米沢牛メニューも多数ございます!(評価:4.3、参考料金:6,200円〜)

      小野川温泉 湯杜 匠味庵 山川

      山形の温泉地に12の湯宿「高見屋グループ」。米沢の名湯「小野川温泉」で創業百年を迎える老舗旅館。源泉掛け流しの「美人の湯」で癒されて、米沢牛をここでしか味わえないオリジナル名物料理でご賞味あれ♪(評価:3.9、参考料金:6,480円〜)

      小野川温泉 うめや旅館

      ≪“PayPay”導入しました≫当館のこだわりは、源泉を一切薄める事なく24時間新鮮なまま湯舟に注ぐ事。当館認定ゆるキャラ「うめたま」ちゃんが温泉とグルメをご紹介するよ♪(評価:4.7、参考料金:6,900円〜)

      バリアフリーで車いすの家族旅行も安心 鈴の宿 登府屋旅館

      ★温泉旅館で家族仲良くのんびりSTAY★館内はバリアフリーで段差も少なく車イスの移動もラクラク安心♪温泉街の中心部で散策に便利★大浴場と露天風呂は源泉掛け流し100%で深夜や早朝も入浴OK★Wi-Fi完備★(評価:4.2、参考料金:8,000円〜)

      美湯美食の離れ宿 小野川温泉・河鹿荘(KAJIKASO)

      ●P10%アップ°◆スペシャルクーポン発行中◆じゃらん限定のお得人気プラン販売中◆山形名物・いも煮!源泉掛流しの広~い湯舟の露天付客室が人気!個室風・食事処でゆっくり食事を!全館Wi-Fi OK!(評価:4.4、参考料金:7,776円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    舘山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 米沢城
      • 米沢城
        • 平均評価:★★★☆☆(207位)
        • 見学時間:58分(161位)
        • 攻城人数:694人(100位)
        • 城までの距離:約3km
      • 上山城
      • 上山城
        • 平均評価:★★★☆☆(215位)
        • 見学時間:51分(208位)
        • 攻城人数:313人(182位)
        • 城までの距離:約33km
    • より多くの
      城を見る

    出羽の著名な城

    山形県の著名な城

    舘山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    舘山城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城=土の城を歩きたい人に首都圏(千葉・埼玉・東京・神奈川)に残る城跡を紹介する。実際に訪ねた時の城の見方、見落としてはいけないポイントを縄張図と写真で解説。巻頭の小机城をはじめ入門編から中級編まで、「歩きやすくわかりやすい」をコンセプトに21の城跡を紹介している。

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る