赤穂城
赤穂城

[兵庫県][播磨] 兵庫県赤穂市上仮屋


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.39(79位)
  • 見学時間:1時間5分(69位)
  • 攻城人数:2109(46位)

花岳寺

花岳寺は赤穂城の近くにある曹洞宗の寺院で、歴代赤穂藩主の菩提寺です。
江戸時代初期の1645年(正保2年)に常陸国笠間藩より転封となった浅野長直が、父・華嶽院と母・台雲院の菩提寺として創建しました。

境内には、浅野家墓碑や森家墓碑のほか、赤穂義士47人の墓碑や義士宝物館などがあります。
また、赤穂城の縄張りを行なった近藤正純の墓が妙慶寺から移されています。

花岳寺の山門は明治維新後、赤穂城が解体された際に塩屋惣門(西惣門)を移築したものとされており、現在この山門は、赤穂市の文化財に指定されています。

山門

花岳寺の観光情報

住所兵庫県赤穂市加里屋1992
山号台雲山(たいうんざん)
本尊釈迦如来
創建1645年(正保2年)
URLhttp://www.kagakuji.org/
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

赤穂城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る