不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。自分がウイルスを家庭や会社に持ち込んでしまったり、あるいは現地に運んでしまうリスクを最小化するために、当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

田峰城は菅沼氏の居城として知られています。1575年(天正3年)、城主・菅沼定忠は「長篠の戦い」で大敗した武田勝頼を田峰城に迎え入れようとしましたが、留守居の親族・菅沼定直が入城を拒絶したため、わずかな手勢での逃避行を強いられることになりました。現在、城址には本丸大手門、本丸御殿、物見台が復元されています。

攻城団編集部

田峯城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

田峯城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 新型肺炎の関係で3月15日まで閉鎖されていましたが、桜がちらほら咲いていました。(2020/03/09)
  • 城跡近くに来ると道に案内看板出てきます。『城跡』と『駐車場』と書かれてますが、駐車場に向かうと田峯観音の方に行ってしまいます。城跡の看板通りに行くとトイレ付き駐車場までいけます。(2020/02/15)
  • 本曲輪より東側は整備が行き届いていないが、しっかり遺構は残っています。切岸は整備、復旧、法面保護がしっかり行われていて迫力があります。しかし、本曲輪の大手口と搦手口の位置に疑問が残る。(2020/01/19)
  • 正月の三が日は近くの田峯観音に向かう車が多く、大変混雑するので訪問は避けた方がいいです。(2020/01/04)
  • 書院造りの御殿、物見台などが復元され中に入ることができます。 この時期は、物見台の上から眺める山々の紅葉が綺麗に見えます。(2019/12/08)
  • 山の中に佇む感じでとてもいい雰囲気でした!(2019/11/28)
  • 再建ですが寝殿造のエッセンスを残した珍しい中世の城です(2019/11/02)
  • 物見台からの、景色は、ステキでした。御城印は、御殿受付で、購入できます❗️(2019/10/26)
  • 個人的にはおすすめの城。物見櫓から見る景色は絶景です。(2019/04/28)
  • 田峯城への道がかなり狭い所があったので、攻城する前に退却かと思いましたが、地元の方に道を教えてもらい無事に田峯城攻城しました。(2019/05/04)
すべてを表示(39コメント)

田峯城について

田峯城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)387 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主菅沼定信
築城開始・完了年着工 1470年(文明2年)
廃城年1582年(天正10年)
主な改修者
主な城主菅沼定信、菅沼定忠
遺構曲輪、空堀
指定文化財町史跡
復元状況御殿、大手門、搦手門、物見台

更新日:2020/04/09 01:59:54

田峯城の観光情報

田峯城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 9:00~16:00
料金(入城料・見学料)
  • 大人:210円
  • 子供(小・中学生):100円
  • 団体割引あり(20名以上)
休み(休城日・休館日)
  • 毎週月曜日
  • 祝日の翌日
  • 年始年末(12/29~1/3)
トイレ

あり

コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

田峯城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(09日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    5.53
  • 06時
    Clear / clear sky
    4.14
  • 09時
    Clear / clear sky
    9.77
  • 12時
    Clear / clear sky
    13.53
  • 15時
    Clear / clear sky
    13.56
  • 18時
    Clear / clear sky
    9.08
  • 21時
    Clear / clear sky
    5.75
  • 00時
    Clouds / scattered clouds
    4.45

明日以降の天気(正午時点)

  • 10日
    Clouds / scattered clouds
    12.16
  • 11日
    Clouds / overcast clouds
    12.92
  • 12日
    Clouds / overcast clouds
    11.59
  • 13日
    Rain / light rain
    10.76

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

田峯城の地図

田峯城へのアクセス

田峯城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR飯田線・本長篠駅から豊鉄バス「田口行き」に乗り「田峯」バス停下車、徒歩15分
アクセス(クルマ)
  • 名古屋方面よりグリーンロードを経て国道153号・257号で稲武経由、または足助より国道420号で田峯へ
  • 豊橋方面より国道151号で新城大海を経て国道257号で田峯へ
駐車場

あり(約10台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    田峯城周辺の宿・ホテル

      合掌造りの宿 はづ合掌

      富山から移築した築200年の重厚な合掌造りの建物。お料理口コミ☆5!お料理はこの土地のその季節にとれたものにこだわった、"身土不二"和会席をご用意致します。ここでしか味わえない時間が流れます。(評価:4.9、参考料金:22,000円〜)

      湯谷観光ホテル 泉山閣

      全室とお風呂・ロビーより清流板敷川を一望。しっとりとした温泉地でのんびりと滞在できるのが魅力。川のせせらぎを耳にしつつ、お部屋でいただくお食事は、奥三河の郷土色あふれる会席。(評価:4.0、参考料金:4,400円〜)

      旅館 ひさご

      「旬の山菜と鳳来牛が絶品!」と人気のお夕食はお部屋食で。露天岩風呂は時間を気にせず24時間湯ったりとお楽しみいただけます。全室川沿い広縁+バス・トイレ付の和室で自然を感じる寛ぎのひとときを。(評価:4.3、参考料金:5,500円〜)

      湯谷温泉 旅荘みつい

      木造りの情緒あふれる宿。板敷川のせせらぎを耳にしながら、露天風呂でゆったりご入浴。ご夕食には、主人自らが創作した「田舎風懐石」を堪能。※現在内湯のみ源泉かけ流しとなっております。(評価:4.0、参考料金:4,840円〜)

      漢方薬膳料理の宿 はづ木

      純木造数奇屋造りの歴史ある空間で、中国漢方薬膳と上質な泉質の温泉をお愉しみ頂けます。豊かな自然と体にやさしい料理で心身ともにおくつろぎ下さい。※2020年1月より全面禁煙とさせて頂きます。(評価:4.6、参考料金:13,750円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    田峯城の過去のイベント・ニュース

    田峯城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 古宮城
      • 古宮城
        • 平均評価:★★★☆☆(110位)
        • 見学時間:44分(150位)
        • 攻城人数:450人(164位)
        • 城までの距離:約13km
      • 長篠城
      • 長篠城
        • 平均評価:★★★☆☆(125位)
        • 見学時間:55分(123位)
        • 攻城人数:1299人(50位)
        • 城までの距離:約14km
    • より多くの
      城を見る

    三河の著名な城

    愛知県の著名な城

    田峯城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    田峯城を本城にしている団員

    以下のみなさんが田峯城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    童の神

    平の将門の乱以降、藤原道長を中心とした京の都からの圧政に抗い、鬼と呼ばれる者たちを描いた歴史小説です。
    賤ヶ岳の七本槍と石田三成を描いた”八本目の槍”が凄く面白かったので、作者、今村翔吾先生の本をもっと読んでみたいと思い購入しました。
    以下解説引用。
    土蜘蛛、滝夜叉、山姥…などの恐ろしげな名で呼ばれ、京人から蔑まれていた。一方、安倍晴明が空前絶後の凶事と断じた日食の最中に、越後で生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に復讐を誓っていた。様々な出逢いを経て桜暁丸は、童たちと共に朝廷軍に決死の戦いを挑むが―。皆
    皆が手をたずさえて生きられる世を熱望し、散っていった者たちへの、祈りが描かれております。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る