紹介文

小高城は1611年(慶長16年)に16代当主・相馬義胤が本城を牛越城や中村城に移転するまで、約270年間にわたる相馬氏の居城でした。戦国時代に伊達輝宗・政宗父子と徹底的に抗戦したのもこの城です。現在、本丸跡には小高神社があり、相馬野馬追祭りの際には「野馬懸け」の神事が行われる場所として知られています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
小高城は「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 金箔瓦

小高城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

小高城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 相馬小高神社駐車場から登城。神社の周りに土塁、堀を確認できます。南相馬市博物館の見学もお勧めします。(2024/01/16訪問)
  • 境内まで車で登れますが、一の鳥居付近にある駐車場から、参道を登った方が雰囲気を味わえます。 御朱印は社務所にて頂けます。(2019/12/14訪問)
  • 小高神社として駐車場含め整備されています。立地と所々に見える遺構に往時の相馬の城の姿を偲べます。(2023/09/23訪問)
  • 小高駅から徒歩で約16分くらいで着きます。当日は、午前中に相馬野馬追が行われていたため、蹄あとなどがたくさん残されていました。城址には土塁、横堀あとが遺されていて、本丸あとには、小高神社が鎮座していました。城址前には、天然の堀の役目もしていたであろう小高川が流れています。(2023/07/31訪問)
  • 南相馬市から浪江町に向かう国道6号線、大井交差点を右折、西側へ。左手に南相馬市小高区役所を見て200m程進み、貴船神社のある交差点を右折、小高川を渡る橋を越えた所にある相馬小高神社が城址でした。震災後、この辺りはヒトが戻って来ている感想を持ちました。(2023/04/30訪問)
  • 小高駅から徒歩15分程度です。最寄りの小高駅はICカード利用可能ですが、チャージ機械がないので訪問の際はご注意ください。(2022/12/02訪問)
  • 現在は小高神社、キジがいるほど自然豊かです。広い曲輪と本殿背後の土塁が印象的ですね。(2022/05/27訪問)
  • 城跡は現在、相馬小高神社となっています。 神社境内に直接車で乗り入れられます。この道はおそらく虎口だと思われます。 碑、案内板が何か所か存在します。(2021/03/15訪問)
すべてを表示(13コメント)

小高城について

小高城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

平山城

標高(比高)

20 m( 10 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

相馬重胤

築城開始・完了年

着工 1326年(嘉暦元年)

廃城年

1611年(慶長16年)

主な改修者

主な城主

相馬氏

遺構

曲輪、土塁、空堀

指定文化財

県史跡

復元状況

小高城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平山城
標高(比高)20 m( 10 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主相馬重胤
築城開始・完了年着工 1326年(嘉暦元年)
廃城年1611年(慶長16年)
主な改修者
主な城主相馬氏
遺構曲輪、土塁、空堀
指定文化財県史跡
復元状況

更新日:2024/05/22 03:30:01

小高城の城メモ

小高城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

小高城の観光情報

小高城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

小高城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

小高城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Clouds / few clouds
    11.27
  • 06時
    Clouds / few clouds
    12.61
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    16.23
  • 12時
    Clouds / few clouds
    16.94
  • 15時
    Clear / clear sky
    17.42
  • 18時
    Clear / clear sky
    16.21
  • 21時
    Clear / clear sky
    14.14
  • 00時
    Clouds / few clouds
    13.77

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Clouds / overcast clouds
    21.81
  • 24日
    Clear / clear sky
    23.26
  • 25日
    Clouds / few clouds
    21.70
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    16.15

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

小高城の地図

小高城へのアクセス

小高城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR常磐線・小高駅から15分

アクセス(クルマ)

  • 常磐自動車道・常磐富岡ICから40分
  • 常磐自動車道・南相馬ICから30分

駐車場

小高神社駐車場(無料)

小高城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR常磐線・小高駅から15分
アクセス(クルマ)
  • 常磐自動車道・常磐富岡ICから40分
  • 常磐自動車道・南相馬ICから30分
駐車場

小高神社駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    小高城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      ビジネスホテルグリーンロード

      全室WOWOW、ウォシュレット、無料Wi-Fi完備!広い室内でゆったりとお過ごしいただけます。(評価:3.6、参考料金:3,190円〜)

      ダイワリンクホテル南相馬

      南相馬の新しいホテルです。全70室があなたの出張を快適なものに・・・■朝食無料♪■全館禁煙(1Fに喫煙所有り)■駐車場無料!(評価:3.9、参考料金:6,850円〜)

      ビジネスホテル高見

      リーズナブル価格&ゆったり癒される大浴場が好評!ビジネス、観光、イベントなど様々なニーズに合わせて利用頂けます。コンビニ、道の駅やロボットテストフィールドも至近。感染症対策を徹底しています。(評価:3.6、参考料金:3,500円〜)

      ホテル丸屋グランデ

      じゃらんアワード2021東北泊まって良かった宿総合51~100室部門第2位受賞!南相馬市で最新のホテル!原ノ町駅正面。好評の地元食材の朝食バイキング。大浴場・漫画充実のラウンジ・無料Wi-Fi・駐車場完備(評価:4.6、参考料金:6,800円〜)

      ホテルエリアワン南相馬(旧:ステーションプラザホテル)

      『原ノ町駅』から徒歩2分の好立地のビジネスホテル★★撮鉄必見!駅チカなので上階からは間近に電車が見られます!★建物横に無料駐車場も併設しておりますのでお車でもお気軽にどうぞ♪(評価:4.4、参考料金:4,100円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    小高城の過去のイベント・ニュース

    小高城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 三春城
      • 三春城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:51分(--位)
        • 攻城人数:886人(176位)
        • 城までの距離:約45km
      • 二本松城
      • 二本松城
        • 平均評価:★★★★☆(37位)
        • 見学時間:1時間15分(41位)
        • 攻城人数:1951人(80位)
        • 城までの距離:約49km
    • より多くの
      城を見る

    陸奥の著名な城

    福島県の著名な城

    小高城といっしょに旅行するのにオススメの城

    小高城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    塞王の楯

    一乗谷の戦いから関ヶ原の戦いまで、強固な石垣を組み、城を守ろうとする石垣職人集団・穴太衆。強力が故に決して使われない砲をつくろうとする鉄砲職人集団・国友衆。己の信念を貫き、それぞれの技術の競いあう様を描いた歴史小説です。
    石垣から当時の歴史が見えてくる、そんなことを考えさせてくれる一冊であると思いました。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る