名古屋城
名古屋城

[愛知県][尾張] 愛知県名古屋市中区本丸1-1


  • 平均評価:★★★★☆ 3.80(30位)
  • 見学時間:1時間26分(26位)
  • 攻城人数:3960(4位)

名古屋城の天守

本丸の北西隅に位置する名古屋城の天守は連結式層塔型で、この大天守が完成したのは1612年(慶長17年)のことでした。

1610年(慶長15年)から西国諸大名による天下普請で築城された名古屋城ですが、天守台の石垣は加藤清正が築き、天守は作事奉行の小堀政一、大工頭には中井正清と伝えられています(大工棟梁に中井正清で、岡部又兵衛が大工頭であったとの説もあるそうです)。

再建された大天守は築城当時と異なり、5重7階となっています。
城内と石垣の外側にはエレベータがそれぞれ設置されており、車椅子でも5階まで上がることができるバリアフリー構造となっています(5階から最上階展望室までは階段のみ)。

外観は当時の天守をほぼ忠実に再現されましたが、最上層の窓は展望窓として焼失前より大きなものとしたため、下層の窓と意匠が異なっています。

天守内部

天守最上階は展望フロアになっており、名古屋市内を広く見渡すことができます。
また、天守内部には重要文化財の障壁画・歴史資料が展示されています。

5階には実物大の金鯱が展示されています。

3階は当時の城下町を再現したフロアとなっています。

巨大な城下町の復元模型も展示されています。

階段で最上階までのぼることもできますが、まずエレベータを利用して5階まで上がり、そこから階段で最上階にいくことをオススメします。
(帰りは階段で降りながら各フロアの展示物を見ることができます)

木造による天守再建案

現在、名古屋市では木造による天守の再建が計画されています。

2009年(平成21年)8月10日の定例記者会見で、名古屋市の河村たかし市長は名古屋城天守閣を現在のコンクリート造から木造に建て直すことを本格的に検討すると発表しました。
その後、2013年(平成25年)1月4日には、名古屋市は2013年度から、名古屋城の天守閣を現在の鉄筋コンクリート製から本来の木造に建て直す復元事業に着手すると発表しました。

試算では復元にかかる費用は300億円とのことで、寄付金を含め調達方法を検討しています。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

名古屋城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る