攻城団からのお知らせ

鳥羽城を攻城

(この記事は2011年2月に自分のブログに書いたものを転載したものです)

鳥羽城は1594年(文禄3年)に当時、豊臣秀吉の家臣であった九鬼嘉隆が築城しました。
九鬼水軍の城だけあって、船を横付けできるように大手門が海側へ突出して築かれていたそうです。
(そのため「鳥羽の浮城」とも呼ばれます)

とりあえず鳥羽水族館を目的にいくと大丈夫です。
鳥羽水族館の裏手にある低い丘が鳥羽城になります。水族館側から歩いていくと線路(近鉄)をこえて、さらにトンネルをくぐって少し歩くと見えてきます。

DSC_0361

この「左三つ巴」は九鬼氏の家紋ですね。
ただし九鬼嘉隆の頃は「七曜紋」を描いた船旗を掲げて戦ったそうですね。嘉隆の子どもである守隆の代に「左三つ巴」紋になったようです。

ちなみにここが三の丸です。

DSC_0362

ここから本丸まではこの小高い丘をのぼることになります。

DSC_0367

これが中腹にある二の丸です。

DSC_0370

本丸跡までふつうに歩くと15分〜20分くらいはかかると思います。

DSC_0376

野球場になってましたが、石垣は残ってました。

DSC_0380

最後に周辺マップです。


より大きな地図で 鳥羽城周辺マップ を表示

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

池田城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

池田氏の居城で、その後は荒木村重が伊丹城(有岡城)へ移るまでの居城とした池田城にも攻城団のチラシを置いていただきました。池田城跡公園管理棟の売店前で入手できます。

つづきを読む

団員ブログを公開しました

  • お知らせ

攻城団にブログ機能を実装しました。団員による団員のためのブログとして、攻城レポートを書いたり、自分が学んだことなどをシェアしていただけるとうれしいです。

つづきを読む

鮫ヶ尾城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

「御館の乱」で敗れた上杉景虎が自刃して果てた終焉の地として知られる鮫ヶ尾城にも攻城団のチラシを置いていただきました。斐太歴史の里案内所と斐太歴史民俗資料館の2か所で入手できます。

つづきを読む

角牟礼城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

毛利高政によって近世城郭へ改修され、続日本100名城にも選ばれている角牟礼城にも攻城団のチラシを置いていただきました。豊後森藩資料館とくすまちメルサンホールの2か所で入手できます。

つづきを読む

龍岡城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

長野県佐久市にある、もうひとつの五稜郭として有名な龍岡城にも攻城団のチラシを置いていただきました。佐久市歴史の里五稜郭であいの館と佐久市臼田支所の2か所で入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る