紹介文

槇島城は、1573年(天正元年)に足利義昭が織田信長に対して兵を挙げた「槇島城の戦い」の舞台となった城として知られています。義昭退去後、塙直政、井戸良弘らが城将となりましたが、1592年(文禄元年)の豊臣秀吉による伏見城築城後はその戦略的価値がなくなり廃城となりました。なお、伏見城築城にあたり宇治川の流路を付け替える工事の際に、石垣も「槇島堤」に利用されたため遺構は残っておらず、現在は槇島公園内に石碑を残すのみです。義昭退去によって実質上、足利幕府は滅んだとされており、室町幕府終焉の地ともいわれています。

槇島城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

槇島城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 城址公園の石碑と槙島公園の記念碑を確認。この2カ所は歩いて5分ほどの距離です。(2024/06/16訪問)
  • JR宇治駅から徒歩15分強で、城址碑のある小さな公園に到着。大きな記念の石碑があるのはそこから北にある槙島公園です。遺構はありません(2024/03/24訪問)
  • 京阪宇治線宇治駅から宇治橋を渡り住宅街を徒歩で北西側に約25分で攻城。城址碑は槇島公園にありますが、城は少し南側にあったとの事。南側や西側は田園風景が広がってます。(2024/05/18訪問)
  • 北の槇島公園に案内板がありますが、本丸は住宅地内のここ児童遊園にあった模様。車を止める場所は無いので注意。(2023/09/10訪問)
  • 記念碑の公園と城跡の公園の2か所があります。 城跡の公園は任天堂の工場前から進む方が解りやすいです。(2023/05/31訪問)
  • 市民公園の一角に石碑有り。(2023/05/21訪問)
  • 京阪宇治線の宇治駅から徒歩で約25分くらいの槙島公園と槙島公園から徒歩で約5分くらいのところにある住宅街の中の児童公園に案内板と城址碑がありました。事実上の室町幕府の終焉地ではありますが、遺構については、遺されていませんでした。(2021/09/21訪問)
  • 児童公園の一角に石碑と案内板があります。案内板には縄張り図あり。(2021/03/28訪問)
すべてを表示(19コメント)

槇島城について

槇島城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

平城

標高(比高)

14.3 m

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

長瀬左衛門

築城開始・完了年

着工 1221年(承久3年)

廃城年

1594年(文禄3年)頃

主な改修者

主な城主

遺構

指定文化財

復元状況

槇島城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平城
標高(比高)14.3 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主長瀬左衛門
築城開始・完了年着工 1221年(承久3年)
廃城年1594年(文禄3年)頃
主な改修者
主な城主
遺構
指定文化財
復元状況

登録日:2016/08/20 16:53:13

更新日:2024/07/12 14:37:47

槇島城の観光情報

槇島城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

見学自由

料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

槇島城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間

見学自由

料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

槇島城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(12日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    23.18
  • 06時
    Rain / moderate rain
    22.18
  • 09時
    Rain / heavy intensity rain
    21.72
  • 12時
    Rain / heavy intensity rain
    21.52
  • 15時
    Rain / heavy intensity rain
    21.60
  • 18時
    Rain / moderate rain
    21.95
  • 21時
    Rain / light rain
    21.98
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    21.69

明日以降の天気(正午時点)

  • 13日
    Clouds / overcast clouds
    30.40
  • 14日
    Rain / moderate rain
    23.93
  • 15日
    Rain / light rain
    30.35
  • 16日
    Clouds / overcast clouds
    24.64

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

槇島城の地図

槇島城へのアクセス

槇島城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR奈良線・宇治駅から徒歩約30分

アクセス(クルマ)

  • 京滋バイパス・宇治東ICから6分

駐車場

 

槇島城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR奈良線・宇治駅から徒歩約30分
アクセス(クルマ)
  • 京滋バイパス・宇治東ICから6分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    槇島城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      アリストンホテル京都十条(2018年5月10日オープン)

      地下鉄十条駅から徒歩3分伏見稲荷から徒歩圏内全室禁煙(喫煙ブース有)コンビニ徒歩1分!駐車場もアリ(有料)■全館Wi-Fi・クロームキャスト完備■こだわりオリジナルの寝具(評価:4.2、参考料金:3,456円〜)

      コンフォートホテルERA京都東寺

      たっぷりの野菜とフルーツでカラダの内側から元気になれる朝食ビュッフェ◆オリジナルレシピの地産地消メニュー◆地域が感じられる空間でドリンクとスイーツを楽しみ、仲間とくつろげるライブラリーカフェ(評価:4.5、参考料金:3,350円〜)

      ホテルトレンドJR宇治駅前

      平安文化とお茶のまちにOPENした新築ホテルです☆JR宇治駅から徒歩約3分、源氏物語ミュージアムや平等院鳳凰堂など観光にGood☆萬福寺や三室戸寺へも近い最高のロケーション♪京都・大阪にもアクセス至便!(評価:4.2、参考料金:6,500円〜)

      宇治・茶宿(Uji Tea Inn)

      旅館内は二棟の二階部分が【東側201室、202室】と【西側203室、205室、206室、207室】貸切事出来ます。(評価:4.0、参考料金:5,000円〜)

      add 茶願寿

      ★【京都駅から20分/奈良から1時間】観光の拠点に最適★【生ビール無料】おとなだけの大サービス(評価:4.3、参考料金:2,700円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    槇島城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 伏見城
      • 伏見城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:35分(--位)
        • 攻城人数:1488人(114位)
        • 城までの距離:約4km
      • 淀城
      • 淀城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:31分(--位)
        • 攻城人数:842人(185位)
        • 城までの距離:約7km
    • より多くの
      城を見る

    山城の著名な城

    京都府の著名な城

    槇島城といっしょに旅行するのにオススメの城

    槇島城を本城にしている団員

    以下のみなさんが槇島城を本城として登録しています。

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    近世鉱山をささえた人びと (日本史リブレット)

    「日本史の知識をアップデートするための勉強会」の見逃し配信を見ていて黒まめさんが紹介していたので復習のつもりで読んでみました。この本を読むまでは鉱山労働は浮浪者、囚人等一般社会から隔離された人が行っているという悪いイメージを持っていましたが、この本を読んで江戸時代の一つの社会として成立していて近代に繋がっている事を知りました。大部分の藩は年貢米を大坂に集められて現金化していたようですが、金山、銀山等が領内にある藩(この著書では秋田藩)はここが年貢米を換金する藩財政に取って重要な場所であったようです。また、農民による一揆はよく耳にしますが、鉱山労働者も労働環境改善の為に一揆を起こしていたことが書かれていました。と、言うことで江戸時代の鉱山社会を理解したい方にお勧めの一冊です。

    まーちゃんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る