福岡県は現在、緊急事態宣言の対象地域です。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に加え、当該地域の医療体制に負担をかけないよう、立花山城への訪問は当面見合わせませんか。早く以前のように自由にお城めぐりができるよう、ぼくらにできる範囲の協力をしましょう(いずれ旅行に出かけることが協力になる日も来るはずです)。

紹介文

立花山城は立花統虎(のちの立花宗茂)が島津勢に徹底抗戦するために籠城した城として知られています。港町博多を見下ろす非常に重要な拠点であり、戦国時代には大内氏や毛利氏と大友氏の間で激しく争われました。豊臣秀吉の九州征伐により立花氏に代わって、新たな城主として小早川隆景が入城すると、隆景は名島城を改修して居城としたため立花山城は存在意義を失い、さらに黒田長政福岡城を築いた後は廃城となりました。なお立花山城の石垣は福岡城の石垣として流用されたため、現在は山頂の本丸跡にわずかに石垣跡、そして古井戸跡が残るのみです。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
立花山城は「おんな城主」のバッジに登録されています。

  • おんな城主

立花山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

立花山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 雨の中の登城だったので全身びしょ濡れでしたが、頂上は深い霧に包まれ、それはまた幻想的でした。 オススメは、行きは石垣コース、帰りはなだらかコースです。(2020/03/28訪問)
  • 立花山登山者駐車場は広いですが、休日だったためか、朝9時で半分くらい、12時前には止めるところに困るほどでした。(2020/01/03訪問)
  • 案内板がかなり少なめで見落としやすいので注意が必要です。(2019/11/30訪問)
  • とにかく急峻な登り1240mです。辛かった!降りは石垣ルートを通ったが石垣みつけながら降ってたら途中迷ってしまい15分程ウロウロしてしまいまして。石垣は三ヶ所、見つけられました。石垣かなり良い。疲れが吹っ飛びました。(2019/06/10訪問)
すべてを表示(9コメント)

立花山城について

立花山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)367 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主立花貞載
築城開始・完了年着工 1330年(元徳2年)
廃城年1601年(慶長6年)
主な改修者
主な城主立花氏、大友氏、小早川氏
遺構
指定文化財
復元状況

更新日:2021/05/14 04:00:29

立花山城の城メモ

立花山城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

立花山城の観光情報

立花山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

立花山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(14日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    16.47
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    16.61
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    19.64
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    22.33
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    22.44
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    20.77
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    19.18
  • 00時
    Rain / light rain
    18.39

明日以降の天気(正午時点)

  • 15日
    Rain / light rain
    20.91
  • 16日
    Clouds / overcast clouds
    21.99
  • 17日
    Rain / light rain
    18.63
  • 18日
    Rain / light rain
    15.41

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

立花山城の地図

立花山城へのアクセス

立花山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR鹿児島本線・筑前新宮駅からバスに乗り「立花山」バス停下車
アクセス(クルマ)
  • 福岡高速1号香椎線・香椎東出入口から20分
駐車場

無料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    立花山城周辺の宿・ホテル

      HOTEL AZ 福岡和白店

      博多・ペイペイドーム・天神へもアクセス良好!朝食無料・駐車場無料!レジャーに出張に便利です!しかもとってもリーズナブル!広い敷地内には飲食店も充実、100円ショップも好評です♪コンビニすぐそば♪(評価:3.6、参考料金:4,290円〜)

      The358 SORA(ザ サンゴハチ ソラ)2020年11月25日オープン

      ■入庫から24時間無料の駐車場を備えております■高層階には展望大浴場(内湯・外湯、サウナ)を完備!■貸切風呂やトレーニングルームもございます(評価:4.8、参考料金:5,940円〜)

      ベッセルホテル福岡貝塚

      ◆全室Wi-Fiと有線LAN接続可能◆朝食は無料で朝6時から◆駐車場スペースは140台収容の平面駐車場で普通車は無料◆ウェルカムドリンク無料◆夕食はホテル敷地内にある定食屋さん・天ぷら屋さんでどうぞ!(評価:4.3、参考料金:2,362円〜)

      HOTEL AZ 福岡古賀店

      安心の年中同一価格!古賀ICより車で約12分、JR古賀駅そば!朝食、駐車場無料!世界遺産「宗像大社」、光の道「宮地嶽神社」へもアクセス良好!(評価:3.9、参考料金:3,740円〜)

      HOTEL AZ 福岡篠栗店

      通年同一料金でとってもリーズナブル!駐車場無料!朝食無料!福岡市内やペイペイドームへもアクセス良好♪コインランドリー・100円ショップ・レストランを併設☆コストコ久山や博多の森も近くて便利♪(評価:4.0、参考料金:3,740円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    立花山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 福岡城
      • 福岡城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間18分(--位)
        • 攻城人数:1439人(64位)
        • 城までの距離:約13km
      • 大野城
      • 大野城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間20分(--位)
        • 攻城人数:704人(153位)
        • 城までの距離:約16km
    • より多くの
      城を見る

    筑前の著名な城

    福岡県の著名な城

    立花山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    立花山城を本城にしている団員

    以下のみなさんが立花山城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    江戸城を歩く(ヴィジュアル版) (祥伝社新書 161)

    江戸城ガイドツアーで実際にお声を聞いたということもあって、文章が話しかけるような文体なのでこの本片手に江戸城周辺を歩くとまるで黒田先生のガイドを聞きながら一緒に歩いている気分になります。(歩き読書注意)
    (お城メインではないので個別レビュー投稿はちょっと迷ったので…お城関係の記載もある「江戸の神社・お寺を歩く(城東編)(城西編)」「江戸の大名屋敷を歩く」「第軍都・東京を歩く」も併せてオススメです。この4冊は江戸城ガイドツアー後の団員総会で購入!)
    新書サイズですがガイドブックのように旅のお供に最適だと思います。
    自分は東京在住なので散歩のお供にしています。

    朝田丸さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る