紹介文

長水城は赤松一門の名家である宇野氏の居城として知られています。羽柴秀吉の播磨攻略の際、羽柴勢の攻撃を受けた長水城は放火により落城し、宇野氏は滅びることになりました。現在、本丸跡には日蓮宗真徳寺が建てられており、宇野政頼・祐清父子と一族郎党の供養塔が残されています。遺構としては中世山城にしては珍しい高石垣が残っています。

長水城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

長水城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 林道の駐車場から登城、よく整備されて斜度もさほど無く歩き易いのですが、石ころの上に落ち葉がかぶさっている箇所が結構多いので足元に注意、駐車場横に木の杖が置いてあるのでお借りしましょう。(2023/10/29訪問)
  • 山鹿さんが人の気配を感じて逃げていくのを二回見届けました。 あと、ヤマヒルがいます。落ち葉の上はなるべく歩かないようにしましょう。(2022/07/18訪問)
  • 南側の小学校方面から登城しました。 石が崩れており雨の後で道に川が出来ていました。 違うルートからの登城をオススメします(2022/05/04訪問)
  • メモの通りに行きました、道は整備されていますが石があったり岩盤むき出しだったりするので気をつけて登って下さい。展望がよかったです。(2022/03/06訪問)
  • 突然現れる三段石垣と本丸の高石垣は感動もの。しかし攻城の道は分かりにくいので、十分調査の上で(2021/10/30訪問)
  • 五十波ルート入口から高石垣の所まで標高300m(30分)ほど登ったが、山道は幅があり手入れされていた。駐車場までは舗装されているが林道の終点なので走行にはそれなりの注意が要る。主郭の石垣と南郭からの眺望は素晴らしい。(2021/04/18訪問)
  • 登りは五十波ルート、下りは伊水ルートを通って攻城。伊水ルートは道が所々崩れていたり大小の石がごろごろ転がっていたりと結構な悪路で、おまけにヒルもいます(幸い血を吸われる前に全部撃退できましたが)。 しかし下りの悪路の苦労を補って余りある石垣が見られたので良しとします。(2019/09/14訪問)
  • 先人たちのルート、五十波の林道終点は車でいけばしぜんとつきあたります。 台風の後もあって何ヶ所か道が崩れておりました。 皆さま攻城の際は十分ご注意を!(2019/08/17訪問)
すべてを表示(9コメント)

長水城について

長水城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

山城

標高(比高)

584 m( 450 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

赤松則佑

築城開始・完了年

着工 文和年間(1352年〜1356年)

廃城年

 

主な改修者

主な城主

広瀬師頼、宇野氏

遺構

石垣、土塁

指定文化財

復元状況

長水城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)584 m( 450 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主赤松則佑
築城開始・完了年着工 文和年間(1352年〜1356年)
廃城年
主な改修者
主な城主広瀬師頼、宇野氏
遺構石垣、土塁
指定文化財
復元状況

更新日:2024/05/23 03:27:42

長水城の観光情報

長水城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

長水城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

長水城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    15.20
  • 06時
    Rain / light rain
    15.72
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    16.95
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    19.98
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    19.78
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    17.21
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    15.15
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    14.26

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    25.17
  • 25日
    Clear / clear sky
    22.00
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    21.06
  • 27日
    Rain / light rain
    18.49

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

長水城の地図

長水城へのアクセス

長水城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR山陽本線・姫路駅から神姫バス「山崎行き」に乗り終点で「曲里行き」に乗り換え、「西五十波」下車

アクセス(クルマ)

  • 中国自動車道・山崎IC→国道29号線→県道429号線

駐車場

あり

長水城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR山陽本線・姫路駅から神姫バス「山崎行き」に乗り終点で「曲里行き」に乗り換え、「西五十波」下車
アクセス(クルマ)
  • 中国自動車道・山崎IC→国道29号線→県道429号線
駐車場

あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    長水城周辺のスポット

    長水城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      伊沢の里

      緑豊かな伊沢川に面し、四季の魅力に彩られた伊沢の里。お料理は季節感と旬を大切にし、丹精込めてお作りいたします。露天風呂は日本庭園を眺めながらお寛ぎください。ビジネスでのご利用も大歓迎!(評価:3.7、参考料金:3,130円〜)

      スポニックパーク一宮 国見の丘山荘

      森に囲まれた運動公園で森林浴やスポーツで汗を流してリフレッシュ!2階建てのコテージは1棟貸切!一宮を見渡す高台からの眺めは抜群です。チェアハンモック付きコテージで自炊やBBQも人気です♪(評価:4.4、参考料金:4,100円〜)

      ウッドデザインパーク与位

      あなたを迎えるのは、人ではなく雄大な自然。木々の本当の緑さと、 星々の本当の輝きを。よい温泉で日々の疲れを癒し、ただ座り眺めること、ただ寝転び仰ぐことが極上のデトックスに。(評価:不明、参考料金:17,600円〜)

      川辺の宿 菊水 

      春は山菜・あまご、夏は天然鮎、秋はもくず蟹・自然薯、冬はボタン鍋、宍粟牛のしゃぶしゃぶなど季節の味をお届けしております。併設の割烹は地元でも人気!近隣のゴルフ場利用の際のご宿泊にも便利です。(評価:3.5、参考料金:4,900円〜)

      ホテルサフラン

      宍粟市の中心にありレジャーの拠点としてとても利用しやすいホテルです。JR姫路駅よりバスにて50分/中国道山崎IC降りてすぐ/山陽道姫路西IC→R29を北へ駐車場:有り(無料)45台 先着順 (評価:3.4、参考料金:5,750円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    長水城の過去のイベント・ニュース

    長水城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 波賀城
      • 波賀城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:36分(--位)
        • 攻城人数:232人(440位)
        • 城までの距離:約12km
      • 龍野城
      • 龍野城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:46分(--位)
        • 攻城人数:719人(212位)
        • 城までの距離:約19km
    • より多くの
      城を見る

    播磨の著名な城

    兵庫県の著名な城

    長水城といっしょに旅行するのにオススメの城

    長水城を本城にしている団員

    以下のみなさんが長水城を本城として登録しています。

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    塞王の楯

    一乗谷の戦いから関ヶ原の戦いまで、強固な石垣を組み、城を守ろうとする石垣職人集団・穴太衆。強力が故に決して使われない砲をつくろうとする鉄砲職人集団・国友衆。己の信念を貫き、それぞれの技術の競いあう様を描いた歴史小説です。
    石垣から当時の歴史が見えてくる、そんなことを考えさせてくれる一冊であると思いました。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る