全国の緊急事態宣言は解除されましたが、観光については当面「県内のみ」となっています。県をまたいでの観光は6月19日から段階的に緩和され、全面的な解禁は8月1日(予定)ですので、自分の住んでるところや訪問先の状況を踏まえた上で、出かけるかどうかの判断をしてください。

紹介文

山下城は塩川氏の居城で、1541年(天文10年)に籠城する塩川国満らが、三好長慶の軍勢を撃退した「一庫城の戦い」の舞台として知られています。塩川国満が城主の1584年(天正12年)には、豊臣秀吉による九州征伐の先鋒として出陣した能勢頼次の留守を狙い攻撃したため秀吉の怒りを買い、国満は自刃することとなり、そのまま廃城となりました。二山一城の縄張りで、標高188.4mの向山(向イ山)と、谷を隔てた標高181.4mの古城山にそれぞれ曲輪があり、主郭は古城山にあったと考えられています。現在城址は古城山には登山道が整備されており、土塁や堀切などの遺構を確認することができます。向山には登山道が整備されていないので注意が必要です。また松茸のシーズンは入山禁止になることがあります。

山下城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

山下城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 登城口の住所は山下町21です(2020/01/30訪問)
  • 登城口から少し登ると『通行止 愛宕社前にヒビ割あり崩落の危険あり事故防止のためご協力下さい 山下自治会 山下古城山管理委員会』という表示がありました。ご注意ください。(2020年1月13日現在)(2020/03/22訪問)
  • 登山口から少し登ると『松茸山 入山禁止10月1日〜11月15日 山下古城山管理委員会』という表示とロープがあり、入れませんでした。 注意してください。(2019/10/27訪問)
  • 能勢電鉄山下駅から徒歩20分。のはずが間違えて173号のトンネルを歩いた挙句Uターンして行き直しました。(2019/05/03訪問)
  • 登山口が分かりにくい。某宗教施設を過ぎ、国道に出る直前、祠のお地蔵様が導いてくれます!(2018/06/03訪問)
すべてを表示(10コメント)

山下城について

山下城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)188.4 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主塩川仲義か
築城開始・完了年着工 天禄年間(970年〜973年)か
廃城年1584年(天正12年)
主な改修者
主な城主塩川氏
遺構曲輪、土塁、空堀、井戸跡
指定文化財
復元状況

更新日:2020/07/02 02:17:35

山下城の城メモ

山下城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

山下城の観光情報

山下城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

山下城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(02日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    20.27
  • 06時
    Clouds / few clouds
    20.12
  • 09時
    Clouds / few clouds
    25.16
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    26.07
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    26.63
  • 18時
    Clouds / broken clouds
    24.65
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    21.85
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    20.51

明日以降の天気(正午時点)

  • 03日
    Rain / moderate rain
    19.81
  • 04日
    Clouds / overcast clouds
    25.26
  • 05日
    Rain / moderate rain
    21.45
  • 06日
    Rain / moderate rain
    22.40

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

山下城の地図

山下城へのアクセス

山下城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 能勢電鉄妙見線・山下駅から登城口まで徒歩約20分
  • 登城口から約35分
アクセス(クルマ)
  • 阪神高速11号池田線・池田木部第二ICから15分
  • 京都縦貫自動車道・亀岡ICから35分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    山下城周辺の宿・ホテル

      伏尾温泉 不死王閣

      大阪市内から車で30分。目の前の五月山がもてなす、大阪とは思えない自然の景色。温泉や自慢の料理のほか、エステや岩盤浴などリラクゼーションサービスもご好評いただいてます!(評価:4.0、参考料金:8,250円〜)

      大江戸温泉物語 箕面温泉 箕面観光ホテル

      プール、エンタメ、お祭りに豪華バイキングから天空風呂、とろとろ温泉まで楽しみ方がいっぱい。ファミリー旅行や女子旅、ご夫婦旅など多彩な楽しみ方が出来ます。 (評価:4.3、参考料金:8,239円〜)

      みのお山荘 風の杜

      紅葉の名所、箕面の国定公園内の山頂に建つ絶景の宿。大阪市内より車で約30分とは思えないほどの自然に囲まれた癒しの宿でのんびりとお寛ぎください。(評価:4.5、参考料金:13,200円〜)

      里山の自然と温泉を楽しめる宿 高原ロッジ メープル猪名川

      大阪・神戸から車で1時間♪里山の自然に癒される(*^。^*)地場産の食材をふんだんに使用した創作和食と天然ラジウム温泉を満喫!!卓球、テニスコート等、アクティビティも充実でご家族連れにも◎(評価:4.6、参考料金:5,040円〜)

      天然温泉 石道

      ★限定クーポン配布中●鉄分や炭酸ガスを多く含んだ天然温泉、うず巻風呂、打たせ湯、サウナ等♪●自家栽培の有機野菜を使用!クチコミ高評価&ボリューム満点の夕食♪施設は古いけど自慢の湯食あり♪(評価:3.2、参考料金:5,800円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    山下城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 芥川山城
      • 芥川山城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間20分(--位)
        • 攻城人数:344人(212位)
        • 城までの距離:約16km
      • 尼崎城
      • 尼崎城
        • 平均評価:★★★☆☆(126位)
        • 見学時間:47分(122位)
        • 攻城人数:428人(174位)
        • 城までの距離:約20km
    • より多くの
      城を見る

    摂津の著名な城

    兵庫県の著名な城

    山下城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    山下城を本城にしている団員

    以下のみなさんが山下城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    壮心の夢

    石田三成、荒木村重、赤松広英、池田輝政ほか14名の、俗っぽいシーンもありながら、それぞれの生き様を描いた短編集です。

    名前だけ知っていて、詳しく知らなかった人物が、この小説を読んで、自分の中で、色づいてきました。
    お城の描写は少ないものの、別の視点から城めぐりをしたいと思います。

    お気に入りは、池田輝政、姫路城の長壁神社のことが書かれている。おさかべ姫です。
    神社の存在、関係性など、何も知らずに、姫路のゆかたまつりに行っていました←

    以下あとがき引用します。
    戦国とは、壮心、すなわち胸に野望を抱いた者たちの時代であった。尾張の農民の小せがれが、天下の支配者になるまで駆けのぼる世の中である。その男―豊臣秀吉のまわりには、かれの出世とともに、野心を持った多くの異才たちが群れ集まってきた。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る