紹介文

鶴峰城は猪苗代盛国の隠居城として考えられています。1588年(天正16年)、盛国は嫡男である猪苗代盛胤の留守中に猪苗代城を乗っ取ると、城ごと伊達政宗に寝返り、蘆名氏滅亡のきっかけをつくりました。1590年(天正18年)の豊臣秀吉による「奥州仕置」で伊達氏が会津を離れると、盛国も付き従い、廃城となりました。現在城址には土塁や空堀、石塁などの遺構を確認することができます。

鶴峰城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

鶴峰城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 猪苗代城から大きな堀切を越えると鶴峰城です。土橋・土塁などを確認出来ました。(2023/11/15訪問)
  • 猪苗代城から連続して攻城可能。ただ、案内板類がほぼ無いので、近くの図書館で配布してるマップ必携。(2023/10/06訪問)
  • 空堀によって猪苗代城と分けられています。土塁や空堀などが確認出来ますが、案内板等がほぼ無いのでマップは必須です。(2023/09訪問)
  • 猪苗代城のすぐ隣なので、一緒に攻城することをおすすめします。築城年代が違うためか、石積の状況は異なるので、比べても面白いです。(2023/04/30訪問)
  • 猪苗代城大手口駐車場を利用、猪苗代城北郭下の作業小屋と小学校の間より(草刈りされていたので直登)攻城、主郭付近はヤブで足を踏み入れられなかったが遺構は確認できます。(2022/06/07訪問)
  • 堀底道が鶴峯城と猪苗代城をきれいに分けています。(2021/11/14訪問)
  • 猪苗代城の北曲輪から空堀を一つ越えて鶴峰城へ登城。 近世城郭へと改変された猪苗代城とは異なり、中世の城郭構造がそのまま残されている。(2021/10/14訪問)
  • 猪苗代城と城域が隣接しており空堀を一つ越えたところが城域となります。案内板ではこちらを中世の城、猪苗代城を近世の城と紹介していました。猪苗代城にくらべると小ぶりな土塁、土橋、石垣などを確認できます。(2021/04/21訪問)
すべてを表示(12コメント)

鶴峰城について

鶴峰城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

丘城

標高(比高)

559 m( 30 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

 

築城開始・完了年

廃城年

1590年(天正18年)か

主な改修者

主な城主

猪苗代氏

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀

指定文化財

県史跡

復元状況

鶴峰城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態丘城
標高(比高)559 m( 30 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主
築城開始・完了年
廃城年1590年(天正18年)か
主な改修者
主な城主猪苗代氏
遺構曲輪、石垣、土塁、堀
指定文化財県史跡
復元状況

更新日:2024/05/22 03:52:29

鶴峰城の城メモ

鶴峰城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

鶴峰城の観光情報

鶴峰城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

鶴峰城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

鶴峰城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    9.27
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    10.56
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    16.43
  • 12時
    Clear / clear sky
    20.30
  • 15時
    Clear / clear sky
    21.00
  • 18時
    Clear / clear sky
    16.52
  • 21時
    Clear / clear sky
    11.61
  • 00時
    Clouds / few clouds
    10.82

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Clouds / overcast clouds
    23.62
  • 24日
    Clear / clear sky
    23.99
  • 25日
    Clouds / few clouds
    17.21
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    18.14

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

鶴峰城の地図

鶴峰城へのアクセス

鶴峰城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR磐越西線・猪苗代駅から磐梯東都バスに乗り「バスセンター」バス停下車、徒歩約9分
  • JR磐越西線・猪苗代駅から徒歩約30分

アクセス(クルマ)

  • 磐越自動車道・猪苗代磐梯高原ICから9分

駐車場

 

鶴峰城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR磐越西線・猪苗代駅から磐梯東都バスに乗り「バスセンター」バス停下車、徒歩約9分
  • JR磐越西線・猪苗代駅から徒歩約30分
アクセス(クルマ)
  • 磐越自動車道・猪苗代磐梯高原ICから9分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    鶴峰城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      フォレストリゾート 猪苗代 四季の里

      ★おかげさまで25周年♪早い者勝ち記念プラン好評販売中★地下1500mから湧き出る自慢の自家源泉と四季折々の和会席膳♪★公式ホームページ予約限定でドリンク半額の特典実施中!当日予約も大歓迎!(評価:4.3、参考料金:10,450円〜)

      貸別荘&コテージ オール・リゾート・サービス

      会津磐梯・猪苗代でグランピングを楽しむなら一棟貸切【貸別荘&コテージ】。雨でも安心の屋根付きBBQテラスやバーベキュー器具が無料。カップルにはジャグジーや蔵造りなど贅沢仕様【スウィート】が◎♪(評価:4.7、参考料金:6,820円〜)

      静楓亭

      こんこんと湧き出る全室源泉掛け流しの露天風呂付客室は四季折々の景色を見ながら寛ぎのひと時。お部屋でいただくお食事は地元食材を厳選した拘りの会席料理。静寂と優しさを極めたお宿です。(評価:4.8、参考料金:24,000円〜)

      ホテルリステル猪苗代ウイングタワー

      じゃらん OF THE YEAR 2022 東北エリア 4部門受賞(301室以上部門)売れた宿大賞 第2位! 泊まって良かった宿大賞 総合第2位! 夕食部門第1位! サービス部門第1位!(評価:4.1、参考料金:6,500円〜)

      ラヂオの古民家 ペルメル

      ローストビーフとロブスターのグラタンの専門店。館内は懐かしい昭和の雰囲気で一杯です。「昭和浪漫の風吹く館をちょっと覗いてみませんか。」(評価:4.8、参考料金:8,580円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    鶴峰城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 会津若松城
      • 会津若松城
        • 平均評価:★★★★☆(18位)
        • 見学時間:1時間29分(22位)
        • 攻城人数:3465人(20位)
        • 城までの距離:約17km
      • 向羽黒山城
      • 向羽黒山城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間16分(--位)
        • 攻城人数:807人(194位)
        • 城までの距離:約22km
    • より多くの
      城を見る

    陸奥の著名な城

    福島県の著名な城

    鶴峰城といっしょに旅行するのにオススメの城

    鶴峰城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    塞王の楯

    一乗谷の戦いから関ヶ原の戦いまで、強固な石垣を組み、城を守ろうとする石垣職人集団・穴太衆。強力が故に決して使われない砲をつくろうとする鉄砲職人集団・国友衆。己の信念を貫き、それぞれの技術の競いあう様を描いた歴史小説です。
    石垣から当時の歴史が見えてくる、そんなことを考えさせてくれる一冊であると思いました。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る