紹介文

那古野城は今川義元の父である今川氏親によって、尾張進出の拠点として築いた城です。その後、織田信長の父である信秀が今川氏から奪い取り、信長はこの城で生まれたといわれています(現在は勝幡城生誕説が有力)。信秀は那古野城を幼い信長に譲りましたが、信長はその後、尾張を統一し清須城を居城としたため、那古野城には信長の叔父である織田信光や重臣の林秀貞らが城主を務めました。のちに徳川家康はこの城の跡地に目をつけて名古屋城を築かせています。現在、遺構はほとんど存在しませんが、那古野城があったとされる名古屋城の二之丸に石碑が建っています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
那古野城は「織田信長ゆかりの城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 織田信長ゆかりの城めぐり

那古野城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

那古野城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 名古屋城二之丸の庭園を散策したら那古野城攻城がついてきた。大名庭園そのものが素晴らしいが戦国の故地であったとわかるとより感慨深い。(2021/10/09訪問)
  • 地下鉄「市役所」で降りると東門近くに出、そこから入ると二の丸が近いのですぐわかります。  金鯱の無い天守も珍しいです。(2021/04/23訪問)
  • 名古屋城東門チケット売場から入りそのまま西へ直進(約70m)右手に石碑と名古屋市教育委員会の案内板があります。 ちなみに2022年度には最寄りの地下鉄駅は「市役所」→「名古屋城」に改称されます。(2021/02/21訪問)
  • 天守や御殿に足が向いてしまいますが、二の丸庭園にも足を運んで下さい。(2020/10/30訪問)
  • 二の丸も工事中立入禁止区域が多いですね(2020/02/05訪問)
  • 二ノ丸庭園の中で探すのに苦労しました。非常にもったいない。(2019/11/19訪問)
  • 織田信長が初めて城主となった城。(2019/04/29訪問)
  • 名古屋城の二之丸庭園内に案内板が設置されてます。(2019/09/30訪問)
  • 名古屋城ニ之丸東門より入場(有料)して少し本丸に向かって歩いた右側、ニ之丸茶亭手前に案内板が有る。(2019/08/27訪問)
  • 二の丸庭園内にあります。じっくり歩くと庭園内も見所がたくさんあるのでいいですね。(2020/01/01訪問)
すべてを表示(35コメント)

那古野城について

那古野城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態
標高(比高)13.7 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主今川氏
築城開始・完了年
廃城年1582年(天正10年)
主な改修者
主な城主織田信秀
遺構
指定文化財
復元状況

更新日:2022/08/18 14:06:55

那古野城の観光情報

那古野城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 以下は名古屋城の営業時間
  • 9:00〜16:30
  • 最終入城時間:16:00
料金(入城料・見学料)
  • 以下は名古屋城の料金
  • 大人:500円
  • 高校生:500円
  • 中学生以下:無料
  • 団体割引あり(30人)
  • 名古屋市内高齢者:100円
休み(休城日・休館日)
  • 以下は名古屋城の休み
  • 12月29日~12月31日
  • 1月1日
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

那古野城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(18日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    23.48
  • 06時
    Rain / light rain
    23.28
  • 09時
    Rain / moderate rain
    23.64
  • 12時
    Rain / light rain
    23.98
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    26.88
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    26.42
  • 21時
    Clouds / few clouds
    24.80
  • 00時
    Clouds / scattered clouds
    23.80

明日以降の天気(正午時点)

  • 19日
    Clouds / scattered clouds
    30.83
  • 20日
    Clouds / overcast clouds
    31.07
  • 21日
    Clouds / scattered clouds
    31.82
  • 22日
    Rain / light rain
    31.49

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

那古野城の地図

那古野城へのアクセス

那古野城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 地下鉄名城線・市役所駅7番出口より徒歩5分
  • 地下鉄鶴舞線・浅間町駅1番出口より徒歩12分
  • なごや観光ルートバス「メーグル」、市バス栄13号系統(栄~安井町西) 「名古屋城正門前」から徒歩5分
  • 市バス基幹2号系統 「市役所」から徒歩5分
  • 名鉄瀬戸線・東大手駅から徒歩15分
アクセス(クルマ)
  • 名古屋高速1号楠線・黒川ICから南へ8分
  • 名古屋高速都心環状線・丸の内ICから北へ5分
駐車場

有料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    那古野城周辺の宿・ホテル

      KKRホテル名古屋(国家公務員共済組合連合会名古屋共済会館)

      名古屋城郭に位置する緑豊かな環境で寛ぎのひとときを。地上駐車場完備1泊500円(RV可)KKR【宿泊施設は国家公務員共済組合連合会が組合員等の利用を目的として運営しています】。添い寝は無料です。(評価:4.0、参考料金:4,300円〜)

      アパホテル〈名古屋栄北〉

      修理の為、下記日程で併設駐車場が利用できなくなります。※駐車場ご利用のお客様は提携駐車場への案内となります。日時:2022年10月3日(月)15:00~2022年10月6日(木)7:00(評価:4.1、参考料金:2,800円〜)

      名古屋ビーズホテル

      大浴場(らくだの湯)のある名古屋都心のホテルです。サウナ、岩盤浴、口コミで好評な焼きたてパンやスープのモーニングサービスも無料!地下鉄「伏見」駅徒歩5分,名古屋駅ホテル間送迎バス運行中。(評価:4.4、参考料金:4,000円〜)

      アイリス愛知

      名古屋城の南外堀に隣接しているので静かな環境。ビジネスや観光の拠点に最適!全室にシモンズ社製のセミダブルベット、Wi‐Fiを完備!出し入れ自由の駐車場はチェックインからアウトまで無料♪(評価:3.7、参考料金:3,900円〜)

      ホテル・アンドルームス名古屋栄

      当ホテルは「あいち旅eマネーキャンペーン」加盟施設です。■ベーカリーカフェ併設■男女露天風呂付大浴場、男性にはサウナもあり!■久屋大通駅2A出口より徒歩5分、名古屋城へも徒歩10分の好立地!(評価:4.5、参考料金:4,280円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    那古野城の過去のイベント・ニュース

    那古野城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 名古屋城
      • 名古屋城
        • 平均評価:★★★★☆(31位)
        • 見学時間:1時間39分(14位)
        • 攻城人数:4419人(4位)
        • 城までの距離:約1km
      • 清洲城
      • 清洲城
        • 平均評価:★★★☆☆(94位)
        • 見学時間:54分(103位)
        • 攻城人数:2100人(41位)
        • 城までの距離:約6km
    • より多くの
      城を見る

    尾張の著名な城

    愛知県の著名な城

    那古野城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    那古野城を本城にしている団員

    以下のみなさんが那古野城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    最悪の将軍 (集英社文庫)

    江戸幕府の第五代将軍「徳川綱吉」を題材にした小説です。
    将軍になった経緯、綱吉の治世に対する考え方などが描かれます。綱吉の時代には、勅額火事、富士山噴火、赤穂事件などの災害・事件が多く発生しました。天変地異は将軍の行いが悪いからと信じられていた事もあり、綱吉は最悪の時代の将軍として苦悩を重ねていきます。
    読後には、犬公方だけでない綱吉を知り印象が少し変わりました。

    伝もものふ山田(ヤマー)さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る