那古野城
那古野城

[愛知県][尾張] 愛知県名古屋市中区二の丸1


  • 平均評価:★★☆☆☆ 2.45(372位)
  • 見学時間:22分(390位)
  • 攻城人数:420(132位)

萬松寺

1540年(天文9年)に織田信長の父、織田信秀が織田家の菩提寺として開基した萬松寺(万松寺)は大須の商店街の中にあります。
もともとは那古野城の南側に建立されていましたが、1610年(慶長15年)に名古屋城を築く際に現在の場所に移されました。

織田信長の有名なエピソードである、信秀の葬儀の際に信長が位牌に抹香を投げつけた事件が起きたのも萬松寺です(もちろん大須に移る前の萬松寺)。
また徳川家康は6歳から9歳まで、織田家の人質としてこの寺で過ごしたと伝わっています。

地下道をくぐった先に織田信秀の墓碑があります。

地下道に飾られた提灯がとても美しいので、夜の訪問をオススメします。

萬松寺の観光情報

住所 愛知県名古屋市中区大須3丁目
創建年 1540年(天文9年)
開基 織田信秀
URL http://www.banshoji.or.jp/
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

那古野城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る