紹介文

船匿城は少弐資時の居城として知られています。いわゆる最初の「元寇」、1274年(文永11)の「文永の役」のあと、鎮西奉行・少弐経資から壱岐防衛を命じられた三男の資時が入城しました。1281年(弘安4年)5月にふたたび元が襲来した「弘安の役」での激戦地となり、この合戦で資時は討死しています。その後は波多氏、日高氏が在城したようです。城址は現在私有地ですので見学する際は無断で立ち入らないようにしてください。また芦辺港フェリーターミナル前に資時の騎馬像が、少弐公園に資時の墓があります。

船匿城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

船匿城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(1コメント)

    船匿城について

    船匿城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    丘城

    標高(比高)

    30 m( 30 m)

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    少弐氏か

    築城開始・完了年

    着工 文永年間(1264年~1275年)か

    廃城年

     

    主な改修者

    主な城主

    少弐氏、波多氏、日高氏

    遺構

    曲輪

    指定文化財

    復元状況

    船匿城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態丘城
    標高(比高)30 m( 30 m )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主少弐氏か
    築城開始・完了年着工 文永年間(1264年~1275年)か
    廃城年
    主な改修者
    主な城主少弐氏、波多氏、日高氏
    遺構曲輪
    指定文化財
    復元状況

    更新日:2024/03/04 03:45:29

    船匿城の城メモ

    船匿城の見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    船匿城の観光情報

    船匿城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    船匿城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    船匿城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(04日)の天気

    • 03時
      Rain / light rain
      11.55
    • 06時
      Clouds / overcast clouds
      11.40
    • 09時
      Clouds / overcast clouds
      11.35
    • 12時
      Clouds / overcast clouds
      11.21
    • 15時
      Clouds / overcast clouds
      11.10
    • 18時
      Clouds / overcast clouds
      11.00
    • 21時
      Rain / light rain
      10.09
    • 00時
      Rain / light rain
      10.16

    明日以降の天気(正午時点)

    • 05日
      Rain / moderate rain
      10.68
    • 06日
      Rain / light rain
      11.12
    • 07日
      Clouds / broken clouds
      10.28
    • 08日
      Clear / clear sky
      7.51

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    船匿城の地図

    船匿城へのアクセス

    船匿城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR鹿児島本線・博多駅から西鉄バスに乗り「博多ふ頭」下車、九州郵船フェリーに乗り「芦辺港」降船、徒歩約7分

    アクセス(クルマ)

    • 九州郵船フェリー・芦辺港から5分

    駐車場

     

    船匿城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR鹿児島本線・博多駅から西鉄バスに乗り「博多ふ頭」下車、九州郵船フェリーに乗り「芦辺港」降船、徒歩約7分
    アクセス(クルマ)
    • 九州郵船フェリー・芦辺港から5分
    駐車場

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      船匿城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        国民宿舎 壱岐島荘

        天然温泉と旬の魚介類と壱岐牛を思う存分ご堪能下さい。ご家族、カップルに大好評の貸切風呂もあります。(評価:4.3、参考料金:5,500円〜)

        奥壱岐千年湯 平山旅館

        壱岐では数少ない温泉旅館のひとつお食事は肝のソースを添えた極上の鮑(あわび)ステーキ、壱岐牛のとろけるようなジューシーな味わい、料理長が漁で釣る天然旬魚の刺身盛りなどお腹いっぱいに♪(評価:4.6、参考料金:22,990円〜)

        壱岐リトリート 海里村上 by 温故知新

        日本の離島初!唯一のミシュラン5パビリオン掲載宿。全国でも珍しい加温・加水をしない自家源泉を持つ、全室オーシャンビュー露天風呂付き客室。雑誌「家庭画報」とコラボした【家庭画報スイート】販売中!(評価:4.2、参考料金:25,900円〜)

        旅館 網元

        HASH(0x804c5fb88)(評価:4.8、参考料金:8,250円〜)

        民宿 繁屋千賀荘

        目の前は大きな海♪錦浜と大浜という美しいビーチをはさむ岬に立つ絶景の宿。※当館は、只今、玄関改装工事中です。ご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。(評価:4.7、参考料金:4,400円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      船匿城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 名護屋城
        • 名護屋城
          • 平均評価:★★★★☆(--位)
          • 見学時間:1時間33分(--位)
          • 攻城人数:1406人(115位)
          • 城までの距離:約33km
        • 唐津城
        • 唐津城
          • 平均評価:★★★☆☆(68位)
          • 見学時間:1時間12分(46位)
          • 攻城人数:1470人(108位)
          • 城までの距離:約44km
      • より多くの
        城を見る

      壱岐の著名な城

      長崎県の著名な城

      船匿城といっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      船匿城を本城にしている団員

      まだ本城登録している団員がいません

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      教科書には書かれていない江戸時代

      「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
      教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
      「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
      あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
      授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

      黒まめさん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る