紹介文

金石城は対馬藩藩主である宗氏の居城で、対馬藩の政庁として機能していました。もともとこの地には1528年(享禄元年)に宗将盛によって築かれた金石屋形があり、それを朝鮮通信使を迎えるために近世城郭に改築したといわれています。1659年(万治2年)に起きた大火で市街とともに焼失し、翌年から宗義真によって城下の再建が行われました。1665年(寛文5年)に整備・拡張されて以降は金石城と呼ばれています。その後、1678年(延宝6年)に市街を挟んで北東隣の位置に新たに桟原城が築かれ、藩庁としての機能は移動しましたが、その後も破却されることなく城は存続しました。現在、国の史跡に指定されており、城内の一角には桟原城の大手門(通称、高麗門)が移築復元されています。

攻城団編集部

金石城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

金石城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • ぐるっとレンタカーで廻り16時ころ交流センタの駐車場に車を停め攻城する。 工事個所が多かったが観光客(韓国の方がほとんど?)で賑わっていた。日暮れも迫り、今回は足早に切り上げ清水山城へ向かう。(2018/12/23)
  • 櫓門はまだ工事中。対馬民俗資料館も完成迄後2年程かかるらしい。万松院へ向かって右手に石垣が残る。万松院には、歴代の宗氏のお墓が残る。お墓へ向かう石段は、百雁木といわれる。(2018/09/12)
  • 工事中の門があるだけ。金田城の時間を削って来るような城じゃなかったと後悔(笑)(2018/09/09)
  • 対馬歴史民俗資料館で情報収集しようと思っていましたが、建て替え中(完成は2019)。 門と石垣と庭園がありましたが、韓国のドラマで有名になったらしく、宗家と韓国王朝の娘の石碑の 所に韓国人がわいてました。(2018/07/11)
  • 今、工事中だから、もう少し後で訪れたほうがいいかも・・・(2018/05/02)
  • 二重櫓門が唯一の城跡と言えよう。時間の都合もあって庭園、搦め手門跡、墓所には立ち寄っていない。金石屋形(城館)跡の位置と解説が試みられることを期待したい。(2019/03/19)
すべてを表示(18コメント)

金石城について

金石城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平城
標高(比高)13 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式望楼型
天守の階数2重2階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ天守は築かれず、1669年(寛文9年)頃に築かれた大手口の二重櫓門(大手門)を天守の代用としていた。これは望楼型で2重2階とされる。大正時代に解体された大手門は、1990年(平成2年)に古写真や文献をもとに木造によって復元された。
築城主宗将盛
築城開始・完了年着工 1528年(享禄元年)
廃城年
主な改修者宗義真
主な城主宗氏
遺構石垣
指定文化財国史跡(遺構)、国の名勝(庭園)
復元状況大手門(木造)

更新日:2020/01/22 02:46:24

金石城の観光情報

金石城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

金石城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    10.48
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    11.43
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    12.51
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    13.35
  • 15時
    Rain / light rain
    12.95
  • 18時
    Rain / light rain
    12.68
  • 21時
    Rain / light rain
    12.79
  • 00時
    Rain / moderate rain
    12.84

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Clouds / overcast clouds
    15.54
  • 24日
    Clouds / broken clouds
    12.57
  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    11.52
  • 26日
    Rain / light rain
    11.07

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

金石城の地図

地図アプリで見る

長崎県対馬市厳原町

金石城へのアクセス

金石城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
アクセス(クルマ)
駐車場

対馬歴史民俗資料館前駐車場(50台以上、無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    金石城周辺の宿・ホテル

      ホテルベルフォーレ

      ★島唯一のコニビニ・ショッピングセンターも徒歩5分★Wi-Fi無料★充実のアメニティ&客室設備で快適な滞在を♪(評価:不明、参考料金:5,000円〜)

      丸屋ホテル

      2月末の宿泊まで使えるクーポン配布中↓↓https://www.jalan.net/discountCoupon/CAM0975700/ここに来なければ食べられない郷土料理をぜひご賞味下さい!(評価:不明、参考料金:6,111円〜)

      東横イン対馬厳原

      より安心・快適・清潔なお部屋をリーズナブルな料金でご提供致します。尚、駐車場をご利用のお客様は別途お電話にてご予約承ります!(1泊500円)(評価:3.3、参考料金:3,575円〜)

      旅館 万松閣

      万松閣のある厳原は対馬最大の町。その中心部に位置する万松閣を拠点として対馬の色々なところへ気ままに旅しませんか?国境の島「対馬」へお越しの際には、是非「万松閣」へお泊まり下さい♪(評価:不明、参考料金:3,000円〜)

      対馬グランドホテル ~国境の島で過ごす絶景&温泉の休日~

      壮大な対馬海峡を見渡せるテラスからの大パノラマは一見の価値あり!リゾートホテルならではのゆったりとした客室。大浴場は対馬の宿泊施設で唯一の温泉。レストランも併設しています(評価:3.5、参考料金:5,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    金石城の過去のイベント・ニュース

    金石城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 金田城
      • 金田城
        • 平均評価:★★★★☆(11位)
        • 見学時間:2時間39分(1位)
        • 攻城人数:97人(445位)
        • 城までの距離:約10km
      • 名護屋城
      • 名護屋城
        • 平均評価:★★★★☆(11位)
        • 見学時間:1時間34分(22位)
        • 攻城人数:726人(112位)
        • 城までの距離:約92km
    • より多くの
      城を見る

    対馬の著名な城

    長崎県の著名な城

    金石城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    金石城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    光秀奔る

    10年ほど前の作品ですので、現在アマゾンでも取り扱いできないようで入手しにくいかもしれません。ムスメと図書館へ行ったときに見つけました。
    光秀による丹波攻めから関ヶ原前夜、ガラシャの死までがメインの小説です。
    丹波攻めの最中にも、畿内のみならず、北陸・近江・播磨と八面六臂の活躍をしていた光秀。織田家中の武将間で行われていた手に汗握る情報戦の様子がよく描かれています。
    本能寺の変については、「信長の首」と「細川藤孝の動き」がキーとなります。

    いけだ商会さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る