攻城団からのお知らせ

福山城を攻城

今回も途中下車して、お城を攻めてきました。広島県の福山城です。

こんな感じで新幹線のホームの真ん前にあるので、通るたびに気になってたんですよね。

DSC00630

駅から出てすぐに石垣が見えます。

DSC00633 さて、攻めますか。 DSC00638 ちょっとした広場のようなところに築城主である水野勝成の銅像がありました。 DSC00646 もともとこのあたりは関ヶ原の戦い後に福島正則が与えられてたんですけど、武家諸法度違反により改易されたんですね。この改易の経緯には諸説あって、正則が広島城を幕府に無断で修理したということなんですけど、徳川家が豊臣家に近い福島家を弱体化させようとしていたという説や、幕府内の政治争いに巻き込まれたという説があるそうです。 正則の改易を強行したのは、二代将軍・秀忠で、いずれにしても家康死後に起きた混乱のうちのひとつのようですね。 その後、家康の従兄弟である水野勝成が西国の備え(西国の鎮衛)として入って、この福山城を築城したと。 江戸時代における大名の配置って幕府側のいろんな思惑が見えてておもしろいですよね。 DSC00661 立派な層塔型の天守ですね。 DSC00672 残念ながら城内は撮影禁止でした。 美術品の展示が多いので、しょうがないのかもしれないんですけど、できればフラッシュ禁止くらいにしてほしいなあ。そのへんもこれから攻城団の活動を通じて、撮影許可にしたほうが来場者が増えることを証明していきたいですね。 DSC00675 天守の最上階、回り縁からは福山駅のホームがよく見えます。 DSC00676 この家紋は水野家のものですね。 DSC00684 福山城を攻める際にぜひ見ておきたいのがふたつあって、ひとつがこの鐘櫓です。 DSC00704 DSC00705 もうひとつが伏見櫓で、これは福山城の築城時に伏見城から移築されたという、現存の櫓では最古のものです。 DSC00708 今回は時間もあまりなかったので、隣接してる歴史博物館や、老中・阿部正弘の銅像を見逃しちゃったので、いつかもう一度、攻城したいと思ってます。 あ、そうそう。福山城は100名城に入ってるので、スタンプも忘れずに。 写真
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

団員ブログを公開しました

  • お知らせ

攻城団にブログ機能を実装しました。団員による団員のためのブログとして、攻城レポートを書いたり、自分が学んだことなどをシェアしていただけるとうれしいです。

つづきを読む

鮫ヶ尾城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

「御館の乱」で敗れた上杉景虎が自刃して果てた終焉の地として知られる鮫ヶ尾城にも攻城団のチラシを置いていただきました。斐太歴史の里案内所と斐太歴史民俗資料館の2か所で入手できます。

つづきを読む

角牟礼城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

毛利高政によって近世城郭へ改修され、続日本100名城にも選ばれている角牟礼城にも攻城団のチラシを置いていただきました。豊後森藩資料館とくすまちメルサンホールの2か所で入手できます。

つづきを読む

龍岡城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

長野県佐久市にある、もうひとつの五稜郭として有名な龍岡城にも攻城団のチラシを置いていただきました。佐久市歴史の里五稜郭であいの館と佐久市臼田支所の2か所で入手できます。

つづきを読む

浜松城のチラシが新しくなりました

  • チラシ設置報告

浜松城のコラボチラシが新しくなりました。天守閣1階、売店前のチラシラックで入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る