紹介文

国峯城は関東管領・山内上杉氏の重臣、小幡氏の居城です。上杉憲政長尾景虎を頼って越後へ落ちたため、小幡憲重・信実父子は武田信玄に臣従しました。これに対して長尾氏についた長野業政は留守中に城を奪って一族の小幡景定を城主としましたが、信玄はふたたび奪い返し、小幡氏を城主に復帰させ、西上野攻略の拠点として利用しました。信実は赤備え騎馬軍団を率いて武田軍団の中核となって活躍しています。武田氏滅亡後は滝川氏、北条氏と従属先を転々としますが、1590年(天正18年)の「小田原征伐」で前田利家率いる北陸軍によって攻められ落城しました。城趾には堀切や土橋、竪堀などの遺構が残っており、甘楽町歴史民俗資料館は小幡氏に関係する資料が充実しています。

国峯城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

国峯城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 主郭から先は岩山で土壌が滑りやすく、歩く際には要注意。最低限しっかりした靴で登ってください。(2022/02/13訪問)
  • 良く整備されていて見学しやすいい。。堀切等もよく確認できるが案内板等ほぼありません。 林道は4輪駆動じゃないと無理だと思います。(2021/11/07訪問)
  • 上州富岡駅で借りた自転車で行きましたが、城跡に続く林道は自転車を曳くのも億劫な悪路です。御殿平にさえ着いてしまえば本郭まで約10分程で、特に迷いそうな場所はありません。遺構は堀切と竪堀がそこかしこに見られます。鳥瞰図に描かれていた三の丸にも登ってみましたが、御殿平から近い場所に堀切が3つある以外、遺構は分かりませんでした。(2020/02/15訪問)
  • 城跡入口から林道歩き(未舗装)で御殿平まで行きますが、林道はかなり荒れているので車は城跡入口に駐車して行くべきだと思います。城は、堀切と竪堀の組み合わせで、出丸方面の尾根には岩盤を掘り残したような土塁がありました。また主郭から先は整備された道ではないので注意が必要です。(2019/10/07訪問)
  • 城山入り口からは整備されていない道路です。最低でもスニーカーでお出かけくださいね。(2021/02/01訪問)
すべてを表示(13コメント)

国峯城について

国峯城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

山城

標高(比高)

428.4 m( 230 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

小幡氏

築城開始・完了年

廃城年

1590年(天正18年)

主な改修者

主な城主

小幡氏

遺構

曲輪、堀切

指定文化財

町史跡

復元状況

国峯城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)428.4 m( 230 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主小幡氏
築城開始・完了年
廃城年1590年(天正18年)
主な改修者
主な城主小幡氏
遺構曲輪、堀切
指定文化財町史跡
復元状況

更新日:2024/02/24 03:34:45

国峯城の観光情報

国峯城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

国峯城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

国峯城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    -0.09
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    -1.29
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    2.73
  • 12時
    Clear / clear sky
    6.89
  • 15時
    Clouds / few clouds
    7.84
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    3.77
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    2.86
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    1.49

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    4.50
  • 26日
    Rain / light rain
    7.69
  • 27日
    Clear / clear sky
    6.42
  • 28日
    Clouds / overcast clouds
    8.99

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

国峯城の地図

国峯城へのアクセス

国峯城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • 上信電鉄・上州福島駅から徒歩90分
  • 入口から本丸まで徒歩30分

アクセス(クルマ)

  • 上信越自動車道・富岡ICから15分

駐車場

御殿平と呼ばれる場所に駐車スペースあり

国峯城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 上信電鉄・上州福島駅から徒歩90分
  • 入口から本丸まで徒歩30分
アクセス(クルマ)
  • 上信越自動車道・富岡ICから15分
駐車場

御殿平と呼ばれる場所に駐車スペースあり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    国峯城周辺のスポット

    城メモと重複するスポットは表示していません。

    国峯城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      藤岡温泉ホテルリゾート

      自家源泉のとろみのある美肌・保湿効果抜群のアルカリ性天然美容液温泉が自慢。夕食は群馬の山の幸を豊富に使用した手作り懐石料理。お食事時飲み物全て無料も魅力的。大自然に囲まれた一軒宿でお寛ぎ下さい(評価:4.7、参考料金:8,910円〜)

      HOTEL R9 The Yard 富岡

      【駐車場無料】富岡製糸場より車で8分!独立客室には個別空調を完備◎パスタなど軽食サービス付(評価:4.5、参考料金:3,700円〜)

      ふわふわ豆腐鍋のおいしいお宿 見晴館

      眺望抜群の全7室の小さなお宿。磯部駅から徒歩5分☆夕食はのんびりできる個室食を心がけます♪温泉は一晩中入浴可能なので独り占めできる事も♪チェックアウトまで布団の中で寛げます♪全室無線LAN接続無料(評価:4.1、参考料金:4,950円〜)

      磯部温泉 舌切雀のお宿 ホテル磯部ガーデン

      個人旅行・家族旅行に人気の童話舌切雀のお宿。世界遺産富岡製糸場より車で20分。磯部駅より徒歩5分の好立地。全客室WiFi完備。お子様に人気の舌切雀物語劇場は毎夜上演中(評価:4.4、参考料金:15,400円〜)

      磯部温泉 雀のお宿 磯部館 

      温泉マーク発祥の地「磯部温泉」太古の地層から滾々と湧き出る無色透明な炭酸塩泉別名「美人の湯」にお浸かりください。スタッフの笑顔と、地元料理の数々が「おもてなし」の心と共にお待ちしております。(評価:4.2、参考料金:5,170円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    国峯城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 箕輪城
      • 箕輪城
        • 平均評価:★★★★☆(43位)
        • 見学時間:1時間10分(52位)
        • 攻城人数:1761人(89位)
        • 城までの距離:約21km
      • 前橋城
      • 前橋城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:37分(--位)
        • 攻城人数:654人(226位)
        • 城までの距離:約24km
    • より多くの
      城を見る

    上野の著名な城

    群馬県の著名な城

    国峯城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    国峯城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城=土の城を歩きたい人に首都圏(千葉・埼玉・東京・神奈川)に残る城跡を紹介する。実際に訪ねた時の城の見方、見落としてはいけないポイントを縄張図と写真で解説。巻頭の小机城をはじめ入門編から中級編まで、「歩きやすくわかりやすい」をコンセプトに21の城跡を紹介している。

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る