不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。自分がウイルスを家庭や会社に持ち込んでしまうリスクを最小化するために、当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

前橋城は酒井重忠の居城として知られています。古くは厩橋城と呼ばれ、関東七名城のひとつに数えられています。暴れ川として知られ「坂東太郎」の異名を持つ利根川に悩まされつづけた城で、江戸時代中期に起きた洪水の被害で一旦は廃城となっています。その後、領民の希望もあり再築されることになりますが、これは江戸幕府が最後に出した築城許可といわれています。しかしすぐに大政奉還となり、築城わずか4年でふたたび廃城となりました。遺構はほとんど残っていませんが、当時最新式であった日本式城郭の土塁がわずかに残っています。現在は城址の一部が前橋公園として整備されており、隣接する「臨江閣」には前橋城の模型や年表などの資料が展示されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
前橋城は「関東七名城」のバッジに登録されています。

  • 関東七名城

前橋城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

前橋城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 遺構はほぼありませんが、本丸跡に建つ県庁の最上階から見る眺めは素晴らしいです。(2019/12/23)
  • 前橋駅からレンタサイクル(普通自転車1日200円)で石碑と近くにある車橋門跡と土塁を巡りました。石碑への入り口は歩道橋の下に看板が立っています。(2019/12/13)
  • 群馬県庁の展望台からも城跡を眺めました。(2019/10/31)
  • 遺構が分かりづらいが公園の管理している方にお聞きしてやっと訪問。車は県庁の駐車場を利用しました。(2019/09/27)
  • 城趾碑は群馬県庁の敷地内にあります。車の方は県庁の駐車場に停めれば二時間無料です。32階の展望ロビーからの景色もぜひ。2階でぐんまちゃんと会えます。臨江館や前橋東照宮も近いので、合わせて観光するといいと思います。(2019/09/22)
  • 土塁に登るのは禁止、石碑も土塁の上&草ボーボーなので、石碑は断念。 本丸よりむしろ、前橋城車橋門跡が結構よかったです。(2019/09/09)
  • 群馬県庁ビル、32階の展望室から公園を見下ろす。土塁は足下なのであまりはっきりとは分かりませんでしたが公園は一望できました。その後、外に出て土塁をぐるりとたどり、「前橋城跡の碑」入口を発見。「土塁には登らないでください」の注意版を沢山見た後なので、唯一土塁に登れる場所と判断し登りました。そのご東照宮……(2019/09/08)
  • 県庁や警察本部の周辺に分厚い土塁が巡らされておりますが、折れもしっかり見られ、残存状態は良好です。 また、日経新聞社の裏には車橋門跡の石垣があります。周辺に目立つ案内がないのですが、お見逃しなく。(2019/08/24)
  • 県庁の駐車場は、日中時間帯は無料。入るのに時間はかかるが、近いし確実なので、攻城時は利用を勧めます。(2019/07/05)
  • 土塁がメイン、あとは大きい石碑のみです。(2011/09/18)
すべてを表示(77コメント)

前橋城について

前橋城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成輪郭式
縄張形態平城
標高(比高)109.3 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数3重3階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ酒井重忠が築いた3重3階は利根川の洪水によって城が崩壊した。
築城主長野方業、松平直克
築城開始・完了年着工 延徳年間(1489年~1492年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者酒井重忠
主な城主長尾氏、上杉氏、平岩氏、酒井氏、松平氏
遺構石垣、土塁、堀
指定文化財
復元状況

更新日:2020/04/04 01:48:44

前橋城の城メモ

前橋城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

前橋城の観光情報

前橋城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

前橋城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(04日)の天気

  • 03時
    Clouds / few clouds
    8.29
  • 06時
    Clear / clear sky
    8.29
  • 09時
    Clear / clear sky
    15.58
  • 12時
    Clear / clear sky
    19.64
  • 15時
    Clouds / scattered clouds
    19.97
  • 18時
    Clouds / broken clouds
    15.25
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    10.81
  • 00時
    Clear / clear sky
    8.86

明日以降の天気(正午時点)

  • 05日
    Rain / light rain
    11.26
  • 06日
    Clear / clear sky
    15.61
  • 07日
    Clouds / few clouds
    16.88
  • 08日
    Clouds / scattered clouds
    17.16

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

前橋城の地図

前橋城へのアクセス

前橋城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR両毛線・前橋駅からバス約6分、「県庁前」下車
アクセス(クルマ)
駐車場

あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    前橋城周辺の宿・ホテル

      ホテル平安

      お手頃価格で県庁やグリーンドームが近い好立地。前橋公園至近の官庁街で周辺は静か。ビジネス・工事・観光・スポーツの拠点に。全室有線LAN有。コインランドリーや、買い物に便利な無料レンタサイクルあり(評価:3.8、参考料金:3,500円〜)

      前橋 ホテルサンカント

      ◆駐車料金無料◆ベッドは全室デュベスタイル◆群馬県庁徒歩8分◆群馬県総合スポーツセンター・グリーンドーム前橋・群馬県民会館・群馬大学 車10分◆前橋テルサ・コンビニ徒歩2分(評価:4.3、参考料金:3,300円〜)

      前橋テルサ

      窓から赤城、榛名、妙義の上毛三山をはじめ、利根川の流れ市内の夜景をご堪能頂けます。落ち着きのある室内はゆとりのある十分なスペースと洗練された家具類を備え お寛ぎ頂けます。(評価:4.3、参考料金:4,592円〜)

      ホテルサンダーソン

      ユニークな曲線と色彩が美しいヨーロッパのデザイナーズインテリアで統一された内装 落ち着いた雰囲気の中に遊び心をちりばめたスタイリッシュな空間が広がる リバーフロントの美しい眺めにも癒される。(評価:4.0、参考料金:3,650円〜)

      アパホテル<前橋駅北>

      ★☆2019年3月4~6Fフロアリニューアル☆★■JR前橋駅から徒歩8分 平面駐車場60台あり(先着順)■全室40インチTV完備■全室Wi-Fi&有線LAN完備■チェックアウトはゆったり11時まで(評価:4.0、参考料金:3,250円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    前橋城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 箕輪城
      • 箕輪城
        • 平均評価:★★★★☆(57位)
        • 見学時間:1時間5分(89位)
        • 攻城人数:982人(84位)
        • 城までの距離:約9km
      • 沼田城
      • 沼田城
        • 平均評価:★★★☆☆(151位)
        • 見学時間:51分(134位)
        • 攻城人数:811人(102位)
        • 城までの距離:約28km
    • より多くの
      城を見る

    上野の著名な城

    群馬県の著名な城

    前橋城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    前橋城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    最後の決断

    戊辰戦争における越後といえば、新政府軍VS長岡藩と思いがちですが、この本では高田・長岡・新発田・村上諸藩の決断を取り上げられています。その決断がどのタイミングで行われ、結果どうなったのか、一気に読んでしまいました。

    まーPさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る