紹介文

要害山城は躑躅ヶ崎館の詰め城として、武田信虎によって築かれた城です。武田信玄の生誕の地と伝えられています。1575年(天正3年)の長篠合戦で大敗した武田勝頼は、翌年要害山城の修築を命じています。武田氏滅亡後も徳川氏により改修し維持されていましたが、羽柴秀勝が甲府に入り甲府城を築城したことにともない、躑躅ヶ崎館とともに廃城となりました。現在は国の史跡に指定されており、山頂の本丸を中心に、虎口の遺構や野面積みの低石垣もわずかに現存しています。また、武田信玄公誕生之地の石碑が建てられています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
要害山城は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

要害山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

要害山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 積翠寺近くの瑞岩寺からの登山道より攻城開始。急斜面を登り急斜面を降りて積翠寺温泉『要害』からの登山道と合流。そこから史跡までは20分程度です。なお、積翠寺温泉『要害』は現在閉業して『やまびこフォルティナ』という障害者施設になっています。要害山城跡に東郷平八郎の書で『武田信玄公誕生之地』という石碑、一……(2019/09/14)
  • クモの巣の関所だらけです。 ご注意を。(2019/09/12)
  • 入口だけ、民宿の方に迷わないように注意!(2019/05/05)
  • 甲府駅前の藤村記念館でスタンプのみ。昨年出来た信虎公の銅像が見事です。(2019/08/11)
  • 今まで行った山城の中で一番辛い城だった。しかも今日の気温36度熱中症一歩手前状態で行ってきました。(2019/07/30)
  • 躑躅ヶ崎館から駅前で借りた電動レンタサイクル500円で攻城。登城口まででも坂が多いです。登城口から信玄公の生誕の碑がある山頂(本丸)まで、片道約30分くらいの登山です。一部道をふさぐようにして生える草木や角度のある登山道に萎えかけますが、門跡の石積みが見え始めるとあと少しです。山頂で生誕の碑を見て、……(2019/02/16)
  • 甲府駅北口にある藤村記念館に、続100名城のスタンプ・縄張り図・パンフレットがあります。(2019/07/26)
  • 身延線を利用しての日帰り攻城の為、甲府城と武田氏館を回るのがやっとで、今回は残念ながら藤村記念館でスタンプのみ。涼しくなる頃リベンジします。(2019/06/01)
  • 5月なのに35度を超える暑さのため、登城を断念(2019/05/26)
  • 遠くで雷が鳴っている中、急いで攻城。本丸までの道が途中生茂っている所があるので、もう少し整備して欲しい。この後に積翠寺と武田勝頼最期の地の景徳院を訪ねて旅行終了。(2019/05/15)
すべてを表示(75コメント)

要害山城について

要害山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)780 m( 260 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主武田信虎
築城開始・完了年着工 1520年(永正17年)
廃城年1600年(慶長5年)
主な改修者武田勝頼、加藤光泰
主な城主武田氏、徳川氏、加藤光泰
遺構空堀、石垣、土塁
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2019/09/18 03:23:12

要害山城の観光情報

要害山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

要害山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(18日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    16.22
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    14.45
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    17.65
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    18.45
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    17.97
  • 18時
    Rain / light rain
    13.94
  • 21時
    Rain / light rain
    10.54
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    8.30

明日以降の天気(正午時点)

  • 19日
    Clouds / overcast clouds
    20.65
  • 20日
    Clouds / overcast clouds
    18.95
  • 21日
    Rain / light rain
    11.25
  • 22日
    Rain / moderate rain
    16.25

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

要害山城の地図

地図アプリで見る

山梨県甲府市上積翠寺町

要害山城へのアクセス

要害山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR中央本線・甲府駅からバスに乗り「積翠寺」バス停下車、登城口まで徒歩15分
アクセス(クルマ)
  • 中央自動車道・甲府南ICから20分
  • 中央自動車道・甲府昭和ICから20分
駐車場

積翠寺温泉「要害」の駐車場を利用

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    要害山城周辺の宿・ホテル

      ホテルクラウンヒルズ甲府(BBHグループ)

      甲府駅より徒歩5分の好立地!全室「シモンズ製」ベッドを使用♪朝食バイキングは手作り&日替わりメニューも充実。甲府名物「ほうとう」メニューも新登場 全国約90店舗展開中のBBHホテルク゛ルーフ°!(評価:3.6、参考料金:2,419円〜)

      KKR甲府ニュー芙蓉(国家公務員共済組合連合会甲府保養所)

      部屋や展望温泉から富士山を眺望できます!KKRは国家公務員共済組合連合会が組合員等の利用を目的として運営する宿泊施設です。組合等の方は、チェックインの際に組合員証等をご提示ください。(評価:3.8、参考料金:3,780円〜)

      PRIVATESTAY HOTEL たちばな

      甲府駅南口より徒歩2分・アクセス良好!全室30平米以上の広々とした客室、Wi-Fi完備・40型大型液晶TV・シモンズベッド採用!※食事:サービス無し(全プラン素泊り)、駐車場:近隣有料駐車場利用。(評価:4.7、参考料金:5,000円〜)

      自家源泉かけ流しの天然温泉ビジネスホテル 湯村ホテルB&B

      甲府駅へ車で8分の老舗ホテル。新鮮な源泉かけ流しの湯は24時間入浴可。露天やサウナもあり。お食事は地元食材たっぷりのバイキング。客室は快適なシングル、洋風ツイン、和風ついん、和洋室の4タイプ。(評価:4.3、参考料金:5,940円〜)

      甲州湯村温泉 柳屋 -yanagiya-

      四季折々の姿を現す庭園を全室から!夜のライトアップも幻想的★客室露天風呂・男女露天風呂・内湯など、さまざまな「名湯」を楽しむ♪※貸切露天風呂は週末/祝前日のみ受付しております(要事前予約)(評価:3.6、参考料金:6,480円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    要害山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 躑躅ヶ崎館
      • 躑躅ヶ崎館
        • 平均評価:★★★☆☆(116位)
        • 見学時間:56分(175位)
        • 攻城人数:1299人(34位)
        • 城までの距離:約2km
      • 甲府城
      • 甲府城
        • 平均評価:★★★☆☆(115位)
        • 見学時間:1時間1分(150位)
        • 攻城人数:1287人(36位)
        • 城までの距離:約4km
    • より多くの
      城を見る

    甲斐の著名な城

    山梨県の著名な城

    要害山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    要害山城を本城にしている団員

    以下のみなさんが要害山城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城=土の城を歩きたい人に首都圏(千葉・埼玉・東京・神奈川)に残る城跡を紹介する。実際に訪ねた時の城の見方、見落としてはいけないポイントを縄張図と写真で解説。巻頭の小机城をはじめ入門編から中級編まで、「歩きやすくわかりやすい」をコンセプトに21の城跡を紹介している。

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る