要害山城
716 要害山城

[山梨県][甲斐] 山梨県甲府市上積翠寺町


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.18(271位)
  • 見学時間:1時間14分(114位)
  • 攻城人数:239(182位)

要害山城の案内板

要害山城に設置されている案内板の内容を紹介します。

要害山
 要害城は、永正17年(1520)に武田信虎が築いた山城です。居館と政庁を兼ねた武田氏館に対し、緊急時に立てこもる詰(つめ)の城としての役割を担っていました。信虎・信玄・勝頼と三代にわたって使用され、武田氏滅亡後も修築・再整備されました。
 城は山腹から主郭にいたる通路に沿って、枡形虎口(ますがたこぐち)や郭(くるわ)が複雑かつ連続的に付設されているほか、竪掘(たてぼり)や堀切(ほりきり)を要所に設けて防御を固めています。山頂の主郭には、規模の大きな建物が存在したものと推定されます。
 南東尾根上には支城の熊城(くまじょう)があり、深い堀切で区切られた連続的な小郭と畝状竪掘(うねじょうたてぼり)が特徴的です。また、ふもとには根古屋の地名が残り、城番を勤める武士の屋敷が想定されています。
 要害城は熊城とともに遺構の保存状態がきわめて良く、記録が豊富に残されているなど、戦国期の山城の様相を今日に伝える貴重な山城です。 (平成3年3月30日指定)
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

要害山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る