紹介文

足利氏館は鑁阿寺(ばんなじ)といい、真言宗大日派の本山です。もともとは足利尊氏の先祖にあたる義兼が築いた館であり、国の史跡や日本100名城に選ばれています。現在でも寺の境内の周囲には土塁と堀がめぐっており、一般的に「方形居館」と呼ばれる鎌倉時代前後の武士の館の面影が残されています。また、館の南方には「坂東の大学」と呼ばれた日本最古の学校である足利学校があります。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
足利氏館は「日本100名城」「栃木県三名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 栃木県三名城

足利氏館をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

足利氏館を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 北門から入った境内の駐車場を利用させてもらいました。 遺構としては、敷地を囲む堀と土塁跡位で、南門脇に足利氏宅跡の石碑がある位です。鑁阿寺の本堂は国宝だけあって立派です。(2021/10/07訪問)
  • 駅からのんびりと東武、JRともに20分前後。足利学校など見るものも多いのでまとめて見学するのが良いのでは。(2020/11/04訪問)
  • 北門をくぐった先にある駐車場(36.3380578, 139.4522544)を利用して攻城。一旦山門から出て足利学校側に回り散策しました。いつか大銀杏が散る前にもう一度訪問したい。(2020/12/09訪問)
  • 鑁阿寺に参拝後、堀沿いを一周し、館っぽさを実感しました。近くの足利学校も素敵なところでした。(2020/11/01訪問)
  • 国宝なだけあって、雰囲気がとても良い(2020/11/02訪問)
  • 薬医門から入り境内に駐車しました。足利学校も近いので、観光駐車場に止めたら良いです。ここも無料です。 御朱印の順番待ちの方が多かったです。厳かなお寺さんです。(2020/09/20訪問)
  • 近くにある市営駐車場に停めると便利です。(2020/08/09訪問)
  • 足利城を下城して徒歩で攻城。途中、足利陣屋大門跡の石碑や案内板を確認する。館には誰も参拝者がおらず、広い境内を散策し、典型的な中世の領主館の風情を堪能した。(2020/07/08訪問)
  • 近くには足利陣屋大門跡と民家に移築された陣屋大門もありました。(2020/02/22訪問)
  • 車で訪問、鑁阿寺にも停められるが太平記館という観光施設に無料駐車場があるのでオススメします。(2020/01/13訪問)
すべてを表示(61コメント)

足利氏館について

足利氏館に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態方形居館
標高(比高)33.9 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主
築城開始・完了年着工 1196年(建久7年)
廃城年
主な改修者
主な城主
遺構
指定文化財国宝(本堂)、重要文化財(鐘楼、経堂、金銅鑁字御正体ほか)、国史跡(足利氏宅跡)、県文化財(御霊屋、多宝塔、木造大日如来像、木造足利歴代将軍坐像ほか)
復元状況

更新日:2022/09/26 14:25:33

足利氏館の観光情報

足利氏館の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)

400円

休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

足利氏館の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(26日)の天気

  • 03時
    Clouds / few clouds
    20.26
  • 06時
    Clouds / few clouds
    19.93
  • 09時
    Clouds / few clouds
    24.38
  • 12時
    Clear / clear sky
    28.31
  • 15時
    Clear / clear sky
    29.03
  • 18時
    Clouds / few clouds
    26.38
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    24.34
  • 00時
    Clouds / scattered clouds
    22.79

明日以降の天気(正午時点)

  • 27日
    Clouds / scattered clouds
    28.21
  • 28日
    Clouds / broken clouds
    25.43
  • 29日
    Clouds / overcast clouds
    24.60
  • 30日
    Rain / light rain
    24.35

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

足利氏館の地図

足利氏館へのアクセス

足利氏館へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR両毛線・足利駅から徒歩10分
  • 足利駅より市生活路線バス「せせらぎ号」で「大日西門」バス下車すぐ
  • 東武鉄道東武伊勢崎線・足利市駅から徒歩15分
アクセス(クルマ)
  • 北関東自動車道・太田桐生IC
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    足利氏館周辺の宿・ホテル

      太田グランドホテル Ohta Grand Hotel

      愛嬌群馬キャンペーン7月25日より当ホテルはキャッシュバックとポイント利用対応不可の施設です。現地払いでポイント未使用の場合のみ割引に対応しております。予めご了承ください。(評価:3.7、参考料金:5,100円〜)

      ホテル わかさ

      『東の小京都』と呼ばれる足利市の情緒あふれる環境に囲まれたホテル。 朝食は無料サービスで和食も洋食もあり。駐車場無料。全室Wifi、温水洗浄付トイレ、温度調節機能付エアコンに対応致しました。(評価:4.2、参考料金:4,620円〜)

      足利タウンホテル

      チェックアウト11時。足利学校、ばん阿寺等徒歩10分以内。商工会議所は斜め前。ビジネス観光に便利。最上階にある大浴場からは足利の市街が一望できる。(評価:3.9、参考料金:3,990円〜)

      ホテル高雄

      JR足利駅・足利学校へ徒歩3分・コンビニ徒歩2分。駐車場無料。ミニバン・大型車(要予約)も駐車可能。1Fにレストラン有り。公園側で静か。ビジネスに観光に最適。シングルとツインルームに液晶テレビ  (評価:4.2、参考料金:3,650円〜)

      HOTEL R9 The Yard 足利駅西

      北関東自動車道 太田桐生ICより車で15分 / JR両毛線 足利駅より徒歩7分。斬新な外観とコンパクトで快適な客室を備えた新型コンテナホテルHOTEL R9 The Yard(ホテルアールナイン ザ・ヤード)誕生。(評価:3.8、参考料金:3,900円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    足利氏館の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 金山城
      • 金山城
        • 平均評価:★★★★☆(23位)
        • 見学時間:1時間28分(24位)
        • 攻城人数:1545人(79位)
        • 城までの距離:約7km
      • 唐沢山城
      • 唐沢山城
        • 平均評価:★★★★☆(58位)
        • 見学時間:1時間5分(74位)
        • 攻城人数:1054人(127位)
        • 城までの距離:約13km
    • より多くの
      城を見る

    下野の著名な城

    栃木県の著名な城

    足利氏館といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    足利氏館を本城にしている団員

    以下のみなさんが足利氏館を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    図説 近世城郭の作事 天守編

    江戸城天守を再建する会の特別顧問をされている三浦正幸先生が書かれた著書で三浦先生のお話は講演会等でよくお聞きしているので、お城の構造について勉強したく手に取りました。前半は天守の外壁、窓、狭間、石落、そして基本的構造について詳細に解説されており、外壁の仕上げ、屋根、破風の形に格式の上下があることを知り、今後天守の見方が変わるように思えました。後半は現存12天守、失われた天守の詳細説明がされています。熊本城の宇土櫓が第一期普請で建てられた初代天守であることを初めて知りました。この一冊で天守の構造に付いてほぼ網羅していると思いますので、天守の構造について詳しく知りたい人にはお勧めです。なお、続編として「櫓・城門編」もあるようですのでそちらも読んでみようかと思います。

    まーちゃんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る