紹介文

高取城は田路胤千親(とうじたねちか)が城主をつとめたとされる城です。生野街道と明延街道を監視する目的で築かれたと考えられており、田路氏の本城である三方城の支城として草置城ともに機能していました。ただし未完成のまま廃城となったようです。現在城址には案内板が設置されており、土塁や堀切などの遺構を確認することができます。なお山の南側にある登城口付近の石垣は居館跡ではなく畑の跡地のようです。

高取城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

高取城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • メモの通り民家の間から登りました。おばあさんに車を駐車する場所を教えてもらい登城、展望はよかったですよ。(2022/04/09訪問)
  • 民家の間(位置情報)の先にある防獣ゲートを通過し、しばらく左に進んだのち、畑の跡地の石積付近からひたすら上を目指して登りました。私は城跡のやや西にある鞍部にたどり着き、尾根を東に歩いて城跡に向かいましたが、直接城跡に向かうことも不可能ではなさそうでした。(2021/03/27訪問)
すべてを表示(2コメント)

高取城について

高取城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

山城

標高(比高)

680 m( 350 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

田路氏

築城開始・完了年

着工 天正年間(1573年~1593年)

廃城年

 

主な改修者

主な城主

田路氏

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

復元状況

高取城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)680 m( 350 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主田路氏
築城開始・完了年着工 天正年間(1573年~1593年)
廃城年
主な改修者
主な城主田路氏
遺構曲輪、土塁、堀切
指定文化財
復元状況

登録日:2020/10/26 22:07:28

更新日:2024/07/25 04:03:22

高取城の観光情報

高取城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

高取城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

高取城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(25日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    21.38
  • 06時
    Rain / light rain
    21.78
  • 09時
    Rain / light rain
    25.95
  • 12時
    Rain / light rain
    29.64
  • 15時
    Rain / light rain
    29.58
  • 18時
    Rain / light rain
    26.33
  • 21時
    Clouds / broken clouds
    22.85
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    22.85

明日以降の天気(正午時点)

  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    29.65
  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    30.71
  • 28日
    Clouds / overcast clouds
    31.93
  • 29日
    Clouds / broken clouds
    32.29

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

高取城の地図

高取城へのアクセス

高取城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR姫新線・播磨新宮駅から神姫バス「山崎行」に乗り「山崎」バス停下車、神姫バス「横山行」に乗り換えて「宮の元」バス停下車、徒歩20分

アクセス(クルマ)

  • 中国自動車道・山崎ICから30分

駐車場

 

高取城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR姫新線・播磨新宮駅から神姫バス「山崎行」に乗り「山崎」バス停下車、神姫バス「横山行」に乗り換えて「宮の元」バス停下車、徒歩20分
アクセス(クルマ)
  • 中国自動車道・山崎ICから30分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    高取城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      峰山高原ホテルリラクシア

      大自然に囲まれた標高930mの避暑地。夏は満天の星をのぞむキャンプやバギーなどのアクティビティを楽しめる(別途お申込みが必要)ホテル・グランピングの夕食付プランはアルコール含む90分の飲み放題付!(評価:4.3、参考料金:8,800円〜)

      東山温泉メイプルプラザ

      野生の動植物、美しい星空など大自然との触れ合いを♪【※アクセスについて※】冬季は、積雪状況により「道の駅みなみ波賀」までお迎えに上がります。(評価:4.1、参考料金:5,500円〜)

      囲炉裏の宿 豊楽

      1960年創業。いろりで楽しむ山と川の幸が人気♪標高420m大自然の宿。夏は屋外の川床での食事、川魚のつかみどりも大人気。秋は紅葉、砥峰高原ススキ、栗ご飯。冬には薪ストーブと雪と地元の猪のぼたん鍋(評価:4.5、参考料金:14,980円〜)

      スポニックパーク一宮 国見の丘山荘

      森に囲まれた運動公園で森林浴やスポーツで汗を流してリフレッシュ!2階建てのコテージは1棟貸切!一宮を見渡す高台からの眺めは抜群です。チェアハンモック付きコテージで自炊やBBQも人気です♪(評価:4.2、参考料金:3,600円〜)

      ゲストハウス繁盛校

      廃校になった旧繁盛(はんせ)小学校を地元の有志達でリノベして、ゲストハウス繁盛校として2021年春OPEN。現役猟師がプロデュースする、こだわりのジビエ料理とひょうたんランプの灯る宿でおくつろぎ下さい(評価:不明、参考料金:7,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    高取城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 波賀城
      • 波賀城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:37分(--位)
        • 攻城人数:236人(440位)
        • 城までの距離:約7km
      • 竹田城
      • 竹田城
        • 平均評価:★★★★☆(8位)
        • 見学時間:1時間45分(7位)
        • 攻城人数:2490人(49位)
        • 城までの距離:約23km
    • より多くの
      城を見る

    播磨の著名な城

    兵庫県の著名な城

    高取城といっしょに旅行するのにオススメの城

    高取城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城

    2022年3月に増刷と聞き予約して購入。帯に「在りし日の城の姿!」とある。初版同様、100城全126点。精密な鳥瞰・復元イラストには構造としての城だけでなく、人々の営みも書き込まれているものも多くて気に入ってます。人々が関わってこその城だと思うので。
    石垣山城は天守台建設中で人々が土木工事をしてるし、杉山城では堀に渡された木橋を人が通ってます。亀居城に舟入があったことはこの本で知りました。伏見城のページには在りし日の巨椋池が広がっています。城が躍動していた頃の姿を眺めてうっとりするのはロマンと言うのかな。出版社はワン・パブリッシング。

    山鳩さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る