紹介文

芦屋城は塩冶(えんや)周防守高清の居城として知られています。周囲を断崖絶壁に囲まれた天然の要害で、海上交通を監視するために築かれました。1580年(天正8年)の羽柴秀吉による但馬侵攻で落城すると、高清は鳥取城主・吉川経家を頼って落ち延び、翌年には再び雁金城と丸山城で秀吉と戦うこととなりましたが、いずれも敗れて最後は自害しました。その後は鳥取城代となった宮部善祥坊継潤の持ち城となり、「関ケ原の戦い」後に山崎家盛の弟である宮城右京進頼久が城主となりましたが、山麓に陣屋を築いて廃城となりました。現在城址に遺構はありませんが、登城口に案内板が建てられています。

芦屋城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

芦屋城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(2コメント)

    芦屋城について

    芦屋城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    山城海城

    標高(比高)

    175.7 m( 150 m)

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    塩冶氏

    築城開始・完了年

    着工 南北朝時代か

    廃城年

    1605年(慶長10年)

    主な改修者

    主な城主

    塩冶氏、宮部氏、宮城氏

    遺構

    石垣、井戸跡

    指定文化財

    町史跡

    復元状況

    芦屋城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態山城海城
    標高(比高)175.7 m( 150 m )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主塩冶氏
    築城開始・完了年着工 南北朝時代か
    廃城年1605年(慶長10年)
    主な改修者
    主な城主塩冶氏、宮部氏、宮城氏
    遺構石垣、井戸跡
    指定文化財町史跡
    復元状況

    更新日:2024/04/21 03:54:37

    芦屋城の城メモ

    芦屋城の見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    芦屋城の観光情報

    芦屋城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    芦屋城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    芦屋城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(21日)の天気

    • 03時
      Rain / light rain
      13.54
    • 06時
      Rain / light rain
      14.07
    • 09時
      Rain / light rain
      15.67
    • 12時
      Rain / light rain
      15.45
    • 15時
      Rain / light rain
      15.14
    • 18時
      Rain / light rain
      14.82
    • 21時
      Rain / light rain
      14.39
    • 00時
      Clouds / overcast clouds
      13.72

    明日以降の天気(正午時点)

    • 22日
      Clouds / overcast clouds
      15.67
    • 23日
      Rain / light rain
      18.67
    • 24日
      Rain / light rain
      15.13
    • 25日
      Clear / clear sky
      16.33

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    芦屋城の地図

    芦屋城へのアクセス

    芦屋城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR山陰本線・浜坂駅から新温泉町民バス居組線に乗り「城山公園」バス停下車、 徒歩15分
    • JR山陰本線・諸寄駅から徒歩24分
    • JR山陰本線・浜坂駅から徒歩27分

    アクセス(クルマ)

    • 鳥取自動車道・鳥取ICから40分

    駐車場

    城山公園駐車場(無料)

    芦屋城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR山陰本線・浜坂駅から新温泉町民バス居組線に乗り「城山公園」バス停下車、 徒歩15分
    • JR山陰本線・諸寄駅から徒歩24分
    • JR山陰本線・浜坂駅から徒歩27分
    アクセス(クルマ)
    • 鳥取自動車道・鳥取ICから40分
    駐車場

    城山公園駐車場(無料)

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      芦屋城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        湯快リゾートプレミアム 湯村温泉 三好屋

        山々に囲まれた心安らぐ静かな温泉地、湯村温泉千年以上の歴史を誇る古湯を源泉掛流しで(評価:4.0、参考料金:7,992円〜)

        浜坂温泉 魚と屋(ととや)

        浜坂漁港すぐ!日本海を一望できる海辺の温泉宿。水産会社直営だからできる、新鮮な魚介類をリーズナブルにご堪能頂けます。四季の味に加えて、夏は海水浴、冬は水揚げ量日本一のかに料理が自慢です。(評価:4.0、参考料金:4,500円〜)

        旅館 割烹 荒岩

        松葉ガニ漁期終了!数量限定の直前割で松葉ガニの刺身付!3、4、5月は《大きなズワイガニ》《ホタルイカ》プランがオススメです ゴールデンウィークもまだお部屋空いております お早めに!(評価:4.4、参考料金:9,180円〜)

        別館カワナツ

        浜坂港で水揚げされた地物食材〔紅ガニ・岩牡蠣・但馬牛・ホタルイカ等〕を使います!当館一番人気の紅ガニ(香住蟹)は春・秋の限定食材!浜坂温泉&個室食♪設備等は昔ながらの宿。屋根付駐車場完備(評価:4.5、参考料金:8,250円〜)

        かにソムリエの宿 澄風荘

        四季折々の新鮮魚介類を炉端炭火焼で満喫できる!心くつろぐ家庭的な温かさでおもてなし。お食事は完全個室対応♪4月からは名物海賊焼き!!(評価:5.0、参考料金:5,500円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      芦屋城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 鳥取城
        • 鳥取城
          • 平均評価:★★★★☆(--位)
          • 見学時間:1時間30分(--位)
          • 攻城人数:1689人(93位)
          • 城までの距離:約22km
        • 若桜鬼ヶ城
        • 若桜鬼ヶ城
          • 平均評価:★★★☆☆(--位)
          • 見学時間:58分(--位)
          • 攻城人数:688人(216位)
          • 城までの距離:約32km
      • より多くの
        城を見る

      但馬の著名な城

      兵庫県の著名な城

      芦屋城といっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      芦屋城を本城にしている団員

      まだ本城登録している団員がいません

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      日本百城下町: ゆったり街さんぽ

      お城を訪問する際はできるだけ現地に宿泊して郷土料理を食べて、城下町もまるごと楽しみたいのでありがたい一冊です。
      まだ行ったことのない城下町もたくさん掲載されていて、今後は攻城計画を練る際にこの本で予習しようと思います!

      こうの)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る