全国の緊急事態宣言は解除されましたが、観光については当面「県内のみ」となっています。県をまたいでの観光は6月19日から段階的に緩和され、全面的な解禁は8月1日(予定)ですので、自分の住んでるところや訪問先の状況を踏まえた上で、出かけるかどうかの判断をしてください。

紹介文

甘崎城は伊予大三島の東岸、甘崎集落の約130m沖に浮かぶ古城島を全面的に城塞化した海城です。村上水軍の拠点のひとつでしたが、豊臣秀吉が瀬戸内海の覇権を握ると藤堂高虎の属城となり、その従弟・良勝が城主となっています。1608年(慶長13年)の藤堂高虎の移封によって廃城となった。陸繋島のため、干潮時には歩いて渡れます。その珍しい光景を見たドイツ人医師エンゲルベルト・ケンペルが「水中よりそびゆる保塁あり」(『日本誌』)と記述を残しています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
甘崎城は「築城名人・藤堂高虎」のバッジに登録されています。

  • 築城名人・藤堂高虎

甘崎城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

甘崎城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 大三島インター降りてすぐです。防波堤にバイクを停めて初対面。次回はぜひ歩いて渡ってみたい。(2019/11/04訪問)
  • 渡りたかった…堤防から見てかわいい島でした。大山祇神社の宝物館で、鶴姫の鎧に感動したので良しとしますわ。(2019/08/21訪問)
  • 海割れの日でないため堤防から。海に浮かぶ姿も美しかったです。また、しまなみ海道の瀬戸田PAからも眺めることができました。(2019/08/12訪問)
  • 海を渡れず、対岸から眺めただけです(なので見学時間は15分のみ)。渡れるのが年に数日だけとすれば、日本で最も行きにくい城の一つでしょうね。(2019/08/03訪問)
  • 市役所支所に海割れ日の予測を問い合わせ攻城に向かった。予想時刻(18:09)の45分前から渡り始めた。軽長靴で挑んだが靴が浸水した。 渡水時はサンダル、上陸後は滑りにくい防水靴に履きかえるのが良いのでは、と思いました。上陸後山頂を攻城、島を1周し帰還しました。普段渡ることが出来ない城を攻城出来た事に……(2019/07/05訪問)
  • 令和元年6月5日干潮時刻17:28。「海割れ」が起こりました。16:00頃から対岸で見ていました。だんだんと潮位が下がって道が出来て行く様子は感動でした。渡るのはビーチサンダルで十分ですが、島の岩場はよく滑るので、軽トレッキングシューズに履き替えました。大三島BSから左手に海を見ながら車道を徒歩10……(2019/06/05訪問)
  • 大三島ICからすぐの所でした。今回は海割れの日ではないため上陸できず。対岸から眺めるのみとなりました。(2019/05/01訪問)
  • 大山祇神社へ初詣の帰りに立ち寄りましたが、海の底だったので説明板のみ確認。(2019/01/12訪問)
  • サイクリング中に対岸から見ましたが、正直良く分かりませんでした…(2018/11/17訪問)
  • しまなみサイクリングにて立ち寄りました。渡ってみたかったです。(2018/10/14訪問)
すべてを表示(42コメント)

甘崎城について

甘崎城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態海城
標高(比高)19.3 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主
築城開始・完了年
廃城年1608年(慶長13年)
主な改修者藤堂高虎
主な城主村上吉継、藤堂高虎
遺構石垣
指定文化財
復元状況

更新日:2020/07/14 03:44:44

甘崎城の観光情報

甘崎城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

甘崎城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(14日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    22.74
  • 06時
    Rain / heavy intensity rain
    23.13
  • 09時
    Rain / heavy intensity rain
    23.22
  • 12時
    Rain / moderate rain
    23.09
  • 15時
    Rain / light rain
    24.10
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    24.12
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    23.68
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    23.26

明日以降の天気(正午時点)

  • 15日
    Rain / light rain
    23.11
  • 16日
    Clouds / overcast clouds
    23.56
  • 17日
    Clouds / overcast clouds
    23.42
  • 18日
    Rain / light rain
    22.82

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

甘崎城の地図

甘崎城へのアクセス

甘崎城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR予讃線・今治駅から瀬戸内海交通バスに乗り「大三島インターバス停留所」までいき、乗り換えて「水場」バス停下車すぐ
アクセス(クルマ)
  • しまなみ海道・大三島ICから5分
駐車場

駐車スペースあり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    甘崎城周辺の宿・ホテル

      菰隠温泉ホテル 三洋倶楽部

      菰隠温泉はぬめりが特徴の自家源泉「美人の湯」。瀬戸内海を見渡せる露天風呂あり!ワンちゃん連れもOK!オーシャンビューのお部屋と、生口島よりフェリーで5分の船旅でちょっと離島気分♪(評価:4.4、参考料金:7,700円〜)

      旅館つつ井

      おかげさまで創業110周年。生口島唯一のモダンなデザインの和洋室が人気。名物の「展望レモン風呂」は瀬戸田産の名産レモンを浮かべた贅沢なお風呂!(評価:4.8、参考料金:7,700円〜)

      休暇村大久野島

      大久野島は瀬戸内海に浮かぶ小島で世界でも珍しい「うさぎの島」。船を降りたらウサギがお出迎え♪お風呂は天然ラジウム温泉。お食事は瀬戸内海の旬の魚介類のお造りや海鮮焼きなどのKunoshima-ビュッフェ(評価:4.2、参考料金:4,950円〜)

      住之江旅館

      瀬戸内天然魚の美味な冬シーズン。話題のスポット尾道U2からお車で40分、未来心の丘へは徒歩13分。海側の客室からはしまなみの眺望を楽しめます。木造建築のレトロな建物と美味なる地魚料理をご堪能下さい。(評価:不明、参考料金:5,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    甘崎城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 能島城
      • 能島城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間2分(--位)
        • 攻城人数:287人(238位)
        • 城までの距離:約7km
      • 三原城
      • 三原城
        • 平均評価:★★★☆☆(133位)
        • 見学時間:40分(136位)
        • 攻城人数:545人(155位)
        • 城までの距離:約17km
    • より多くの
      城を見る

    伊予の著名な城

    愛媛県の著名な城

    甘崎城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    甘崎城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    信長: 「歴史的人間」とは何か

    この本の内容を題材に雑談したら、さまざまな視点が集まるだろうなぁ。戦国時代がなぜ収束したか、を信長を題材に、鎌倉幕府、室町幕府を例にしながら書いてあります。国文学ではないので、心理推察描写はありません。氏の考える国の構造に関する講義を受けている感じに近いかな。

    コースケ)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る