紹介文

龍ヶ谷城は久長但馬守によって築かれた城です。鉢形城の支城で、1567年(永禄12年)に阿佐見伊勢守が武田信玄の軍勢が侵攻してきたことを伝えた「吉田之楯」に比定されています。その後、1590年(天正18年)の豊臣秀吉による「小田原征伐」で北条氏が滅亡すると、但馬守は上杉景勝に仕えたとされます。現在城址には土塁や空堀などの遺構を確認することができます。

龍ヶ谷城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

龍ヶ谷城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(7コメント)

    龍ヶ谷城について

    龍ヶ谷城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    山城

    標高(比高)

    330 m( 130 m)

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    久長但馬守か

    築城開始・完了年

    着工 戦国時代か

    廃城年

    1590年(天正18年)か

    主な改修者

    主な城主

    久長但馬守

    遺構

    曲輪、土塁、空堀、堀切

    指定文化財

    復元状況

    龍ヶ谷城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態山城
    標高(比高)330 m( 130 m )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主久長但馬守か
    築城開始・完了年着工 戦国時代か
    廃城年1590年(天正18年)か
    主な改修者
    主な城主久長但馬守
    遺構曲輪、土塁、空堀、堀切
    指定文化財
    復元状況

    更新日:2024/04/17 03:52:47

    龍ヶ谷城の城メモ

    龍ヶ谷城の見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    龍ヶ谷城の観光情報

    龍ヶ谷城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    龍ヶ谷城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    龍ヶ谷城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(17日)の天気

    • 03時
      Clouds / broken clouds
      14.95
    • 06時
      Clear / clear sky
      14.33
    • 09時
      Clear / clear sky
      19.61
    • 12時
      Rain / light rain
      22.52
    • 15時
      Rain / light rain
      21.94
    • 18時
      Rain / light rain
      17.65
    • 21時
      Rain / light rain
      15.80
    • 00時
      Rain / light rain
      14.84

    明日以降の天気(正午時点)

    • 18日
      Clouds / overcast clouds
      17.58
    • 19日
      Clear / clear sky
      23.01
    • 20日
      Clouds / overcast clouds
      23.64
    • 21日
      Rain / light rain
      13.37

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    龍ヶ谷城の地図

    龍ヶ谷城へのアクセス

    龍ヶ谷城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • 西武鉄道秩父線・西武秩父駅から西武バス「吉田元気村行」に乗り「白砂公園」バス停下車、登城口まで徒歩約20分
    • 登城口から主郭部まで徒歩約10分

    アクセス(クルマ)

    • 皆野寄居有料道路・皆野大塚ICから15分
    • 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)・狭山日高ICから90分

    駐車場

     

    龍ヶ谷城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • 西武鉄道秩父線・西武秩父駅から西武バス「吉田元気村行」に乗り「白砂公園」バス停下車、登城口まで徒歩約20分
    • 登城口から主郭部まで徒歩約10分
    アクセス(クルマ)
    • 皆野寄居有料道路・皆野大塚ICから15分
    • 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)・狭山日高ICから90分
    駐車場

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      龍ヶ谷城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        天然自家源泉の宿 ばいえる

        ひとつの旅のかたち…「化粧水の湯」とも称される温泉で贅沢な時間をお過ごしください「つかず、離れず、さりげなく」お客様のプライバシーを重視した気配りのあるおもてなしとサービスをご提供致します(評価:4.4、参考料金:5,500円〜)

        二百年の農家屋敷 宮本家

        唯一無二力士のおもてなし、代々の農家屋敷を改装した限定7組全風呂貸切の贅沢宿♪幕末伝来の母屋、宮大工仕立て全室陶器風呂付き客室の古民家別邸プロが選ぶ日本のホテル旅館100選6年連続入選!(評価:4.6、参考料金:21,500円〜)

        本物の温泉と露天風呂付き客室のある宿 和どう

        笑顔で好感のもてる接客が自慢、それがゆの宿和どうです。(評価:4.5、参考料金:3,630円〜)

        秩父・小鹿野温泉 高根の湯 越後屋旅館

        小鹿野温泉の中心に位置する昔ながらの宿。郷土料理に創作料理を加えたお料理が自慢!野菜は自家栽培♪秩父の温泉でごゆっくりおくつろぎください。(評価:3.6、参考料金:6,000円〜)

        香り豊かな花のおもてなし 須崎旅館

        宿場の趣が残る歌舞伎の町小鹿野。街道沿いの当館は、タイムスリップしたような趣。貸切露天風呂は1時間無料。地元野菜を使ったお料理でほっこり。家族、夫婦みずいらずの時間をお過ごしください(評価:4.7、参考料金:5,800円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      龍ヶ谷城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 鉢形城
        • 鉢形城
          • 平均評価:★★★★☆(49位)
          • 見学時間:1時間17分(35位)
          • 攻城人数:2037人(67位)
          • 城までの距離:約14km
        • 杉山城
        • 杉山城
          • 平均評価:★★★★☆(--位)
          • 見学時間:1時間(--位)
          • 攻城人数:1270人(133位)
          • 城までの距離:約23km
      • より多くの
        城を見る

      武蔵の著名な城

      埼玉県の著名な城

      龍ヶ谷城といっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      龍ヶ谷城を本城にしている団員

      まだ本城登録している団員がいません

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      天地雷動 (角川文庫)

      「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

      こめつぶさん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る