紹介文

野崎城は畠山氏が飯盛山城の支城として築いた城だと考えられています(若江城の支城説もあり)。河内守護・畠山氏の内訌の際には畠山尚順が城主で、畠山義豊に攻められた記録がありますが、それ以外の詳細は不明です。現在城址には山麓の慈眼寺(野崎観音)から遊歩道が整備されており、本丸跡に城址碑と案内板が設置されています。ちなみに慈眼寺は毎年5月に開かれる「野崎まいり」で有名です。

野崎城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

野崎城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 野崎観音駐車場(34.718577, 135.644656)に駐車し、そばの石段を上がり楼門をくぐって、飯盛城へのハイキングコース途中に石碑があります。およそ徒歩20分です。途中展望台が何箇所かあり、何度も石碑を探してうろうろしてたので少し時間が掛かりました。(2022/07/23訪問)
  • 野崎城へは他の方と同様、野崎観音より飯盛山のハイキングコースを登って登城しました。途中、ハイカーの為の休憩所がありますが、曲輪跡を休憩所に利用しているところもありました。(野崎城本郭にある案内板に縄張り図があり、確認ができます)なお、野崎観音までは車で行きましたが、寺へ登る階段の手前、福寿山魚捨と言う旅館の西隣に駐車場があります。(2020/11/29訪問)
  • 野崎観音本堂左側にある、飯盛山ハイキングコースの矢印に沿って入山。ここから野崎城址碑を超えて、一気に飯盛山山頂に向かうのがお勧めルート。ただし健脚の方に。(2020/06/09訪問)
  •  野崎観音から飯盛城へ行く途中で攻城できるので、何かお得感があります。  野崎観音からすぐですが、とてもよい眺めです。(2020/03/26訪問)
  • 飯盛城の前哨戦でしたが、意外と時間がかかります。(2019/08/21訪問)
  • 飯盛城に向かう途中で攻城しました。結構、見張らしは良いので、出城としての機能は十分果たせていたのだと感じました。(2019/02/10訪問)
  • 野崎観音からハイキングコースに進みしばらく登った平地が野崎城。曲輪が休憩スペースになっていた。解説看板もある。(2020/04/22訪問)
  • 野崎観音の方から、行きましたが、階段ばかりで、バテました。(2020/08/14訪問)
  • 野崎観音横のハイキングコースより攻城(2019/08/18訪問)
すべてを表示(13コメント)

野崎城について

野崎城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)114.4 m( 65 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主畠山氏か
築城開始・完了年着工 室町時代
廃城年1576年(天正4年)か
主な改修者
主な城主畠山尚順
遺構曲輪
指定文化財
復元状況

更新日:2022/08/19 03:44:12

野崎城の城メモ

野崎城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

野崎城の観光情報

野崎城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

野崎城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    23.33
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    23.22
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    25.88
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    29.59
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    29.50
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    27.87
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    26.67
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    26.07

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Rain / light rain
    27.28
  • 21日
    Rain / light rain
    30.59
  • 22日
    Clouds / broken clouds
    31.69
  • 23日
    Rain / light rain
    32.04

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

野崎城の地図

野崎城へのアクセス

野崎城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東西線・野崎駅から徒歩約20分
アクセス(クルマ)
  • 阪神高速13号東大阪線・水走ICから20分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    野崎城周辺の宿・ホテル

      アイ・アイ・ランド

      大阪市街や奈良市街から意外と近い癒し系リゾートホテル。人気の奈良公園へはお車で約30分。無料駐車場70台。マイクロバス、中型トラックも無料で駐車可。また研修や合宿に最適な会議室もございます。(評価:不明、参考料金:7,700円〜)

      寝屋川トレンドホテル

      <駐車場>無料!!提携駐車場を含め全室駐車場完備※提携駐車場まで徒歩約6分!1室につき1日1枚24時間無料チケットあります♪コンビニ徒歩5分☆他にもドラッグストア・24時間営業大型スーパーがあります☆(評価:4.2、参考料金:1,250円〜)

      石切温泉 ホテルセイリュウ

      大阪市内、神戸や京都、奈良まで30分~1時間以内。ビジネスやレジャーの拠点に!和室や洋室はもちろん、和洋室やプレミアムフロアまで多彩にご用意。食事も和洋中華料理まで様々なニーズにお応えします(評価:3.9、参考料金:6,792円〜)

      ホテル サンマルコ

      ◆東和薬品RACTABドーム◆三井アウトレットパークまで徒歩可◎大阪中心部へのアクセス抜群!JR鴻池新田駅より徒歩約12分駐車場:有り50台無料◆電車徒歩で乗換なし→京セラドーム60分→大阪城ホール40分(評価:3.8、参考料金:1,250円〜)

      ニューコマンダーホテル 大阪 <寝屋川>

      露天風呂付大浴場を完備した京阪「寝屋川市駅」最寄のホテル。有料駐車場完備。大阪市内はもちろん、京都方面にも乗り換えなしでアクセスできる好立地!■アパ パートナーホテルズ加盟店■(評価:4.1、参考料金:4,400円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    野崎城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 飯盛城
      • 飯盛城
        • 平均評価:★★★☆☆(107位)
        • 見学時間:1時間26分(25位)
        • 攻城人数:717人(172位)
        • 城までの距離:約1km
      • 大阪城
      • 大阪城
        • 平均評価:★★★★☆(17位)
        • 見学時間:1時間42分(11位)
        • 攻城人数:4251人(6位)
        • 城までの距離:約11km
    • より多くの
      城を見る

    河内の著名な城

    大阪府の著名な城

    野崎城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    野崎城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    最悪の将軍 (集英社文庫)

    江戸幕府の第五代将軍「徳川綱吉」を題材にした小説です。
    将軍になった経緯、綱吉の治世に対する考え方などが描かれます。綱吉の時代には、勅額火事、富士山噴火、赤穂事件などの災害・事件が多く発生しました。天変地異は将軍の行いが悪いからと信じられていた事もあり、綱吉は最悪の時代の将軍として苦悩を重ねていきます。
    読後には、犬公方だけでない綱吉を知り印象が少し変わりました。

    伝もものふ山田(ヤマー)さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る