紹介文

天筒山城は金ヶ崎城の支城で、朝倉氏が支配していました。1570年(元亀元年)の織田信長による越前侵攻の際は寺田采女丞が守将でした。信長軍は手筒山城を攻略し、ついで金ヶ崎城に攻め寄せましたが、浅井長政の離反により退却を迫られ、有名な「金ヶ崎の退き口」につながります。現在城址は「金ヶ崎公園」として公園化されており、観光用展望台が設置されています。遺構としては櫓台跡や堀切を確認することができます。

攻城団編集部

天筒山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

天筒山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 攻城口(手筒口)からコンクリート舗装された道が整備されており、多くの方が訪れる公園になっております。金ケ崎城とセットで1時間半で回れました。なお、城址から中池見湿地に向かう尾根筋に堀切、切岸、曲輪が辛うじてあります。(2019/09/26)
  • 金ヶ崎城から続けて攻城。道は整備させていますが苔が生えていて滑りやすくなっています。給水塔のような展望台があります。(2019/08/23)
  • 近くの永賞寺で大谷吉継を弔う。整備された道、スニーカーで問題なし。金ヶ崎城との間にある展望台からの景色は良い。(2019/08/11)
  • 金ヶ崎城からの遊歩道と手筒山城の見張り台下の曲輪との間の堀切が恐ろしくでかい。(2019/07/29)
  • 公園化で成形されていて縄張りがよくわからないが、北東の尾根沿いには堀切、土塁、曲輪らしきところがある。(2019/05/22)
  • 金ヶ崎城から尾根伝いに攻城。境目はなんとも言い難いが堀切、大堀切と見所あり。展望台から金ヶ崎城を眼下に見れるのがまた良い。(2019/05/10)
  • 皆様同様金ケ崎からの攻城でした。(2019/02/27)
  • 金ヶ崎城から続けて攻城。どこが境界線なのかわからないので金ヶ崎城の一の木戸の先からと言うことで。尾根道はコンクリート道、階段ですので歩きやすかったです。給水塔かと思っていた山頂の円筒が展望台で眺望は小雨ながら良かったです。帰りは大堀切の堀底から続く道を下りてみたら永巌寺にたどり着きました。(2018/11/04)
  • 敦賀駅から天筒入口まで徒歩で移動し登頂。 予想以上の急勾配。 山頂の展望台で休憩し、金ヶ崎側へ向かう。(2018/06/24)
  • 金ヶ崎城とセットで攻城しました。(2018/06/24)
すべてを表示(21コメント)

天筒山城について

天筒山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)171.3 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主
築城開始・完了年着工 南北朝時代か
廃城年1570年(元亀元年)
主な改修者
主な城主朝倉氏
遺構曲輪、堀切
指定文化財
復元状況

更新日:2019/10/23 00:39:49

天筒山城の城メモ

天筒山城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

天筒山城の観光情報

天筒山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

天筒山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    15.31
  • 06時
    Rain / light rain
    14.89
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    16.78
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    18.61
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    17.45
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    15.09
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    14.83
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    14.84

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    19.29
  • 25日
    Rain / light rain
    13.20
  • 26日
    Rain / light rain
    15.67
  • 27日
    Clouds / broken clouds
    17.22

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

天筒山城の地図

地図アプリで見る

福井県敦賀市天筒町

天筒山城へのアクセス

天筒山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR北陸本線・敦賀駅から徒歩50分
アクセス(クルマ)
  • 北陸自動車道・敦賀ICから10分
駐車場

あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    天筒山城周辺の宿・ホテル

      敦賀マンテンホテル駅前

      ☆ JR敦賀駅徒歩1分・男女別大浴場・シモンズ社製ベッド・個別ルームエアコン・温便座シャワートイレ・和洋朝食バイキング ☆ 安心・快適・清潔空間をご提供いたします ☆(評価:4.2、参考料金:4,250円〜)

      東横イン敦賀駅前

      JR敦賀駅前にあり改札を出て直進徒歩3分。立体駐車場60台収容可能(連泊様優先)。ホテル近くには飲食店舗も多くあり敦賀名産の海産物、ソースカツ丼で有名な店が多く、リーズナブルな値段です。(評価:3.7、参考料金:3,925円〜)

      ホテルセレクトイン敦賀

      リニューアルオープンキャンペーン実施中♪食事つきプランでの朝食は大好評!「おふくろの味和定食」(6:30~8:45)夕食は定番「カレーライス」(18:00~20:45)平面駐車場無料!(評価:3.7、参考料金:3,550円〜)

      ニューサンピア敦賀

      光明石(天然鉱石)の大浴場や広めのお部屋でゆったりとお楽しみ頂けます★春夏は芝生のグラウンド、秋冬にはアイススケートリンクでアクティビティも◎ぐるっと敦賀周遊バスのバス亭は、ホテル目の前♪(評価:3.8、参考料金:5,390円〜)

      越前若狭の地魚と海の絶景【海辺の宿長兵衛】朝焼け×波音×浜風

      ●秋プラン予約受付中『長兵衛カキ小屋』の季節がやってきました!●全8室オーシャンビュー展望風呂とシモンズベットが自慢の特別和洋室♪●『朝焼け』『波音』『浜風』と『敦賀湾の絶景』がおもてなし(評価:3.9、参考料金:5,440円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    天筒山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 玄蕃尾城
      • 玄蕃尾城
        • 平均評価:★★★★☆(59位)
        • 見学時間:1時間6分(123位)
        • 攻城人数:320人(189位)
        • 城までの距離:約11km
      • 国吉城
      • 国吉城
        • 平均評価:★★★☆☆(150位)
        • 見学時間:1時間11分(88位)
        • 攻城人数:328人(178位)
        • 城までの距離:約12km
    • より多くの
      城を見る

    越前の著名な城

    福井県の著名な城

    天筒山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    天筒山城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    村上義清と信濃村上氏―坂城町信濃村上氏フォーラム記念誌

    信州大学の先生が、北信濃の戦国大名 村上氏のお膝元である坂城町で行った講演を書籍化したものです。
    村上氏(因島村上水軍も出てきます)に興味のある方限定ですが、郷土の歴史が楽しく学べます。また、坂城町が郷土の歴史を活用した町おこしについて奮闘している様子も書かれており、好感が持てます。

    茶々さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る