紹介文

石戸城は太田道灌岩槻城川越城松山城のつなぎの城として築いた城です。1562年(永禄5年)、「石戸城の戦い」の舞台となった城でもあります。このとき北条氏邦が夜間に沼地に土を持って築いた「一夜堤」は自然遊歩道の一部として現在も残っています。徳川家康の関東入封後は牧野康成に与えられましたが、康成は川田谷に陣屋を構えたため廃城となりました。現在、城址の大半は私有地のため立入禁止となっていますので見学の際は注意してください。また近隣の東光寺境内には日本五大桜のひとつに数えられる「石戸蒲ザクラ」があり、春には大勢の花見客でにぎわいます。

石戸城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

石戸城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(14コメント)

    石戸城について

    石戸城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    平山城

    標高(比高)

    12.3 m( 6 m)

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    太田道灌

    築城開始・完了年

    着工 長禄年間(長禄元年〜長禄4年)

    廃城年

     

    主な改修者

    主な城主

    藤田八右衛門(扇谷上杉氏)、太田氏、毛利丹後守(上杉氏)、依田大膳亮(北条氏)

    遺構

    土塁、水堀

    指定文化財

    復元状況

    石戸城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態平山城
    標高(比高)12.3 m( 6 m )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主太田道灌
    築城開始・完了年着工 長禄年間(長禄元年〜長禄4年)
    廃城年
    主な改修者
    主な城主藤田八右衛門(扇谷上杉氏)、太田氏、毛利丹後守(上杉氏)、依田大膳亮(北条氏)
    遺構土塁、水堀
    指定文化財
    復元状況

    更新日:2024/04/18 03:36:29

    石戸城の城メモ

    石戸城の見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    石戸城の観光情報

    石戸城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    石戸城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    石戸城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(18日)の天気

    • 03時
      Clouds / overcast clouds
      18.86
    • 06時
      Clouds / overcast clouds
      18.20
    • 09時
      Clouds / overcast clouds
      18.64
    • 12時
      Clouds / overcast clouds
      18.90
    • 15時
      Rain / light rain
      15.92
    • 18時
      Rain / light rain
      14.55
    • 21時
      Rain / light rain
      13.42
    • 00時
      Rain / light rain
      14.12

    明日以降の天気(正午時点)

    • 19日
      Clouds / scattered clouds
      23.40
    • 20日
      Clouds / overcast clouds
      23.74
    • 21日
      Clouds / overcast clouds
      19.06
    • 22日
      Clouds / overcast clouds
      20.84

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    石戸城の地図

    石戸城へのアクセス

    石戸城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR高崎線・北本駅から川越観光バス「北里大学メディカルセンター行き」に乗り15分、「自然観察公園前」バス停下車、徒歩15分

    アクセス(クルマ)

    • 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)・桶川北本ICから5分

    駐車場

    石屋下駐車場(無料、約50台)

    石戸城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR高崎線・北本駅から川越観光バス「北里大学メディカルセンター行き」に乗り15分、「自然観察公園前」バス停下車、徒歩15分
    アクセス(クルマ)
    • 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)・桶川北本ICから5分
    駐車場

    石屋下駐車場(無料、約50台)

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      石戸城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        ザ・セレクトン北本駅前

        全室禁煙・清潔感抜群のクリーンホテル!駅は目の前、コンビニ・居酒屋も近くにある便利な環境が自慢です。男女別大浴場とサータ製ベッドでゆっくり疲れを癒せます。夜は無料の夜鳴きラーメンサービスも♪(評価:4.3、参考料金:3,370円〜)

        北本天然温泉 ハナホテル北本

        無料朝食、天然温泉、駐車場有り!(評価:4.6、参考料金:3,125円〜)

        アイホテル上尾

        東京駅・新宿駅まで45分圏内と利便性高くビジネスの拠点として他、さいたまスーパーアリーナ・鉄道博物館などへのアクセス良好と、幅広く利用出来る充実した設備を揃えております。(評価:3.8、参考料金:4,750円〜)

        ホテルメイツ上尾

        朝食無料サービス付、フリードリンクサービス、シャンプーバーのサービス等、ご用意しております。無料wi-fiもご利用頂けます。駐車場は無料となりますが、先着順となります。(評価:3.9、参考料金:5,250円〜)

        松村屋旅館

        蔵造りの街並みが印象的な人気観光地川越の中心地「菓子屋横丁」や「時の鐘」は歩いてすぐ。こぢんまりとした歴史ある旅館は全14室の和室。大浴場もあり、のんびりお寛ぎいただけます。(評価:4.5、参考料金:7,250円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      石戸城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 川越城
        • 川越城
          • 平均評価:★★★☆☆(78位)
          • 見学時間:54分(85位)
          • 攻城人数:2548人(43位)
          • 城までの距離:約9km
        • 忍城
        • 忍城
          • 平均評価:★★★☆☆(88位)
          • 見学時間:56分(82位)
          • 攻城人数:2139人(63位)
          • 城までの距離:約15km
      • より多くの
        城を見る

      武蔵の著名な城

      埼玉県の著名な城

      石戸城といっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      石戸城を本城にしている団員

      以下のみなさんが石戸城を本城として登録しています。

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      天下 家康伝 上 (文春文庫)

      徳川家康の生涯を描いた小説です。
      大阪の陣が終わり江戸から駿府に向かう途中、泉頭の地で過去を回想する場面から始まります。一向一揆との戦い、三方ヶ原での敗北、嫡男信康の自刃、伊賀越えの窮地、小牧・長久手での辛酸、多くの出来事が家康の心情とともに描かれます。「家康の考える天下とは何か」が物語の主軸となっており、家康の生き様を感じることができました。
      本作品は大河ドラマ「天地人」の原作者でもある火坂雅志氏の遺作になります。

      伝もものふ山田(ヤマー)さん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る