攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

墨俣城を攻城(3)一夜城の謎

この手の資料館ではだいたい10分程度のビデオ上映コーナーがあるんですけど、墨俣一夜城歴史資料館にもありました。

DSC01049

これを見ると、秀吉がどうやって一夜で築城できたのかがわかります。
(まあ準備も含めると一夜じゃないんだけど)

なぜ一夜で築城できたのか

このへんの話は『武功夜話』(前野家古文書)が元になっていますが、簡単にいうと現代のプレハブ工法を採用したというのが成功のポイントです。つまり加工済みの木材を一気に運び入れて、組み立てたわけですね。 DSC01045 伐採した場所や陸揚げして加工した場所などが地図で示されてましたが、よくもまあ斉藤側にバレなかったなと。 DSC01042 秀吉のすごさは奇抜な発想力とその実行力だけではなく、それを実現する際の情報統制力にあるんでしょうね。 このときも墨俣築城のための行動を、北伊勢攻めのためのものだとウソの情報を乱破(ようはスパイですね)を通じて流させたそうです。 小学校の図書室に置いてあるような歴史マンガだと、美濃領内にある長良川の上流にある山で木を伐採して、それを筏(いかだ)にして蜂須賀小六たちが乗って、川を下り、墨俣で築城する、というような紹介をされてますが、じっさいは犬山城のほうにある山で伐採して、途中でいったん陸揚げして加工してるんですね。 犬山城は1564年の時点で信長が攻め取っているので、準備はすべて織田家の領内で行われたことになります。 これはうちにある「学研まんが」版の織田信長の伝記で紹介されている、墨俣一夜城のシーンです。だいたいこんなふうに記憶されてる方も多いんじゃないでしょうか。 写真 子どもの頃に学んだ歴史をくつがえすようなことがけっこうあって、そういうのを新たに学んでいくことがとても楽しいです。まさに大人の教養ですよね。 この墨俣一夜城に関しても、信長に関する史料として非常に評価が高い『信長公記』にいっさい記述がないことなどを理由に、『武功夜話』も偽書なのかもしれないという話がありますが、ちょうど来月(2月2日)にこんな講演会も開催されるそうです。 じっさいのところはどうなんでしょうね。 つづきます。
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

城たび〈姫ちゃりで巡る、姫路城中堀周回ツアー〉を開催しました

  • 城たび
  • 開催レポート

先週の土曜日に城たび〈姫ちゃりで巡る、姫路城中堀周回ツアー〉を開催しました。めちゃくちゃ楽しかったです。ツアー中の写真をたくさん撮ってきたので、バーチャルツアーっぽく追体験してみてください。

つづきを読む

城がたりで語り合いましょう

  • お知らせ

講演会やセミナーで教わったこと、現地説明会で聞いたこと、読んだ本の感想、訪問したお城の見どころ等々、自分が知ったことを持ち寄って「城がたり」でシェアしませんか。

つづきを読む

丸山城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

扇谷上杉氏が北条早雲に備えるために築いた城で、太田道灌の最期の地としても知られる丸山城にも攻城団のチラシを置いていただきました。伊勢原駅にある駅ナカ クルリンハウス(伊勢原駅観光案内所)で入手できます。

つづきを読む

大桑城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

美濃守護・土岐頼芸の居城で、現在は城址までの登山道が整備されている大桑城にも攻城団のチラシを置いていただきました。はじかみ林道、古山城登山道とそれぞれの登山口で入手できます。

つづきを読む

具志川グスクにチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

沖縄本島の南端に位置し、見事な琉球石灰岩の石垣が残る具志川グスクにも攻城団のチラシを置いていただきました。道の駅いとまん情報館で入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る