紹介文

多羅城は「関ケ原の戦い」後に高木貞利によって築かれました。高木氏は、貞利の本家(西家)とは別に、分家の高木貞友(東家)、高木貞俊(北家)と三家あったため、それぞれ西高木家・東高木家・北高木家と呼ばれ、それぞれ陣屋を構えていました。そのため西高木家陣屋とも呼ばれています。現在、城址には大垣市上石津資料館が建てられており、西高木家陣屋の資料が展示されています。また、資料館の横には陣屋下屋敷にあった長屋門が移築されています。

多羅城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

多羅城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 陣屋跡に建つ上石津郷土歴史資料館を見学してから散策するのをお勧めします。 埋門跡から陣屋跡東側下へと続く石垣が見所です。(2023/09/14訪問)
  • 上石津郷土資料館前に駐車場有。資料館見学後、30分程で周囲の城址を歩き回りました。長屋門(移築)、陣屋跡(非公開)、土蔵の現存建造物以外に、東側の坂の下の石垣、埋門は見応えがあります。また、土蔵横の旧伊勢街道の切通しと陣屋跡北側上部の石垣のほか、資料館裏に土塁らしきものもありました。(2020/12/09訪問)
  • 資料館周辺にある、西高木家陣屋跡の長屋門や石垣を見学。 多羅城の推定地は諸説あるようで、時間があればそれぞれ回ってみても良さそうです。(2020/12/05訪問)
  • 前回は雨天訪城だったので、晴れの日に撮影したく再訪。ささっと撮って次に向かおうと、上石津郷土資料館でトイレを拝借すると土のお城もあるとのこと。ご丁寧に城ケ平城と樫原城、両城の案内を頂けたので急遽転進。両城共に単郭で、城ケ平城は虎口が樫原城は堀切と横堀が見所。城ケ平城登城口(位置情報)、樫原城登城口(位置情報)、共に駐車スペ……(2020/11/01訪問)
  • 西高木家陣屋跡は上石津資料館になっています。周辺には山城址などが確認されているということです。(2020/10/13訪問)
  • 名阪近鉄バス宮バス停の横に陣屋石垣があります。高木三家からなる陣屋跡には、長屋門、土蔵、石垣が残っており、特に石垣がオススメです。見学の前に上石津郷土資料館(100円)を訪れるとより良く分かります。また、付近にある城ケ平城も面白い縄張りで、綺麗に手入れがなされており、これもオススメです。(2020/09/14訪問)
  • バスで訪問して、時間があるので城が平まで足を伸ばしましたが、入り口に「ヒルがわいてます」表示があったため、ヒルんで引き返してしまいました。やっぱり山城は冬に行くべきですね。バスはいつ廃止されてもおかしくない乗車率でした。(2020/08/14訪問)
  • 大垣市上石津資料館駐車場を利用。資料館の奥(北)に長屋門、東に立派な石垣があります。(2020/06/14訪問)
すべてを表示(22コメント)

多羅城について

多羅城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

陣屋平城

標高(比高)

128.8 m( 20 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

高木貞利

築城開始・完了年

着工 1601年(慶長6年)

廃城年

 

主な改修者

主な城主

高木氏

遺構

長屋門、土蔵(東高木家陣屋)、石垣、土塁

指定文化財

復元状況

多羅城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態陣屋平城
標高(比高)128.8 m( 20 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主高木貞利
築城開始・完了年着工 1601年(慶長6年)
廃城年
主な改修者
主な城主高木氏
遺構長屋門、土蔵(東高木家陣屋)、石垣、土塁
指定文化財
復元状況

更新日:2024/03/04 03:32:47

多羅城の観光情報

多羅城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

多羅城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

多羅城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(04日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    2.78
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    3.73
  • 09時
    Rain / light rain
    7.19
  • 12時
    Rain / light rain
    10.17
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    9.66
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    6.10
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    4.90
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    4.69

明日以降の天気(正午時点)

  • 05日
    Rain / light rain
    4.64
  • 06日
    Rain / light rain
    6.32
  • 07日
    Clouds / scattered clouds
    8.60
  • 08日
    Clouds / scattered clouds
    7.15

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

多羅城の地図

多羅城へのアクセス

多羅城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR東海道本線・大垣駅から名阪近鉄バス「多良・宮行き」に乗り「宮」バス停下車、徒歩すぐ

アクセス(クルマ)

  • 名神高速道路・関ケ原ICから15分

駐車場

上石津郷土資料館駐車場(無料)

多羅城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道本線・大垣駅から名阪近鉄バス「多良・宮行き」に乗り「宮」バス停下車、徒歩すぐ
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・関ケ原ICから15分
駐車場

上石津郷土資料館駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    多羅城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      1日6組限定 大人の絶景隠れ宿 滝元館 遊季の里(ゆきのさと)

      名古屋から車で1時間弱。養老の滝間近の当館から見える『濃尾平野の夜景』はまさに宝石のよう四季折々の大自然の静寂と、美食に癒される。24時間ステイやエステなどそれぞれの時間をお愉しみください(評価:4.6、参考料金:15,900円〜)

      千歳楼(せんざいろう)

      創業1764年、明治・大正浪漫漂う建物は非日常を演出します。数多くの作家や芸術家が愛した客室は全て趣きがあります。基本の四季会席コースは勿論、味わい風味豊かな飛騨牛プランもお勧めです。(評価:4.2、参考料金:11,000円〜)

      清風楼

      清風楼は養老の山々に囲まれた小さな宿です。選ばれた季節の食材を心を込めて料理に、きっと満足いただけると思います。大切な方とのゆったりとした食事の時間、会話の時を過ごしください。(評価:4.6、参考料金:19,000円〜)

      HOTEL R9 The Yard 垂井

      大垣西IC/養老スマートICより車で10分!名古屋市・岐阜市へも好アクセス◎独立客室で快適な滞在を♪(評価:4.3、参考料金:3,600円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    多羅城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 鎌刃城
      • 鎌刃城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間29分(--位)
        • 攻城人数:901人(171位)
        • 城までの距離:約13km
      • 大垣城
      • 大垣城
        • 平均評価:★★★☆☆(75位)
        • 見学時間:54分(82位)
        • 攻城人数:2789人(32位)
        • 城までの距離:約15km
    • より多くの
      城を見る

    美濃の著名な城

    岐阜県の著名な城

    多羅城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    多羅城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    越後史跡紀行 歴史と人物

    地元の方に教えて頂いた本です。昨年末(2018年)に出版されています。もともと新潟日報に連載されていたものを地域別にまとめています。

    まーPさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る