岡崎城
岡崎城

[愛知県][三河] 愛知県岡崎市康生町561


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.47(97位)
  • 見学時間:1時間20分(56位)
  • 攻城人数:1832(12位)

大手門

岡崎城の大手門は1993年(平成5年)に再建されました。
当時の大手門の位置とは異なりますが、高さ11m、幅16.4mとかなり立派な櫓門です。

石垣には地元産のみがげ石を使用し、入母屋造りの屋根には江戸物本瓦が葺かれています。

大手門の前にある石碑です。

岡崎城大手門
 この大手門は、岡崎公園の表玄関にふさわしい建物として建設したものです。
 本来の岡崎城大手門は、現在の浄瑠璃寺の南(北東約二〇〇メートル)にありました。
 江戸時代の記録によれば大手門は「桁行十間、梁行二間四尺」でした。

内側から見た大手門です。

大手門をくぐったところに岡崎城跡の案内板があります。

岡崎市指定文化財
史跡 岡崎城跡
 享徳元年(一四五二)または康正元年(一四五五)、明大寺に居館を構えていた西郷弾正左衛門頼嗣(青海入道)が菅生川の北岸に砦となる城を築いたのが岡崎城の始まりである。その後、安祥城主から岡崎城主となった松平清康は享禄四年(一五三一)にこの地を本拠とし、本格的な岡崎城を構えた。
 天文十一年(一五四二)十二月二十六日に城中で徳川家康が誕生しており、城内にはえな塚、産湯の井が残る。
 天正十八年(一五九〇)に豊臣秀吉の武将であった田中吉政が入城。城郭を拡張して東海道を城下に引き入れ、城の東・北・西に惣構えの堀を巡らし、近世の岡崎城と城下町の基礎づくりを行った。
 江戸時代は石高五万石の譜代大名(前本多家四代―水野家七代―松平家一代―後本多家六代)の居城となり、その間たびたび修復が行われた。
 明治維新後、天守閣以下の建物は明治六年(一八七三)に取り壊され、本丸・二の丸など主要部分は明治八年に岡崎公園となった。現在の天守閣は昭和三四年の再建である。
 昭和三十七年六月十五日指定岡崎市教育委員会
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

岡崎城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版

幕末から昭和にかけて、
レンズにおさめられた貴重な城郭が
惜しみなく掲載されている。
廃城令や戦災で失われた城も多く、
一般に発売されている資料としては
超一級品だと思う。
事前に見てから攻城すると、
天守閣がなくなっていたり、
遺構が少ない城跡でも、
当時の情景が重ねられて、
タイムスリップできた気分になれる。
城好きには一家に一冊あって
絶対損しない資料。

玄之丞さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る