出石城
出石城

[兵庫県][但馬] 兵庫県豊岡市出石町内町


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.17(194位)
  • 見学時間:51分(209位)
  • 攻城人数:615(118位)

川崎尚之助の供養塔と生家跡

大河ドラマ『八重の桜』にも登場した、八重の最初の夫である川崎尚之助は出石藩出身です。

『八重の桜』をご覧になった方ならご存知だと思いますが、会津戦争後、尚之助は現在の青森県東部に立藩した斗南藩(となみはん)に他の元会津藩士とともに移住しています。

その後、外国商人と米の取引を行うが詐欺に遭ってしまったために訴訟を起こされ、裁判中の東京で肺炎のため死去しました。

尚之助の実家である出石の川崎家は代々、出石町東條にある臨済宗・願成寺が菩提寺でした。
現在、その願成寺の前に石碑が建てられています。

出石藩出身の川崎尚之助(かわさきしょうのすけ)
 尚之助は天保7年、本町に住む藩士・川崎才兵衛の家に生まれます。江戸の高名な塾で洋楽を学び、同門の会津藩士・山本覚馬と出会い、維新期の数奇な運命をたどることになります。会津藩校の日新館では覚馬と共に洋楽・砲術を教授し、妹・八重とも結ばれます。新政府軍と戦った会津籠城戦では、夫婦ともども銃と大砲で最後まで奮戦しました。戦後の混乱期に八重と別れることになりますが、会津との縁を重んじ、同志のために悲壮なまでの覚悟で奔走し、尽力した人物です。 学問と義と愛に一途に生きた男の顕彰と供養のために
平成25年1月吉日 石碑建立世話人一同

じつは尚之助の出自は長きにわたって不詳だったそうですが、2012年5月に歴史研究家・あさくらゆうこさんたちの調査によって出石藩出身らしいと判明したそうです。

願成寺に残る墓籍台帳を手がかりにして、「川光院清嵜静友居士」という尚之助の戒名と一致する戒名を刻んだ墓碑が昭和40年頃まであったらしいことがわかりました。
(現在は川崎家も代々の墓も香美町に移ったそうです)

その墓碑には尚之助の死没年月日と同じ日付が記されていたため、まずまちがいなく尚之助の墓と結論づけられました。

ちなみにこの供養塔は大河ドラマ放送にあわせて2013年(平成25年)1月に建てられたものです。

町内には生家跡の案内板もありますが、現在は化粧品店になっています。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

出石城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上義清と信濃村上氏―坂城町信濃村上氏フォーラム記念誌

信州大学の先生が、北信濃の戦国大名 村上氏のお膝元である坂城町で行った講演を書籍化したものです。
村上氏(因島村上水軍も出てきます)に興味のある方限定ですが、郷土の歴史が楽しく学べます。また、坂城町が郷土の歴史を活用した町おこしについて奮闘している様子も書かれており、好感が持てます。

茶々さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る