紹介文

鬼ヶ城(鬼ヶ城本城)は有馬和泉守忠親が隠居城として築いた城です。1558年(永禄元年)に有馬氏が堀内氏に滅ぼされると、堀内氏は豊臣秀吉に仕え「関ケ原の戦い」までこの地を治めました。熊野水軍を率いた堀内氏善は領地を没収されると、加藤清正に仕えて熊本に移りました。現在城址には熊野古道・松本峠と連結するハイキングコースが整備されており、石垣や掘切などの遺構を確認することができます。また鬼の見晴台といわれる展望台からは、熊野灘が一望できるほか、2000本の桜が植えられ花見の名所となっています。山麓には、世界遺産、そして国の天然記念物および名勝に指定されている「鬼ヶ城」がある城跡としても知られています。

攻城団編集部

鬼ヶ城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

鬼ヶ城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 熊野市駅より松本峠経由で北尾根から。見所である堀切から主郭へ入る。(2019/02/07)
  • 鬼ヶ城センターの無料駐車場を利用、同センターのバス専用駐車場脇の鬼ヶ城城跡の案内板に従い登城。世界遺産の景勝地鬼ヶ城とは別物です。(2019/05/04)
  • 2015年の大晦日に日の出絶景を撮りに行きました。その時はここが城だと知りませんでした。(2015/12/31)
  • 社員旅行で訪れました。鬼ヶ城という名前にお城に関係があるのかな?と多少は考えましたが、あまり意識することなく世界遺産の獅子岩等々を見学しました。なので、再度攻城する際は城跡ということを意識しながら攻城したいです。 中国からの観光客が多く、トイレに中国語で使用上の注意がされていたのが印象的でした。(2015/11/17)
  • 城自体はよくある小規模な山城ですが直下の海岸に広がる世界遺産の奇岩群は必見です。観光客が少ない早朝だったのでよかったです。(2019/01/06)
  • 鬼ヶ城センターの駐車場に駐車、駐車場の敷地内の北西に曲がった部分に登城口があり、駐車場の南に行くと世界遺産の崖が見られます。(注意 駐車場の南から世界遺産の崖に行く道からは、鬼ヶ城には行けません。)城の遺構としては石垣のようなものや明らかに人工的に平たくなっているところなどがありました。(2019/02/09)
  • たくさんの写真を撮りましたが、改めて過去の投稿写真を見ると、重複したアングルが多いので投稿を止めました。弥一左衛門さんをはじめ素晴らしい作品が投稿されていますので、皆さん是非ご覧ください。岩石に覆われた、つづら折りの坂道を登る苦しさを忘れますよ。(2018/05/25)
  • 観光客の方々が沢山いましたが、城跡には私しか居ませんでした。(2018/06/02)
  • 鬼ヶ城センター駐車場の入り口近くの登城口から攻城しました。登城途中には石がゴロゴロしていて、石垣が崩れた石なのか、自然石なのか判断出来ずでした。(2018/05/17)
  • 時間の都合で海沿いの岩場のみ散策。熊野灘の険しさがよく分かりました(2018/04/17)
すべてを表示(19コメント)

鬼ヶ城について

鬼ヶ城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)153 m( 150 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主有馬忠親
築城開始・完了年着工 1523年(大永3年)
廃城年
主な改修者
主な城主有馬氏
遺構曲輪、堀切
指定文化財世界遺産
復元状況

更新日:2019/09/20 05:15:47

鬼ヶ城の城メモ

鬼ヶ城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

鬼ヶ城の観光情報

鬼ヶ城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

鬼ヶ城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(20日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    15.86
  • 06時
    Rain / light rain
    17.45
  • 09時
    Rain / light rain
    20.96
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    20.06
  • 15時
    Rain / light rain
    18.35
  • 18時
    Rain / light rain
    17.55
  • 21時
    Rain / light rain
    17.45
  • 00時
    Rain / light rain
    17.09

明日以降の天気(正午時点)

  • 21日
    Rain / light rain
    17.56
  • 22日
    Rain / moderate rain
    21.19
  • 23日
    Rain / light rain
    23.25
  • 24日
    Clouds / few clouds
    25.02

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

鬼ヶ城の地図

地図アプリで見る

三重県熊野市木本町1835

鬼ヶ城へのアクセス

鬼ヶ城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR紀勢本線・大泊駅から徒歩約23分
  • JR紀勢本線・熊野市駅から「大又大久保行き」バスに乗り約5分、「鬼ヶ城東口」バス停下車すぐ
アクセス(クルマ)
  • 紀勢自動車道・尾鷲北ICから36分
駐車場
  • 鬼ヶ城センター駐車場(無料、70台)
  • 鬼ヶ城センターから山頂まで徒歩約20分

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    鬼ヶ城周辺の宿・ホテル

      ホテルなみ

      熊野古道歩きに最適です!海水浴場まで徒歩10分の好立地☆ミ浴場完備、全室無線・有線LAN接続可能(無料)、ウォシュレット、加湿空気清浄機完備★無料送迎・EV充電器設置店舗・無料駐車場あり★(評価:4.1、参考料金:5,450円〜)

      みはらし亭

      三重県熊野市の中心部にあり、駅からも徒歩4分。便利性の良い立地はビジネス利用はもちろん、観光の拠点としても適しています。心温まるお食事に、熊野の悠久の歴史や大自然をお楽しみください。(評価:3.7、参考料金:4,015円〜)

      ビジネスホテル河上

      観光スホ°ットの鬼ヶ城や獅子岩、熊野古道、花の窟等も近く熊野市街地の中心と好立地!全室ハ゛ストイレ付有線・無線LAN、ウォシュレット、空気清浄機(お申し出下さい)完備。JR熊野市駅より徒歩5分です(評価:4.0、参考料金:5,000円〜)

      熊野の宿 海ひかり

      【温泉】当館敷地内から湧き出した自家源泉・熊野温泉でお寛ぎ下さい【 食 】熊野の海山の幸を使用!夕・朝食ともご当地食材にこだわりました【絶景】お部屋から大浴場から…熊野灘の水平線が広がります(評価:4.2、参考料金:6,200円〜)

      世界遺産リゾート 熊野倶楽部

      【ミシュランガイド三重2019】旅館部門,最高ランク受賞。全室スイート×美食オールインクルーシブのリゾートステイを。フリードリンク,Bar無料,ハイブランドアメニティ等サービス多数でおもてなしいたします(評価:4.2、参考料金:8,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    鬼ヶ城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 赤木城
      • 赤木城
        • 平均評価:★★★★☆(70位)
        • 見学時間:53分(196位)
        • 攻城人数:318人(179位)
        • 城までの距離:約14km
      • 新宮城
      • 新宮城
        • 平均評価:★★★☆☆(124位)
        • 見学時間:56分(175位)
        • 攻城人数:327人(174位)
        • 城までの距離:約21km
    • より多くの
      城を見る

    紀伊の著名な城

    三重県の著名な城

    鬼ヶ城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    鬼ヶ城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    本庄氏と色部氏 (中世武士選書 第 9巻)

    中世武士選書シリーズはすべて渋すぎるラインナップだと思っていますが、その最たるものの一つではないでしょうか。本庄氏・色部氏と聞いて「ああ、上杉の」と言える人はどれくらいいるでしょうか。そんなローカルネタ満載のこの本を紹介する理由は、本庄繁長が大好きだからです。村上城・平林城が気にいった方々ならさらにオススメします。謙信登場前史も面白いですよ。

    まーPさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る