紹介文

壁田城は高梨氏の支城で、家臣の山田氏が城主をつとめていました。千曲川東岸の河岸段丘上に築かれ、善光寺平と飯山城の間にある境目の城でした。「川中島の戦い」初期には上杉氏の兵站基地として利用されましたが、1566年(永禄9年)、武田信玄が北信地方に侵攻すると、城主の山田飛騨守・山田左衛門尉は武田氏に降りました。その後は千曲川対岸の替佐城とともに、上杉氏の拠点である飯山城に対する武田方の最前線の拠点として使われました。現在城址には本丸跡に長丘神社が建てられており、曲輪や堀切などの遺構が確認できます。

壁田城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

壁田城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • Googleマップの案内で、城跡直下の専用駐車場(3~4台)までピンポイント案内。尾根筋に曲輪と堀切を交互に配置する縄張で、シンプルですが楽しめる山城となっています。(2022/11/26訪問)
  • 城北側に延びる林道の終点に2台ほど駐車可能なスペースあり。林道入り口は案内看板が一切ないので下調べしてないと気づけません。城自体最近は手が入っていないのか草が茂っていました。(2021/06/06訪問)
  • 城址北側の登城口付近まで、車で行けました。 木々が生い茂り、眺望は望めませんでした。(2019/10/05訪問)
  • 尾根筋に作られた道路を登っていき、行き止まりが駐車場。堀切が堀切らしく、郭は郭らしく残っていて、久々に山城を楽しめました。(2016/11/03訪問)
  • 曲輪の間の堀切がしっかりと残っています。(2020/11/22訪問)
  • 主要部は手入れがされています。連続畝堀や竪掘は藪の中でしたが、見応えはあります。(2014/11/12訪問)
すべてを表示(6コメント)

壁田城について

壁田城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

連郭式

縄張形態

山城

標高(比高)

490 m( 150 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

山田豊前守

築城開始・完了年

廃城年

1582年(天正10年)

主な改修者

武田氏

主な城主

山田氏(高梨氏)

遺構

曲輪、堀切、畝状竪堀群

指定文化財

復元状況

壁田城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)490 m( 150 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主山田豊前守
築城開始・完了年
廃城年1582年(天正10年)
主な改修者武田氏
主な城主山田氏(高梨氏)
遺構曲輪、堀切、畝状竪堀群
指定文化財
復元状況

登録日:2016/09/24 20:33:12

更新日:2024/07/26 03:39:38

壁田城の城メモ

壁田城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

壁田城の観光情報

壁田城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

壁田城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

壁田城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(26日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    22.18
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    23.05
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    28.72
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    31.58
  • 15時
    Rain / light rain
    31.74
  • 18時
    Rain / light rain
    26.17
  • 21時
    Rain / moderate rain
    24.11
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    23.67

明日以降の天気(正午時点)

  • 27日
    Rain / light rain
    32.33
  • 28日
    Clouds / overcast clouds
    31.57
  • 29日
    Rain / light rain
    29.31
  • 30日
    Rain / light rain
    24.31

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

壁田城の地図

壁田城へのアクセス

壁田城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR飯山線・蓮駅から徒歩45分

アクセス(クルマ)

  • 上信越自動車道・豊田飯山ICから20分

駐車場

  • 林道終点(弁天広場)に駐車スペースあり(約5台)
  • 国昌寺駐車場(約5台)

壁田城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR飯山線・蓮駅から徒歩45分
アクセス(クルマ)
  • 上信越自動車道・豊田飯山ICから20分
駐車場
  • 林道終点(弁天広場)に駐車スペースあり(約5台)
  • 国昌寺駐車場(約5台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    壁田城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      ホテルルートイン中野

      冬は言わずと知れたスキー、スノボーのメッカ “志賀高原”、そして栗と北斎のまち “小布施”、またまた “湯田中・渋温泉” “野沢温泉”などなど、北信州の観光拠点として、とても便利な場所に立地♪ (評価:4.2、参考料金:6,550円〜)

      ルートインGrand中野小布施

      ◆天然温泉大浴場◆バイキング朝食(有料)『スキー場や観光地へのアクセスも抜群♪』 志賀高原中央・北志賀高原…車で約30分◆地獄谷野猿公苑◆小布施町◆SORA terrace◆善光寺◆戸隠神社(評価:4.5、参考料金:6,325円〜)

      Tabist トラベルイン 信州中野

      信州中野ICから3分という好立地でビジネスに最適!小布施や志賀高原にも近いため観光にもご利用ください(評価:3.8、参考料金:4,365円〜)

      よませ温泉 ペットと泊まれる温泉宿 パディントンハウス

      【小型犬~大型犬・猫 受け入れ可能】初めてのペット連れ旅行にも安心の設備■ペット専用温泉露天風呂やドッグランで遊んだ後は一緒にご飯も♪よませ温泉24時間入浴可能♪りんごで育った信州牛の贅沢プラン(評価:4.7、参考料金:8,600円〜)

      信州湯田中温泉 ホテルゆだなか

      湯田中温泉エリア最大規模の温泉大浴場とサウナがお楽しみ頂けます。大型駐車場・コワーキングスペースも無料◆源泉掛け流しのしっとりすべすべの良質温泉を堪能◆客室は10畳以上◆湯田中駅徒歩3分(評価:3.8、参考料金:5,747円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    壁田城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 松代城
      • 松代城
        • 平均評価:★★★☆☆(67位)
        • 見学時間:54分(86位)
        • 攻城人数:2667人(42位)
        • 城までの距離:約27km
      • 鮫ヶ尾城
      • 鮫ヶ尾城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間14分(--位)
        • 攻城人数:866人(182位)
        • 城までの距離:約31km
    • より多くの
      城を見る

    信濃の著名な城

    長野県の著名な城

    壁田城といっしょに旅行するのにオススメの城

    壁田城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城

    2022年3月に増刷と聞き予約して購入。帯に「在りし日の城の姿!」とある。初版同様、100城全126点。精密な鳥瞰・復元イラストには構造としての城だけでなく、人々の営みも書き込まれているものも多くて気に入ってます。人々が関わってこその城だと思うので。
    石垣山城は天守台建設中で人々が土木工事をしてるし、杉山城では堀に渡された木橋を人が通ってます。亀居城に舟入があったことはこの本で知りました。伏見城のページには在りし日の巨椋池が広がっています。城が躍動していた頃の姿を眺めてうっとりするのはロマンと言うのかな。出版社はワン・パブリッシング。

    山鳩さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る