攻城団からのお知らせ

新連載「戦国時代の境界大名」がはじまります

本日から榎本先生の連載「戦国時代の境界大名」をブログで公開していきます。
この連載も過去に出版された『戦国「境界大名」16家』をもとに再編集したものです。

なんといっても「境界大名」という言葉がいいですね。
思えば近年放送された大河ドラマ「真田丸」の真田家、「おんな城主 直虎」の井伊家はまさに「境界大名」で、この連載でもしっかり紹介されています。それぞれのドラマをご覧になられた方ならおわかりのとおり、両家とも順風満帆な出世ではありませんでした。

真田家は武田家の滅亡とともに織田家に従うものの、「本能寺の変」後に勃発した「天正壬午の乱」では次々と従属先を変えて生き残りをはかりましたし、「関ヶ原の戦い」では親子で東西にわかれることとなりました。その結果、真田家は松代藩10万石として幕末まで存続します。

井伊家の歴史も波乱に満ちています。当主である井伊直親が忙殺されると、謎の城主(これが大河ドラマの主人公・直虎)が暫定的な当主となり、やがて直親の嫡男である直政が徳川家康の側近となり、やがて「徳川四天王」と呼ばれるまでの大出世を遂げたわけですが、井伊家は江戸時代も譜代大名の中心的存在となります。

ほかにも相馬家、諏訪家、奥平家、小笠原家、松浦家などなど、国衆から元守護までさまざまな大名家が紹介されています。
織田家と武田家にはさまれた遠山家、大友家と島津家にはさまれた伊東家など、典型的な境界大名がどのように立ち回ったのかという切り口で歴史を見てみるのもおもしろいと思います。

最後に榎本先生からコメントをいただけたのでご紹介します!

第1回「井伊氏――大勢力の狭間で内紛と戦乱の危機を乗り越える」を読む

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

上山城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

最上氏の城として伊達氏や上杉氏との攻防の舞台となり、江戸時代には近世城郭として整備され「羽州の名城」と謳われた上山城にも攻城団のチラシを置いていただきました。上山城郷土資料館の受付ホールで入手できます。

つづきを読む

鞠智城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

教科書にも出てくる「白村江の戦い」で大敗した大和朝廷が築いた古代山城(朝鮮式山城)のひとつ、鞠智城にも攻城団のチラシを置いていただきました。温故創生館と八角形鼓楼内で入手できます。

つづきを読む

城がたり「ちょっとわかる茶の湯講座」開催決定のお知らせ

  • お知らせ

はつみんさんが城がたり「ちょっとわかる茶の湯講座」を企画してくれました。茶道に興味はあるけど敷居が高く感じている方向けに、ご自身が学んだことからいろいろ教えていただきます。

つづきを読む

竹崎城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

有馬氏と龍造寺で争奪され、さらには「沖田畷の戦い」で島津氏の攻撃も受けた歴史を持つ竹崎城にも攻城団のチラシを置いていただきました。道の駅太良観光案内所で入手できます。

つづきを読む

暫定登録のお城を非表示にできるようにしました(制覇モードの表示レベル変更)

  • お知らせ

最近、有志の方々のご協力のおかげもあり暫定登録のお城が増えてきたので、制覇モードを2段階にして暫定登録の表示/非表示を選べるようにしました。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る