紹介文

館城は箱館戦争の直前に松前藩により築かれた城で、日本最後の和式築城です。新政府軍に追われた旧幕府軍の北海道上陸にそなえて、松前城に代わる新城として内陸部に建設しました。9月1日、藩主・松前徳広は箱館府に築城を願い出るとともに工事に着手し、10月25日には一応の完成をみる突貫工事で進められました。しかし完成直後に旧幕府軍の攻撃を受け落城しました。旧幕府軍は館城に戦略的価値なしと判断し、焼き払われたと伝えられています。なお、箱館戦争終結後、松前藩は館城にちなんで、館藩を名乗りました。現在城趾は桜の公園となっており、毎年5月の第2日曜日には「館城跡まつり」が開催されています。

館城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

館城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 城址前の路肩が広いので、そこに駐車。 館城トイレの手洗い場は水が出ないのでご用心。(2020/08/23訪問)
  • 駐車場の場所がわかりませんでしたが、駐車する場所には困らないようなトコでした。百間堀と呼ばれる堀や土塁、井戸などが残っています。地形的な優位性が全く無く、わざわざ松前城から移ってきて、どうやって守ろうとしたのか、サッパリわかりませんでした。(2019/04/21訪問)
  • 城址駐車場(41.8792894, 140.3413011)を利用して攻城。土塁と空堀、井戸跡などが確認出来たが、青々と生い茂る草に朝露が落ちており、靴の中までビチャビチャになってしまった>(2019/05/29訪問)
すべてを表示(8コメント)

館城について

館城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態丘城平山城
標高(比高)55 m( 30 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主松前徳広
築城開始・完了年着工 1868年(明治元年)
廃城年1868年(明治元年)
主な改修者
主な城主松前徳広
遺構土塁、礎石
指定文化財国史跡、道史跡
復元状況

更新日:2022/09/26 03:31:46

館城の城メモ

館城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

館城の観光情報

館城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ

あり

コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

館城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(26日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    13.84
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    14.23
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    18.61
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    21.26
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    20.33
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    13.98
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    12.92
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    12.75

明日以降の天気(正午時点)

  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    22.23
  • 28日
    Clouds / broken clouds
    22.56
  • 29日
    Clouds / overcast clouds
    21.90
  • 30日
    Clear / clear sky
    23.08

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

館城の地図

館城へのアクセス

館城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
アクセス(クルマ)
  • 札幌から約4時間
    • 道央自動車道・落部ICまで約2時間45分、落部ICから道道67号線経由で約1時間15分
  • 函館から約1時間15分
    • 国道5号線・国道227号線(中山峠)経由
  • 江差から約45分
    • 国道227号線経由
駐車場

無料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    館城周辺の宿・ホテル

    10km圏内にはホテルが見つかりませんでした。より広範囲に検索するには「じゃらん」で検索してください。

    「じゃらん」でホテルを検索する

    館城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 勝山館
      • 勝山館
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:50分(--位)
        • 攻城人数:413人(252位)
        • 城までの距離:約22km
      • 五稜郭
      • 五稜郭
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間28分(--位)
        • 攻城人数:2014人(47位)
        • 城までの距離:約35km
    • より多くの
      城を見る

    蝦夷の著名な城

    北海道の著名な城

    館城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    館城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    図説 近世城郭の作事 天守編

    江戸城天守を再建する会の特別顧問をされている三浦正幸先生が書かれた著書で三浦先生のお話は講演会等でよくお聞きしているので、お城の構造について勉強したく手に取りました。前半は天守の外壁、窓、狭間、石落、そして基本的構造について詳細に解説されており、外壁の仕上げ、屋根、破風の形に格式の上下があることを知り、今後天守の見方が変わるように思えました。後半は現存12天守、失われた天守の詳細説明がされています。熊本城の宇土櫓が第一期普請で建てられた初代天守であることを初めて知りました。この一冊で天守の構造に付いてほぼ網羅していると思いますので、天守の構造について詳しく知りたい人にはお勧めです。なお、続編として「櫓・城門編」もあるようですのでそちらも読んでみようかと思います。

    まーちゃんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る