福山城
福山城

[広島県][備後] 広島県福山市丸之内1-8


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.40(145位)
  • 見学時間:1時間4分(156位)
  • 攻城人数:1001(54位)

鐘櫓

福山城の鐘櫓は「近世城郭で唯一本丸内に位置する鐘櫓」とされますが、往時は「鐘突堂」と呼ばれ、御台所門と火灯櫓とを結ぶ多聞櫓(枡形門)に設置された鐘楼でした。

御台所御門虎口跡から見た鐘櫓(手前が火灯櫓跡)

廃城後に周囲の多聞櫓が取り壊される中で鐘撞堂の周囲のみが残され、単独で建つ姿となってから「鐘櫓」と呼ばれる世になりました。
L字型の構造を持つのもこうした経緯のためです。

現在建っている鐘櫓は昭和54年(1979年)に修理・復興されたもので、残念ながら内部は公開されていません。
また、鐘楼部のみ、市の重要文化財に指定されています。

福山市重要文化財
福山城鐘櫓
  昭和54年10月26日指定

 築城当時より城下や近隣諸村に"時の鐘"をつげた遺構で江戸期には鐘と共に緊急時武士を招集する太鼓も備えていた
 当初は柿ぶきか桧皮ぶきであったが明治以後荒廃が激しくたびたびの補修のため原形をとどめない状況であった 昭和54年銅板ぶきとし旧規に復したものである
 城地内に鐘櫓が所在するのは全国的に例がなく貴重な文化財である福山市教育委員会

毎日、6:00、12:00、18:00、22:00の4回、鐘が鳴るそうです。

福山市重要文化財 鐘櫓
この鐘は、全自動装置によりつぎの時間にそれぞれ4回鳴ります。
午前6時・正午・午後6時・夜10時
1985、創立18周年記念
2000、創立33周年記念(全面改修)
贈 福山中央ライオンズクラブ
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

福山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

神奈川中世城郭図鑑 (図説 日本の城郭シリーズ 1)

神奈川県にある中世城郭100城が紹介されています。
私のオススメポイントは、縄張り図が多数掲載されていることです。(精密縄張り図76枚)
中世城郭を攻城する時、縄張り図があると楽しさが拡がりますからとても重宝しています。
また本書では遺構の状態も詳しく解説されているので、攻城の際の予習復習に活躍間違いなし。

やすまろさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る