全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。各地の医療体制が逼迫しているため、密を避ける山城であっても事故が起きた際のリスクが高まっています。当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

長浜城は室町時代から北条氏に仕えていた大川氏の居城です。北条氏の水軍根拠地、重須湊を守るために築かれました。1579年(天正7年)には北条水軍の事実上の統括者である梶原備前守を城主として改修させ、その翌年には「駿河湾海戦」と呼ばれる、武田氏と北条氏双方の水軍による大規模な海戦も起こっています。現在は国の史跡に指定され、史跡公園として整備されています。

長浜城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

長浜城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • この城の南への道を登ると、長浜城の見張りの城とされる三津城へ行けます。(2020/11/21訪問)
  • 駐車場の前には長浜城の立体模型、説明ボード、トイレがあります。西側にある長浜城址のバス停前には安宅舟の説明板と原寸大の平面復元があります。駐車場とバス停の間の道路沿いにはひっそりと城址の石碑があります。数多くの曲輪すべてを回れるわけではありませんが、回れるところはどこもきれいに整備されており、海岸にも降りられます。(2020/09/19訪問)
  • JR沼津駅から東海バスで沼津ー木負線で長浜城バス停まで約40分くらいでバス停目の前に城址があります。コンパクトだけど、竪堀や土塁が各所にあり、海に突き出た地形をうまく生かした水軍の拠点には最適な城だと思います。各曲輪からの眺望もよく、当時は、敵方だった三枚橋城もよく見えるような景観となっていました。段曲輪の先に、やや他の箇所に比べると整備されていない細道を抜けると、海の上の岩盤に出られます。(2020/09/05訪問)
  • コロナ対策の一環として、以前はなかったQRコードが案内板に貼られていました。学芸員さん等の説明動画が観れます。(2020/07/30訪問)
  • 駐車場もあり散策路や看板も多く丁寧に整備されていた。水軍の城らしく入り江の岩場に杭がある。眺めもとても良い。(2019/08/25訪問)
  • 海に突き出した形状になっており、山城と海城の特色を合わせ持った珍しいお城。 コンパクトですが整備されていて攻城しやすいです。(2020/03/23訪問)
  • 海に突き出た尾根の先に曲輪がきれいに残っていて見所たくさん。整備された木の階段を登ると曲輪や跳ね橋と虎口や土塁、堀切、石垣あり。海側は視界が開けて駿河湾を一望。海側に伸びた曲輪の先の細く急な石段より海の船着き場に下りられます。城趾の登り口前に駐車場とトイレ案内板有。(2020/02/22訪問)
  • 沼津からバスで城跡の目の前まで行けます。主郭から四の郭と四段の腰郭を見ることができます。今は海にはヨットが並んでいますが、安宅船の模型が展示されているので、往時に思いを馳せる一助になりました(2019/09/15訪問)
  • 良く整備された階段を登っていくと予想以上の景観と櫓跡が待っていてNICE(2019/07/24訪問)
  • 良い!まさに水軍拠点。今まで行った中で一番海に近い。というか海に出れる。きれいに整備もされているし、富士山も見えるし、歴史的にも面白い。(2019/05/27訪問)
すべてを表示(21コメント)

長浜城について

長浜城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態海城
標高(比高)30.6 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主北条氏
築城開始・完了年着工 室町時代
廃城年
主な改修者
主な城主北条氏
遺構土塁、堀切
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2021/01/23 03:57:05

長浜城の城メモ

長浜城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

長浜城の観光情報

長浜城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

長浜城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    10.57
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    10.67
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    10.76
  • 12時
    Rain / light rain
    9.87
  • 15時
    Rain / light rain
    9.82
  • 18時
    Rain / moderate rain
    9.84
  • 21時
    Rain / moderate rain
    9.55
  • 00時
    Rain / light rain
    9.50

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Rain / light rain
    7.82
  • 25日
    Clear / clear sky
    9.64
  • 26日
    Clouds / few clouds
    12.69
  • 27日
    Rain / moderate rain
    13.32

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

長浜城の地図

長浜城へのアクセス

長浜城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道本線・沼津駅から東海バス「三津方面木負、江梨行き」に乗り「長浜城跡」バス停下車、徒歩約5分
アクセス(クルマ)
  • 東名高速道路・沼津ICから約60分
駐車場

城址の見学目的であれば案内板のある護岸に駐車可能

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    長浜城周辺の宿・ホテル

      沼津リバーサイドホテル

      ★GoToトラベルキャンペーン対象施設★ 多彩な客室はワーケーションや長期ご滞在にも対応。安心のホテルステイをご提供致します。(評価:3.9、参考料金:3,400円〜)

      伊豆三津浜 松濤館

      ★口コミ5.0★半露天風呂付き客室×料亭での個室食で三密回避。夕日、海、富士絶景の見える宿で上質な滞在を…。月替わりのお料理と心をこめたおもてなしでお待ちしております。(19年7月リニューアル)(評価:4.9、参考料金:27,500円〜)

      安田屋旅館

      夏休み期間中、多くのお客様にご来館頂きました。また満館も多く、御希望に添えず申し訳ありませんでした。暑さが和らぐこれからの季節は、心地良い旅の季節でもあります。是非お越しくださいませ!(評価:4.8、参考料金:18,700円〜)

      ホテルサンバレーアネックス

      お部屋はビジネスホテルタイプのシンプルな洋室。車で約3分の本館大浴場の入浴付き!ロビーに検索用無料パソコンあり。全室WI-FI使用可。館内エレベーター無し。本館のまんが図書館の利用可。(評価:4.3、参考料金:1,900円〜)

      伊豆長岡温泉 ホテル天坊

      3つの露天風呂が楽しめる展望大浴場、足湯や貸切湯。エレベーターを中心に配した施設は、どなたにも過ごしやすく、快適で安心。お食事は、開放感あるオープンキッチンレストランで楽しいスタイル。(評価:4.4、参考料金:8,250円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    長浜城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 興国寺城
      • 興国寺城
        • 平均評価:★★★☆☆(104位)
        • 見学時間:44分(122位)
        • 攻城人数:701人(146位)
        • 城までの距離:約15km
      • 山中城
      • 山中城
        • 平均評価:★★★★☆(11位)
        • 見学時間:1時間22分(30位)
        • 攻城人数:1632人(46位)
        • 城までの距離:約18km
    • より多くの
      城を見る

    伊豆の著名な城

    静岡県の著名な城

    長浜城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    長浜城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    歴史を考えるヒント (新潮文庫)

    いわゆる「網野史学」の入門みたいな感じの一冊です。百姓=農民ではない、「日本」という言葉をいつから使うようになったのか、など「言葉」から中世の歴史を読み解いています。言葉が世の中に浸透していった背景などを紐解きつつ、定住農耕民族以外の「無縁」社会についての史学観にふれることが出来ます。(余談ですが、隆慶一郎さんの小説は、網野史学を大いに取り入れていますね)

    コースケ)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る