紹介文

糸数城は14世紀前半に玉城城の玉城按司が三男の糸数按司に命じて築かせた城で、上間按司に攻められ落城したと伝わっています。沖縄戦により一部破壊されましたが、沖縄南部最大の城壁と呼ばれるほど城壁が良く残っており、石垣は野面積みと切石積み(布積み)が併用されています。また、城址からは中国製の陶磁器類が発見されています。1972年(昭和47年)には国の史跡に指定されています。

攻城団編集部

糸数グスクをいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

糸数グスクを攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 入口が分かりづらく、苦戦。しかし石垣はしっかりと残っており楽しめました。(2019/11/06)
  • 城址駐車場?(26.1516914, 127.7625012)を利用して攻城。正門跡を抜けて現れる南のアザナ高石垣は素晴らしい。(2019/06/27)
  • 具志頭城から転城。車を城内駐車スペースに止め攻城。立派な石垣を堪能しつつ散策。 石垣復元工事中の為、立入禁止の箇所あり(2/11現在)時間が許せばもっとゆっくり探索がしたかったです。(2019/02/11)
  • この石垣は圧倒されます。感動しました!かなり手前の駐車場から向かったのですが、別の行き方とかあるかも。(2019/02/11)
  • ツアーで攻城。高さも長さも立派な石垣です。この城の詳細はよくわかっていないとのことでした。(2019/01/17)
  • 沖縄本島南部グスクで最大級のグスクで、感動しました。そびえ立つ城壁、うねりながらながら長く延びた城壁が素晴らしかったです。しかしあいにくの雨。お昼ごはんを食べている間に晴れ間が出てきたのでもう一度晴れた空の下の糸数城を見ようと戻ったとたん雨が・・・。どうか、ちゃんと保存して、残して欲しいと願ったグス……(2018/11/19)
  • 石垣の上に登ると石垣が海まで続いているように見えます♪(2018/09/08)
  • なんと!郭の中まで車で入れました。城内外は全く未整備で、草刈り、掃除すら行なわれておらず、訪れる人にも出会いませんでしたが、先人方のおっしゃるとおり、ここの石垣、城壁は一級品です。時間が許せば、数時間、探索したかったのですが・・・(2018/04/14)
  • 玉城よりは小さいだろうと思っていたら、南山では最大ではないかと思いました。沖縄はMAP CODEがもっとも便利です。玉城の西方近くにあります。石碑の近くまで車で登れます。実際見てみると限りなく広いという感じです。城門とそれを囲む城壁はすごいです。しかし、南の海側の備えも低い石垣なりにしっかりしている……(2018/09/30)
すべてを表示(19コメント)

糸数グスクについて

糸数グスクに関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態グスク山城
標高(比高)151.6 m( 20 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主糸数按司
築城開始・完了年着工 14世紀
廃城年
主な改修者
主な城主糸数按司
遺構曲輪、城壁、石垣、土塁
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2020/01/19 02:35:28

糸数グスクの城メモ

糸数グスクの見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

糸数グスクの観光情報

糸数グスクの見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

糸数グスクの見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    15.25
  • 06時
    Rain / light rain
    15.27
  • 09時
    Rain / light rain
    15.60
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    16.05
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    16.70
  • 18時
    Clouds / broken clouds
    16.51
  • 21時
    Rain / light rain
    16.43
  • 00時
    Rain / light rain
    16.45

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Rain / light rain
    16.48
  • 21日
    Clouds / broken clouds
    16.52
  • 22日
    Clouds / overcast clouds
    19.24
  • 23日
    Rain / light rain
    20.99

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

糸数グスクの地図

地図アプリで見る

沖縄県南城市玉城糸数

糸数グスクへのアクセス

糸数グスクへのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 琉球バス交通「糸数入口」バス停下車
アクセス(クルマ)
  • 那覇空港自動車道・南風原南ICから約20分
駐車場

無料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    糸数グスク周辺の宿・ホテル

      JR九州ホテル ブラッサム那覇

      国際通り徒歩1分、ゆいレール美栄橋駅徒歩5分と好立地!沖縄と九州の食材をふんだんに取り入れたこだわりの朝食ブッフェ♪☆じゃらんOF THE YEAR泊まってよかった宿大賞 朝食部門(101~300室)第3位(評価:4.7、参考料金:5,000円〜)

      ユインチホテル南城

      太平洋を一望する丘に建ち、広大な敷地内はオーシャンビューのゲストルームや源泉かけ流しの天然温泉、ヘルシーなレストラン、レジャー施設が充実。心も体も健康になるウェルネスステイをご堪能ください。(評価:4.4、参考料金:2,925円〜)

      百名伽藍

      山を背に海が広がる岬の突端、植物で包まれた館は自然融合を目指した和琉様式のホテルです。朝日と夕陽、久高島や奥武島をご覧いただけ、全客室オーシャンフロント。ほか露天風呂や様々な施設が揃います。(評価:4.8、参考料金:60,500円〜)

      かりゆしコンドミニアムリゾート与那原SUNRIZE・OCEAN

      那覇から25分の与那原町に『サンライズ・オーシャン』新築コンド開業! 朝日が美しい海岸は徒歩1分、コンビニ徒歩2分、大型スーパーは車2分の好立地。ダブル、ツイン等のキッチン付の快適なお部屋自慢の宿。(評価:4.2、参考料金:2,700円〜)

      ザ・サザンリンクスリゾートホテル

      那覇空港から車で40分!全室オーシャンビュー、青と緑の絶景確約。/世界遺産 斎場御嶽、おきなわワールド・ガンガラーの谷・人気ビーチ・海カフェにアクセス便利【全室広々40平米以上、Wi-fi無料】(評価:4.1、参考料金:4,175円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    糸数グスクの過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 首里城
      • 首里城
        • 平均評価:★★★★☆(42位)
        • 見学時間:1時間34分(21位)
        • 攻城人数:1478人(32位)
        • 城までの距離:約8km
      • 中城グスク
      • 中城グスク
        • 平均評価:★★★★☆(17位)
        • 見学時間:1時間7分(113位)
        • 攻城人数:633人(125位)
        • 城までの距離:約15km
    • より多くの
      城を見る

    琉球の著名な城

    沖縄県の著名な城

    糸数グスクといっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    糸数グスクを本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

    治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
    主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
    天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
    倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
    絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
    『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る