和歌山城
和歌山城

[和歌山県][紀伊] 和歌山県和歌山市一番丁3


  • 平均評価:★★★★☆ 3.74(34位)
  • 見学時間:1時間25分(26位)
  • 攻城人数:1865(31位)

岡口門

岡口門は和歌山城の南東に位置する門です。
浅野幸長が入城後、大手門として創建されましたが、浅野時代の後期に大手門から搦手門として修復されました。

城内側から見た岡口門です。

その後、1621年(元和7年)に徳川頼宣が行った城の大改修の際に再建され、当時の櫓門が現存しています。ただし現在の門櫓は切妻屋根ですが当初は、門櫓の両側に続櫓があったそうです。

これが外側から見た岡口門です。左端の石垣を見ると、ここに続櫓があったことがわかりますね。

岡口門は1957年(昭和32年)に重要文化財に指定されました。現在、和歌山城では唯一の重要文化財です。

岡口門
重要文化財・昭和三十二年文部省指定岡口(おかぐち)門は、和歌山城南東の虎口(こぐち)にあたり慶長五年(一六〇〇)浅野幸長(あさのよしなが)公入国後、大手門(表門)として創建されたものであるが、元和五年(一六一九)徳川頼宣(よりのぶ)公入国と共に大手門を「一の橋口」に改められたため同七年、搦手門(裏門)として改修され現在に至っている。
楼門(ろうもん)は切妻造り(きりづまづくり)で、昔は向って右に御蔵、左に二重櫓があった。また北に接する土塀も当時のもので特に狭間(銃眼)は一枚石のくり抜きになっている珍しいものである。
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

和歌山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

現存12天守 (双葉社スーパームック)

現存12天守に限定して内部の様子など細かにガイダンスされているのでおススメです。

傾奇御免さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る