和歌山城
30 和歌山城

[和歌山県][紀伊] 和歌山県和歌山市一番丁3


  • 平均評価:★★★★☆ 3.56(58位)
  • 見学時間:1時間34分(50位)
  • 攻城人数:597(31位)

和歌山城のパンフレット

和歌山市によって作成された和歌山城と西之丸庭園の公式パンフレットです。

和歌山市によって作成された和歌山城と西之丸庭園の公式パンフレットです。

提供:和歌山市
史跡 和歌山城
天正(てんしょう)13年(1585)、羽柴(はしば)(豊臣)秀吉(ひでよし)が奇襲を平定し、弟の秀長(ひでなが)に命じて岡山(虎伏山)(とらふすやま)の峰に創建したのが和歌山城。藤堂高虎(とうどうたかとら)らが普請奉行(ふしんぶぎょう)を勤め、高虎が手がけた最初の本格的な近世城郭(きんせいじょうかく)といえる。秀長は大和郡山を居城としたため、桑山重晴(くわやましげはる)が城代(じょうだい)を勤めた。秀長家が途絶(とだ)えると、桑山氏が城主となる。豊臣・桑山時代に山嶺(さんれい)部分や岡口の整備に取り組んだ。
 慶長(けいちょう)5年(1600)関ヶ原の戦いの後、浅野幸長(あさのよしなが)が37万6千石の領主となり、城の大規模な増築を行なった。連立式(れんりつしき)天守閣を建て、現在の本丸・二の丸・西の丸に屋敷を造営。大手を岡口門から一の橋の門に変え、本町通りを大手筋として城下町を整備した。
 元和(げんな)5年(1619)、徳川家康(とくがわいえやす)の十男・頼宣(よりのぶ)が55万5千石を拝領して入国し、御三家紀州藩が成立する。二の丸を拡張するため西内堀の一部を埋めたて、南の丸・砂の丸を内郭に取り入れ、ほぼ現在の和歌山城の姿となった。紀州徳川家は、「南海(なんかい)の鎮(しずめ)」として西日本を監視する役割を担い、八代将軍吉宗(よしむね)、十四代将軍家茂(いえもち)を輩出した。
 明治4年(1871)の廃藩置県(はいはんちけん)により、和歌山城は陸軍省の管轄(かんかつ)となる。明治34年和歌山公園として一般に公開され、昭和6年(1931)に史跡に指定された。
提供:和歌山市
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
表示の崩れや内容の補足・訂正があればぜひご指摘ください フィードバック
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)
和歌山城のパンフレットについてのクチコミ

じっさいに訪問して感じたことや補足の情報があれば、ぜひ書き込んでください!

攻城団のアカウントでログインすることができます ログイン

和歌山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る