和歌山城
30 和歌山城

[和歌山県][紀伊] 和歌山県和歌山市一番丁3


  • 平均評価:★★★★☆ 3.59(65位)
  • 見学時間:1時間33分(53位)
  • 攻城人数:1093(28位)

本丸御殿跡

天守台から少し下がったところに、本丸御殿があります。
かつては14代藩主・徳川茂承の夫人であり皇族でもある、倫宮則子(みちのみやのりこ)が住んでいたことから、「宮様御殿」とも呼ばれていました。

本丸御殿跡
この地の上段を本丸御殿跡という。
本丸御殿は天守閣附随建物として元和年間に創建されたもので中央に「七福の庭」を配していた。当御殿には文久三年(一八六三)三月十日から翌年十月二十六日まで十四代藩主徳川茂承(もちつぐ)公夫人(倫宮則子)が住まわれ、「宮様御殿」とも称された。ここに正室が住まわれたのは実に始祖徳川頼宣公以来のことであった。
廃藩後この御殿の一部が移築された市内小倉光恩寺の庫裡(くり、御殿の御台所)は現在唯一の建造物である。本丸御殿跡には大正十二年(一九二三)上水道貯水池が設置され現在に至っている。

上から見ると、けっこう急な階段であることがよくわかります。

現在、本丸御殿跡には1923年(大正12年)に設置された上水道貯水池があり、残念ながら中に入ることはできません。
1621年(元和7年)に造られた本丸庭園には、宝船を模した「七福の庭」がありましたが、上水道貯水池の設置に伴い松の丸跡に移され、新裏坂もこの頃つくられたそうです。

ただしここから見る天守はなかなか迫力があるので、撮影ポイントのひとつです。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

和歌山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る