紹介文

鮭延城は鮭延秀綱の父・佐々木貞綱(鮭延貞綱)により築かれた城で、鮭延氏の居城として知られています。秀綱の代に最上義光の軍勢に攻められ降伏すると、最上氏の大宝寺氏・小野寺氏攻略の拠点として使われました。江戸時代に入り、お家騒動(最上騒動)で最上氏が改易となると、最上地方には常陸松岡藩主・戸沢政盛が入封します。政盛は当初、鮭延城に入ったものの領国経営に適さなかったため新庄城を築き、廃城となりました。現在城址には土塁や堀切、畝状竪堀群などの遺構を確認することができます。

鮭延城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

鮭延城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(2コメント)

    鮭延城について

    鮭延城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    丘城山城

    標高(比高)

    110 m( 40 m)

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    佐々木綱村か

    築城開始・完了年

    着工 1534年(天文4年)か

    廃城年

    1625年(寛永2年)

    主な改修者

    主な城主

    鮭延(佐々木)氏

    遺構

    曲輪、土塁、堀切、竪堀、空堀、井戸

    指定文化財

    町史跡

    復元状況

    鮭延城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態丘城山城
    標高(比高)110 m( 40 m )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主佐々木綱村か
    築城開始・完了年着工 1534年(天文4年)か
    廃城年1625年(寛永2年)
    主な改修者
    主な城主鮭延(佐々木)氏
    遺構曲輪、土塁、堀切、竪堀、空堀、井戸
    指定文化財町史跡
    復元状況

    更新日:2024/02/24 03:59:05

    鮭延城の城メモ

    鮭延城の見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    鮭延城の観光情報

    鮭延城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    鮭延城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    鮭延城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(24日)の天気

    • 03時
      Snow / light snow
      -3.54
    • 06時
      Snow / light snow
      -2.78
    • 09時
      Snow / light snow
      -0.08
    • 12時
      Snow / light snow
      1.22
    • 15時
      Snow / light snow
      1.49
    • 18時
      Clouds / broken clouds
      -2.46
    • 21時
      Clouds / broken clouds
      -3.30
    • 00時
      Clouds / overcast clouds
      -3.47

    明日以降の天気(正午時点)

    • 25日
      Clouds / overcast clouds
      3.17
    • 26日
      Snow / snow
      2.43
    • 27日
      Snow / light snow
      3.06
    • 28日
      Clouds / overcast clouds
      3.88

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    鮭延城の地図

    鮭延城へのアクセス

    鮭延城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR奥羽本線・羽前豊里駅から徒歩12分

    アクセス(クルマ)

    • 尾花沢新庄道路・新庄ICから21分

    駐車場

     

    鮭延城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR奥羽本線・羽前豊里駅から徒歩12分
    アクセス(クルマ)
    • 尾花沢新庄道路・新庄ICから21分
    駐車場

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      鮭延城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        ホテルルートイン新庄駅前

        ■団体様のご利用により2月17~24日の間は館内の混雑が予想されます。・朝食会場…営業時間の前半・夕食会場…20時頃まで・駐車場…一部コンテナ設置あり。満車の場合駅の無料駐車場をご利用下さい。(評価:4.1、参考料金:6,400円〜)

        ニューグランドホテル

        人と食を繋ぐ地産地消の宿!地元・最上の食材を使った朝食の和洋バイキングが好評♪(評価:4.1、参考料金:3,850円〜)

        まむろ川温泉梅里苑

        目の前に大自然の恵みがここにあります。見上げてください真室川の空を。いつしか忘れていた心の安らぎにきっと気がつく。ソルトアートは見た目から楽しく、食べておいしいディナータイムをお届け♪(評価:不明、参考料金:2,500円〜)

        新庄市エコロジーガーデン宿泊交流施設「ミノムシ」

        和室・洋室あり。四季折々の風景の風景を感じられるお宿(評価:不明、参考料金:3,280円〜)

        ホテル やまき

        JR新庄駅前正面西口より徒歩1分繁華街まで徒歩3分 最寄りコンビニ徒歩5分無料駐車場有(評価:不明、参考料金:4,950円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      鮭延城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 鶴ヶ岡城
        • 鶴ヶ岡城
          • 平均評価:★★★☆☆(--位)
          • 見学時間:56分(--位)
          • 攻城人数:791人(187位)
          • 城までの距離:約38km
        • 横手城
        • 横手城
          • 平均評価:★★★☆☆(--位)
          • 見学時間:39分(--位)
          • 攻城人数:316人(329位)
          • 城までの距離:約59km
      • より多くの
        城を見る

      出羽の著名な城

      山形県の著名な城

      鮭延城といっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      鮭延城を本城にしている団員

      まだ本城登録している団員がいません

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      首都圏発 戦国の城の歩きかた

      戦国の城=土の城を歩きたい人に首都圏(千葉・埼玉・東京・神奈川)に残る城跡を紹介する。実際に訪ねた時の城の見方、見落としてはいけないポイントを縄張図と写真で解説。巻頭の小机城をはじめ入門編から中級編まで、「歩きやすくわかりやすい」をコンセプトに21の城跡を紹介している。

      こめつぶさん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る