紹介文

平松城は「岩剣城の戦い(岩剣合戦)」で勝利したのち、岩剣城の城代を任された島津義弘が山麓に築いた城(居館)です。義弘は1564年(永禄7年)に飯野城へ移るまでここを本拠としました。文禄年間には義弘の娘で島津朝久未亡人となった千鶴(御屋地)とその子がこの地に居住しており、また義弘も「関ケ原の戦い」後に在城しましたが、1607年(慶長12年)に加治木館へ移ると廃城となりました。現在城址には姶良市立重富小学校の敷地となっており、正門付近に標柱があります。また周囲の石垣は、江戸時代中期に藩主・島津継豊が弟の忠紀に越前島津家を再興させた際に領主館として整備されたものです。

平松城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

平松城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(1コメント)

    平松城について

    平松城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    平城

    標高(比高)

     

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    島津義弘

    築城開始・完了年

    着工 1554年(天文23年)

    廃城年

     

    主な改修者

    主な城主

    島津義弘、越前島津氏

    遺構

    石垣、井戸

    指定文化財

    市史跡

    復元状況

    平松城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態平城
    標高(比高)--( -- )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主島津義弘
    築城開始・完了年着工 1554年(天文23年)
    廃城年
    主な改修者
    主な城主島津義弘、越前島津氏
    遺構石垣、井戸
    指定文化財市史跡
    復元状況

    更新日:2024/04/18 03:53:58

    平松城の城メモ

    平松城の見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    平松城の観光情報

    平松城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    平松城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    平松城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(18日)の天気

    • 03時
      Rain / moderate rain
      15.02
    • 06時
      Rain / moderate rain
      14.71
    • 09時
      Rain / moderate rain
      15.08
    • 12時
      Clouds / broken clouds
      21.58
    • 15時
      Clouds / scattered clouds
      21.98
    • 18時
      Clear / clear sky
      18.37
    • 21時
      Clear / clear sky
      13.30
    • 00時
      Clear / clear sky
      11.58

    明日以降の天気(正午時点)

    • 19日
      Clouds / broken clouds
      23.20
    • 20日
      Clouds / overcast clouds
      21.20
    • 21日
      Rain / light rain
      19.50
    • 22日
      Rain / light rain
      16.93

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    平松城の地図

    平松城へのアクセス

    平松城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR日豊本線・重富駅からバスに乗り「重富麓」バス停下車、徒歩3分

    アクセス(クルマ)

    • 九州自動車道・姶良ICから7分

    駐車場

    重富小学校駐車場

    平松城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR日豊本線・重富駅からバスに乗り「重富麓」バス停下車、徒歩3分
    アクセス(クルマ)
    • 九州自動車道・姶良ICから7分
    駐車場

    重富小学校駐車場

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      平松城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        HOTEL AZ 鹿児島姶良店

        国道10号線沿いに位置し、近くにはコンビニ・温泉・飲食店・ディスカウントストアや病院等々、ビジネス・観光にも便利です♪ファミリーにおススメの2段ベッドもあります☆(※中・大型車の駐車不可)(評価:3.9、参考料金:3,850円〜)

        Van Cortlandt Hotel(ファンコートランドホテル)

        客室・館内共用部分の除菌清掃をおこなっております。朝食は検温・マスク・ポリ手袋・小鉢での提供などの対応をしております。(評価:3.9、参考料金:4,450円〜)

        AIRAIKU HOTEL kagoshima/アイライクホテル鹿児島

        鹿児島の中央に位置する姶良市その「姶良」をコンセプトに老若男女が快適に過ごすことのできる観光やビジネスのポータル的なホテルを目指しております。(評価:4.3、参考料金:6,100円〜)

        木の香り漂う美人の湯 フォンタナの丘かもう

        イタリア語で"湧き出る泉"という意味を持つ「フォンタナ」。「温泉」「食」「眠り」で、あなたの中にある元気を呼び覚まします。鹿児島県産の有機食材を使用した体にやさしい自然食「無糖・無塩」をご提供。(評価:4.4、参考料金:10,000円〜)

        ゴルフ&リゾート ホテルゴールデンパームスプリングス

        2021年10月オープン目の前には美しいゴルフコースが広がり、南国ハワイのような大自然でゆったりとした至福のひとときをお過ごしください。ゴルフプレーにつきまして事前にご予約が必要となります。(評価:不明、参考料金:5,500円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      平松城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 鹿児島城
        • 鹿児島城
          • 平均評価:★★★☆☆(--位)
          • 見学時間:58分(--位)
          • 攻城人数:1423人(115位)
          • 城までの距離:約12km
        • 知覧城
        • 知覧城
          • 平均評価:★★★☆☆(--位)
          • 見学時間:54分(--位)
          • 攻城人数:603人(238位)
          • 城までの距離:約40km
      • より多くの
        城を見る

      大隅の著名な城

      鹿児島県の著名な城

      平松城といっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      平松城を本城にしている団員

      まだ本城登録している団員がいません

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      天地雷動 (角川文庫)

      「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

      こめつぶさん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る