紹介文

伊作城は島津氏中興の祖と呼ばれる島津日新斎忠良とその子、島津貴久の出身である伊作島津氏の250年間にわたる居城でした。貴久の子である島津義久、島津義弘、島津歳久、島津家久の島津四兄弟が生まれた城でもあります。城の縄張りは南九州特有の独立した曲輪による群郭式とも呼ばれる構造で、「亀丸城」「山之城」「東之城」「蔵之城」「西之城」などの曲輪がありました。現在城址は「憩いの森」という名の公園になっており、本丸にあたる亀丸城跡に城址碑が建てられています。遺構は多くないものの土塁や空掘を確認することができます。

伊作城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

伊作城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(5コメント)

    伊作城について

    伊作城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

    群郭式

    縄張形態

    山城

    標高(比高)

    73 m

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    伊作島津氏

    築城開始・完了年

    着工 暦応・康永年間(1338年~1345年)

    廃城年

    1615年(元和元年)

    主な改修者

    主な城主

    伊作島津氏

    遺構

    土塁、曲輪、堀、井戸

    指定文化財

    県史跡

    復元状況

    伊作城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成群郭式
    縄張形態山城
    標高(比高)73 m( -- )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主伊作島津氏
    築城開始・完了年着工 暦応・康永年間(1338年~1345年)
    廃城年1615年(元和元年)
    主な改修者
    主な城主伊作島津氏
    遺構土塁、曲輪、堀、井戸
    指定文化財県史跡
    復元状況

    更新日:2024/04/15 14:19:06

    伊作城の城メモ

    伊作城の見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    伊作城の観光情報

    伊作城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    伊作城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    伊作城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(15日)の天気

    • 03時
      Clouds / overcast clouds
      17.47
    • 06時
      Clouds / overcast clouds
      17.62
    • 09時
      Clouds / overcast clouds
      19.37
    • 12時
      Clouds / broken clouds
      21.32
    • 15時
      Rain / light rain
      20.68
    • 18時
      Clouds / overcast clouds
      18.96
    • 21時
      Clouds / overcast clouds
      18.42
    • 00時
      Clouds / overcast clouds
      18.02

    明日以降の天気(正午時点)

    • 16日
      Rain / light rain
      20.68
    • 17日
      Rain / light rain
      21.28
    • 18日
      Clouds / overcast clouds
      20.83
    • 19日
      Clear / clear sky
      20.59

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    伊作城の地図

    伊作城へのアクセス

    伊作城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR鹿児島本線・鹿児島中央駅から鹿児島交通バスに乗り「東本町」バス停下車、徒歩約20分

    アクセス(クルマ)

    • 指宿有料道路・谷山ICから22分

    駐車場

    伊作城駐車場(無料)

    伊作城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR鹿児島本線・鹿児島中央駅から鹿児島交通バスに乗り「東本町」バス停下車、徒歩約20分
    アクセス(クルマ)
    • 指宿有料道路・谷山ICから22分
    駐車場

    伊作城駐車場(無料)

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      伊作城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        中島温泉旅館

        歴史ある老舗純和風旅館。一日三組限定で一組に「お寛ぎ」「お食事」「お布団」の三部屋使用。西郷隆盛も訪れた天然かけ流しの硫黄泉。現代の時間から解き放たれ、歴史と共に寛ぐ時間をお過ごし下さい。(評価:4.3、参考料金:3,960円〜)

        吹上温泉 新湯温泉旅館

        鹿児島市内より車で45分、空港から70分。お正月以外全日同額のリーズナブルな価格が魅力的な宿。毎朝セリで仕入れる新鮮魚介を使用したお料理と、黒い湯の花が浮かぶ珍しい温泉をご堪能下さい。(評価:不明、参考料金:6,050円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      伊作城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 知覧城
        • 知覧城
          • 平均評価:★★★☆☆(--位)
          • 見学時間:55分(--位)
          • 攻城人数:601人(238位)
          • 城までの距離:約17km
        • 鹿児島城
        • 鹿児島城
          • 平均評価:★★★☆☆(--位)
          • 見学時間:58分(--位)
          • 攻城人数:1419人(117位)
          • 城までの距離:約20km
      • より多くの
        城を見る

      薩摩の著名な城

      鹿児島県の著名な城

      伊作城といっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      伊作城を本城にしている団員

      まだ本城登録している団員がいません

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      全国 御城印 大図鑑

      まずは、圧倒的な情報量に驚かされます。その情報を地方別に章立てし、都道府県別に分けて書かれていて、わかりやすくなっています。また、全体の索引と章毎の索引で、情報の海に溺れることなく必要な情報にたどり着けます。
      見るだけでも楽しい御城印図鑑ですが、やはり手に入れたいと思うのが人情です。入手場所をきちんと明記されているのがとてもありがたいです。寺社の御朱印と違い、その城から離れた場所で扱われることも多い御城印、入手場所の情報がないと手に入れそびれることが多々あります。
      単なる図鑑ではなく、集める人に寄り添った編集の仕方が攻城団らしいですね。
      攻城の際の予習に必読の書となりそうです。

      黒まめさん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る