全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。各地の医療体制が逼迫しているため、密を避ける山城であっても事故が起きた際のリスクが高まっています。当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

賤ヶ岳城は一般には「賤ヶ岳砦」と呼ばれています。1583年(天正11年)に起きた織田信長の後継者争いである「賤ヶ岳の戦い」で羽柴秀吉方の陣城として利用された城ですが、じっさいにはこの合戦よりも前に存在していたと考えられています。合戦時の城将は桑山重晴羽田長門守浅野弥兵衛がつとめていました。現在城址は展望公園として整備されており、山麓からリフトでのぼることができます。山頂からは余呉湖と琵琶湖、また小谷山や虎御前山を一望できる絶景ポイントとなっています。現地の遺構としては巨大な堀切などを確認することができます。

賤ヶ岳城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

賤ヶ岳城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • お薦めは江土口→岩崎山→大岩山→賤ヶ岳ルートです。距離は長いが登りやすく岩崎山砦、大岩山砦、賤ヶ岳砦の位置関係や築城技術の違いがわかる。なぜ大岩山砦が真っ先に攻められたか分かった気がする。(2020/11/29訪問)
  • リフトを往復利用して攻城。コロナの影響かリフト駐車場が満車で臨時駐車場へ誘導される程、人出がありました。城址(展望公園)は案の定、多くの人がおり落ち着かず早々に撤収しました。眺望は素晴らしい。(2020/09/20訪問)
  • 余呉駅から山を登って。 眺望が素晴らしい。(2020/09/21訪問)
  • リフトはお客さんが来たら動かす方式です。リフト乗り場の脇からの登山路で山頂まで40分で着きました。 しっかり整備されていて、歩き易い。 リフトは一回も動かず、誰にも会いませんでした。(2020/06/22訪問)
  • 余呉駅から江土登山口に入る。岩崎山砦、大岩山砦を経由して攻城。眺望良し。冬季リフト休止中につき徒歩下山、木之本駅まで全行程約150分。(2020/01/25訪問)
  • 北側、江土登山口から大岩山砦経由で登城。余呉駅からだと徒歩約90分で山頂。琵琶湖、余呉湖が見える景色はとても良い。(2019/12/15訪問)
  • リフト山頂からも上り坂です。 主郭跡からの眺望がすばらしい。(2019/11/25訪問)
  • 往復ともリフト利用。リフトを下りてからも登ります。山上の柴田勝家像が印象的でした。ボランティアガイドさんによれば、賤ヶ岳の七本槍を大河ドラマにする運動はないとのことでした。滋賀県は当面、「石田三成」押しだそうです。(2019/09/02訪問)
  • 賤ヶ岳リフト駐車場を利用して攻城。リフトを使っていったが降り場から頂上まではそれなりに歩きます。晴れた日は眺めが良いのでおすすめです。(2019/08/14訪問)
  • 砦跡の土塁が意外と残っていて、案外貴重だと思いました。(2015訪問)
すべてを表示(21コメント)

賤ヶ岳城について

賤ヶ岳城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)421.13 m( 310 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主
築城開始・完了年
廃城年
主な改修者桑山重晴
主な城主浅井・朝倉氏、桑山重晴(羽柴氏)
遺構曲輪、土塁、堀切
指定文化財
復元状況

更新日:2021/02/25 04:20:09

賤ヶ岳城の城メモ

賤ヶ岳城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

賤ヶ岳城の観光情報

賤ヶ岳城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

賤ヶ岳城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(25日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    -3.19
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    -3.38
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    1.64
  • 12時
    Clear / clear sky
    6.42
  • 15時
    Clouds / scattered clouds
    7.27
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    4.78
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    3.67
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    3.44

明日以降の天気(正午時点)

  • 26日
    Rain / light rain
    6.92
  • 27日
    Clear / clear sky
    4.83
  • 28日
    Clouds / broken clouds
    8.15
  • 01日
    Clouds / overcast clouds
    11.42

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

賤ヶ岳城の地図

賤ヶ岳城へのアクセス

賤ヶ岳城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)

- JR北陸本線・木之本駅から徒歩約30分

  • JR北陸本線・木之本駅からバスに乗り約5分、「大音」バス停下車
  • 賤ヶ岳リフト乗り場から頂上までリフトで約10分
  • JR北陸本線・余呉駅から山頂までのハイキングコースあり
アクセス(クルマ)
  • 北陸自動車道・木之本ICから5分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    賤ヶ岳城周辺の宿・ホテル

      想古亭げんない ~1日4組限定 料理自慢のいなか宿~

      滋賀県の湖北、自然の中に佇む一軒宿。五代目が始めた「北びわこイタリアン」や得意の炭焼きウナギを中心に地産地消を心がけて。近江牛ステーキやすき焼きも美味。素材はすべて地元産。(評価:4.6、参考料金:18,150円〜)

      北近江観音路 己高庵

      深い自然に囲まれ、非日常的な静けさに心から解放される。お部屋は各々ゆったりとした離れ客室、山野草風呂、露天風呂でゆっくり。お料理は地酒や手作り醤油等、郷土色のあふれた地元の物を使用しています。(評価:4.5、参考料金:4,620円〜)

      尾上 旅館 うをよし

      嬉しい個室食でゆったりお食事を♪貴重な湖魚に舌鼓♪厳選の旬の食材〔ビワマス・鰻・スッポン・近江牛など〕目の前に広がるびわ湖・竹生島、ビワイチの拠点にも◎温泉施設無料券付き(一部プラン対象外)(評価:4.4、参考料金:4,500円〜)

      尾上温泉 旅館紅鮎~全室温泉半露天風呂付き客室の宿~

      全館畳敷きの廊下と、全室にしつらえられた客室露天風呂。湯船につかりながら眺める、びわ湖に浮かぶ竹生島。四季折々の旬食材を使った京風会席、湖魚料理の数々。(評価:4.5、参考料金:18,150円〜)

      尾上温泉 湖北ノ空 二人ノ宿 きひろ

      大切な『お二人様』にとり、記憶に残る特別な時間をお過ごし頂けますよう、様々な嗜好をこらしております。3つの貸切風呂と地産地消にこだわった食材をご堪能し、シモンズベッドにて優雅におくつろぎを(評価:4.8、参考料金:26,400円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    賤ヶ岳城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 小谷城
      • 小谷城
        • 平均評価:★★★★☆(39位)
        • 見学時間:1時間52分(4位)
        • 攻城人数:1560人(51位)
        • 城までの距離:約9km
      • 玄蕃尾城
      • 玄蕃尾城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間5分(--位)
        • 攻城人数:527人(175位)
        • 城までの距離:約10km
    • より多くの
      城を見る

    近江の著名な城

    滋賀県の著名な城

    賤ヶ岳城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    賤ヶ岳城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    明智光秀と近江・ 丹波 分国支配から「本能寺の変」へ (淡海文庫)

    従来、織田信長との関係性で語られることの多かった明智光秀。
    本書では近江志賀郡支配、丹波攻略における国人衆とのかかわりの中から、光秀個人の活動、歴史的位置、光秀がどういう人物であったかに着目する。
    取り上げられている書状・資料からは、「文化人」「政治家」としての光秀よりも、「武人」光秀の姿が浮かび上がってくる。

    いけだ商会さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る