紹介文

虎御前山城は織田信長浅井長政の居城である小谷城を攻略するための前線基地として築いた付城です。1570年(元亀元年)6月の「姉川の合戦」で織田・徳川連合軍に敗れた長政は小谷城に籠城したため、 信長は最初、横山城を前線基地にしましたが、1572年(元亀3年)7月に小谷城からわずか500mに位置する虎御前山に築城しました。翌年の小谷城総攻撃で浅井氏が滅亡したことにともない廃城となりました。城番は木下秀吉がつとめました。現在城址はハイキングコースとなっていますが、曲輪跡などの遺構が残されており、山の最高所にある「伝織田信長陣」をはじめ、滝川一益柴田勝家など家臣のものと伝わる陣跡が残っています。登山口は南麓の矢合神社にあります。

虎御前山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

虎御前山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 小谷城側から登りました。 登り始めが急で、柴田勝家陣屋跡まで15分程度かかりました。その後は5分おきくらいの距離で陣屋が続きます。(2023/11/20訪問)
  • 虎姫駅横の無料駐車場を利用しました。虎御前山を縦走して、中島城、丁野山城を攻城、河毛駅13:22発で虎姫駅へ戻りました。 虎御前山の虎姫側の麓にも駐車スペースがあります。(2023/09/09訪問)
  • 田んぼアート駐車場に車を停めて攻城。道や看板も整備されているので歩きやすかったです。小谷城の目の前でよくここまで作れたと思うほどのできです。柴田勝家の陣跡まで行って戻ってきました。(2023/08/03訪問)
  • 虎御前山公園駐車場から信長曲輪まで徒歩で往復1時間ですが、田圃アート展望台までは車で上がることも、十分、可能です。(2023/06/17訪問)
  • 南側の虎御前山城駐車場に車を止めて攻城しました。北側の登城口は急で駐車場もありません。 小谷城から見ると横に広がって織田勢が見えたと分かります。(2023/06/10訪問)
  • 車で行く際は、虎姫駅側から行く登城口のところに駐車場があります。(2022/05/06訪問)
  • 虎御前山公園駐車場に止めて柴田勝家陣構えまで大体一時間、その先に小谷の山が見える展望台があります。 明智除く4大軍団長の陣を見て頑張りましょう。(2021/10/30訪問)
  • 小谷城攻めの陣城。行ってこそ分かる位置関係。歴史ロマンに触れられる点でお勧め(2021/06/23訪問)
すべてを表示(19コメント)

虎御前山城について

虎御前山城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

山城

標高(比高)

230 m( 110 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

織田信長

築城開始・完了年

着工 1572年(元亀3年) 〜 竣工 1572年(元亀3年)

廃城年

1573年(天正元年)

主な改修者

主な城主

遺構

曲輪

指定文化財

復元状況

虎御前山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)230 m( 110 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主織田信長
築城開始・完了年着工 1572年(元亀3年) 〜 竣工 1572年(元亀3年)
廃城年1573年(天正元年)
主な改修者
主な城主
遺構曲輪
指定文化財
復元状況

登録日:2023/04/01 01:46:39

更新日:2024/07/22 03:45:38

虎御前山城の城メモ

虎御前山城の観光情報

虎御前山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

虎御前山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

虎御前山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    25.78
  • 06時
    Rain / light rain
    25.09
  • 09時
    Clear / clear sky
    29.43
  • 12時
    Clouds / few clouds
    32.15
  • 15時
    Clear / clear sky
    32.62
  • 18時
    Clear / clear sky
    30.03
  • 21時
    Rain / light rain
    25.14
  • 00時
    Rain / light rain
    24.99

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Clouds / overcast clouds
    31.22
  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    29.46
  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    29.94
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    31.60

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

虎御前山城の地図

虎御前山城へのアクセス

虎御前山城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR北陸本線・虎姫駅から虎御前山公園まで徒歩30分

アクセス(クルマ)

  • 北陸自動車道・長浜ICから21分

駐車場

  • 虎御前山公園駐車場(無料、25台)
  • 矢合神社前に駐車スペースあり

虎御前山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR北陸本線・虎姫駅から虎御前山公園まで徒歩30分
アクセス(クルマ)
  • 北陸自動車道・長浜ICから21分
駐車場
  • 虎御前山公園駐車場(無料、25台)
  • 矢合神社前に駐車スペースあり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    虎御前山城周辺のスポット

    虎御前山城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      ホテルルートイン長浜インター

      ★北陸自動車道長浜長浜ICから車で1分★無料駐車場完備★EV充電器2台完備 ※先着順のため予約不可★大浴場完備★観光・ビジネスにも大変便利♪皆様に安らぎを提供致します(評価:4.1、参考料金:4,975円〜)

      グランドメルキュール琵琶湖リゾート&スパ

      4月リブランドオープン。JR長浜駅から徒歩約10分(送迎あり)|全客室にアルコール含むドリンクとおつまみが楽しめる無料ラウンジアクセス付(評価:4.1、参考料金:4,730円〜)

      須賀谷温泉~戦国武将が通った歴史の秘湯~

      源泉は無色透明で、空気に触れると赤茶色になるという独特の湯。食事は本場の近江牛や季節の会席、冬場はカモ・ボタン・カニ・ふぐも楽しめる。観音の里、戦国の舞台として知られる歴史の宝庫。(評価:4.3、参考料金:16,000円〜)

      アートホテル長浜

      ワイドベッド、人工ラジウム温泉(露天風呂・ミストサウナ付)と多機能にくつろげる空間を皆様にご提供いたします。(評価:3.8、参考料金:5,250円〜)

      尾上温泉 湖北ノ空 二人ノ宿 きひろ

      大切な『お二人様』にとり、記憶に残る特別な時間をお過ごし頂けますよう、様々な嗜好をこらしております。3つの貸切風呂と地産地消にこだわった食材をご堪能し、シモンズベッドにて優雅におくつろぎを(評価:4.4、参考料金:33,660円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    虎御前山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 小谷城
      • 小谷城
        • 平均評価:★★★★☆(47位)
        • 見学時間:1時間47分(5位)
        • 攻城人数:2360人(56位)
        • 城までの距離:約2km
      • 長浜城
      • 長浜城
        • 平均評価:★★★☆☆(85位)
        • 見学時間:52分(87位)
        • 攻城人数:2700人(40位)
        • 城までの距離:約7km
    • より多くの
      城を見る

    近江の著名な城

    滋賀県の著名な城

    虎御前山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    虎御前山城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    「東国の城」の進化と歴史

    これまでは枡形や横矢掛り、馬出といったパーツの機能は知っていても、縄張全体の意図を理解できていなかったのだと、この本を読んでよくわかった。
    その城だけを取り出してもあまり意味はなく、特定の立地条件の中に置いたときに初めてその機能がわかる。近世の名古屋城のような城でも、立地とのかかわりが濃いことはブラタモリなどでも紹介されているが、戦国時代の城では築城者の戦略との密接な連関が必ずあり、それを読み取ることは私たちの理解を深め、攻城の楽しみを増してくれる。
    関東の土の城に興味をお持ちの方には一読を薦めたい。

    CLADさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る