紹介文

富士見城の築城年代は定かではありません。大井氏が滋野氏に対する備えとして築いたとする説、武田信玄が天文年間(1532年~1554年)に佐久地方へ進出した際に拠点である鍋蓋城小諸城の前身)の支城として整備したとする説などがあります。武田氏滅亡後、徳川氏・上杉氏・北条氏に加え、真田氏が信州の支配権を争った「天正壬午の乱」の際には徳川家康の家臣である柴田康忠が一時居城としました。その後、豊臣政権下で仙石秀久が小諸城主となってからも小諸城の支城として存続しましたが、元和の一国一城令で廃城となりました。現在は「飯綱山公園 歴史の広場」として整備されており、城の名前のとおり、晴れていれば富士山を遠望することができます。また飯綱山全体が岩山であることから、信州の城としては珍しくほぼすべての曲輪で石積みが使用されています。

富士見城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

富士見城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(9コメント)

    富士見城について

    富士見城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    山城

    標高(比高)

    835.5 m( 130 m)

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    大井氏か

    築城開始・完了年

    着工 室町時代か

    廃城年

    1615年(元和元年)

    主な改修者

    徳川氏か

    主な城主

    柴田康忠

    遺構

    曲輪、石積、堀切、土塁

    指定文化財

    復元状況

    富士見城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態山城
    標高(比高)835.5 m( 130 m )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主大井氏か
    築城開始・完了年着工 室町時代か
    廃城年1615年(元和元年)
    主な改修者徳川氏か
    主な城主柴田康忠
    遺構曲輪、石積、堀切、土塁
    指定文化財
    復元状況

    更新日:2024/04/18 03:37:43

    富士見城の城メモ

    富士見城の見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    富士見城の観光情報

    富士見城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    富士見城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    富士見城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(18日)の天気

    • 03時
      Clouds / overcast clouds
      9.09
    • 06時
      Clouds / overcast clouds
      9.69
    • 09時
      Clouds / overcast clouds
      12.53
    • 12時
      Rain / light rain
      11.57
    • 15時
      Rain / light rain
      10.81
    • 18時
      Rain / light rain
      9.35
    • 21時
      Rain / light rain
      7.32
    • 00時
      Clouds / overcast clouds
      5.28

    明日以降の天気(正午時点)

    • 19日
      Clouds / few clouds
      16.01
    • 20日
      Clouds / overcast clouds
      17.51
    • 21日
      Rain / light rain
      11.18
    • 22日
      Clouds / overcast clouds
      13.63

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    富士見城の地図

    富士見城へのアクセス

    富士見城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR八ヶ岳高原線/しなの鉄道・小諸駅からタクシーで約10分
    • JR八ヶ岳高原線/しなの鉄道・小諸駅からバス(大里線)に乗り「小諸高原美術館」バス停下車、徒歩3分

    アクセス(クルマ)

    • 上信越自動車道・小諸ICから5分

    駐車場

    • 小諸高原美術館駐車場
    • 飯綱山公園駐車場

    富士見城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR八ヶ岳高原線/しなの鉄道・小諸駅からタクシーで約10分
    • JR八ヶ岳高原線/しなの鉄道・小諸駅からバス(大里線)に乗り「小諸高原美術館」バス停下車、徒歩3分
    アクセス(クルマ)
    • 上信越自動車道・小諸ICから5分
    駐車場
    • 小諸高原美術館駐車場
    • 飯綱山公園駐車場

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      富士見城周辺のスポット

      富士見城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        小諸グランドキャッスルホテル【伊東園ホテルズ】

        小諸城址懐古園のとなり。お食事は夕朝食とも旬の素材をとりまぜた和洋中のバイキング。(評価:3.8、参考料金:4,598円〜)

        つるやホテル

        城下町の風情を残す信州小諸で、旅籠(はたご)として創業。純和風旅館の佇まいとビジネスホテルの利便性が融合されたホテル。軽井沢アウトレットまで車で約40分!観光の拠点にも便利。割烹料理は事前予約制。(評価:3.9、参考料金:4,950円〜)

        ホテルルートイン小諸

        ◆ご宿泊者様バイキング朝食無料サービス♪◆ラジウム人工温泉大浴場完備◆全客室LAN回線完備◆無料駐車場完備(先着順)(評価:4.0、参考料金:5,650円〜)

        島崎藤村ゆかりの宿 中棚荘

        島崎藤村が温泉削掘を手伝ったことでも知られ、今も昔も多くの文化人に愛されている。地場の食材を生かした創作会席料理やオリジナルワインも好評。レトロな面影を残す大正館と快適設備の平成館。(評価:4.5、参考料金:8,700円〜)

        グレイスランドホテル

        ・低価格にて安心宿泊ビジネスのお手伝・個室中心ゆったり空間で長期宿泊者に最適・近隣市町村に短時間移動の好条件(軽井沢町30分・佐久市15分・東御市15分)・コスパに自信リーピート率の高い施設(評価:4.2、参考料金:2,950円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      富士見城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 小諸城
        • 小諸城
          • 平均評価:★★★★☆(47位)
          • 見学時間:1時間10分(52位)
          • 攻城人数:2616人(39位)
          • 城までの距離:約2km
        • 上田城
        • 上田城
          • 平均評価:★★★★☆(29位)
          • 見学時間:1時間17分(36位)
          • 攻城人数:3838人(12位)
          • 城までの距離:約16km
      • より多くの
        城を見る

      信濃の著名な城

      長野県の著名な城

      富士見城といっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      富士見城を本城にしている団員

      以下のみなさんが富士見城を本城として登録しています。

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      天地雷動 (角川文庫)

      「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

      こめつぶさん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る