紹介文

富士見城の築城年代は定かではありません。大井氏が滋野氏に対する備えとして築いたとする説、武田信玄が天文年間(1532年~1554年)に佐久地方へ進出した際に拠点である鍋蓋城小諸城の前身)の支城として整備したとする説などがあります。武田氏滅亡後、徳川氏・上杉氏・北条氏に加え、真田氏が信州の支配権を争った「天正壬午の乱」の際には徳川家康の家臣である柴田康忠が一時居城としました。その後、豊臣政権下で仙石秀久が小諸城主となってからも小諸城の支城として存続しましたが、元和の一国一城令で廃城となりました。現在は「飯綱山公園 歴史の広場」として整備されており、城の名前のとおり、晴れていれば富士山を遠望することができます。また飯綱山全体が岩山であることから、信州の城としては珍しくほぼすべての曲輪で石積みが使用されています。

富士見城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

富士見城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 小諸高原美術館を目指して行くと登城口に着きます。登城口付近にある城館型?ポストの中にパンフレットがあります。主郭から先の南面に石垣(石積?)が多く残っていて壮観ですが、パンフレットによると「全てが城のものとは思えず・・・」と記載されているので後世に作られたものも混じっているのかもしれません。(2021/10/30訪問)
  • 車で訪れる場合、小諸高原美術館を目的地とし手前から駐車場がありますがスルーして空いてるならば登りきった所の駐車場まで行ってください。車から降りたらそこが飯綱山公園 歴史の広場(城址)入口です。主郭までなだらかに登り距離も短いです。軽装で充分です。石積は主郭から三の郭の南側斜面に集中してあります。(2021/11/07訪問)
  • 美術館奥の駐車場に説明板とパンフありました。きれいな公園になってますので軽装で攻城できます。野面とも言いにくい独特の石積が迎えてくれます。誰が積んだ?(2020/03/21訪問)
  • 全ての曲輪に石垣が使用されていて、見所だらけです。織豊系の城の雰囲気がする。あくまでも雰囲気ですが(2019/08/29訪問)
  • 小諸高原美術館駐車場に駐車。実は第一次上田合戦のおりに徳川勢により修築された近世の山城です。 徳川方の最前線の城です。(2016/12/25訪問)
すべてを表示(10コメント)

富士見城について

富士見城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)835.5 m( 130 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主大井氏か
築城開始・完了年着工 室町時代か
廃城年1615年(元和元年)
主な改修者徳川氏か
主な城主柴田康忠
遺構曲輪、石積、堀切、土塁
指定文化財
復元状況

更新日:2022/07/06 05:20:16

富士見城の城メモ

富士見城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

富士見城の観光情報

富士見城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

富士見城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(06日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    18.43
  • 06時
    Clouds / few clouds
    19.96
  • 09時
    Rain / light rain
    25.17
  • 12時
    Rain / light rain
    27.42
  • 15時
    Rain / light rain
    26.36
  • 18時
    Rain / moderate rain
    22.81
  • 21時
    Rain / light rain
    19.40
  • 00時
    Rain / light rain
    19.21

明日以降の天気(正午時点)

  • 07日
    Rain / light rain
    26.47
  • 08日
    Rain / light rain
    25.70
  • 09日
    Clouds / overcast clouds
    27.69
  • 10日
    Rain / light rain
    25.75

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

富士見城の地図

富士見城へのアクセス

富士見城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR八ヶ岳高原線/しなの鉄道・小諸駅からタクシーで約10分
  • JR八ヶ岳高原線/しなの鉄道・小諸駅からバス(大里線)に乗り「小諸高原美術館」バス停下車、徒歩3分
アクセス(クルマ)
  • 上信越自動車道・小諸ICから5分
駐車場
  • 小諸高原美術館駐車場
  • 飯綱山公園駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    富士見城周辺の宿・ホテル

      島崎藤村ゆかりの宿 中棚荘

      島崎藤村が温泉削掘を手伝ったことでも知られ、今も昔も多くの文化人に愛されている。地場の食材を生かした創作会席料理やオリジナルワインも好評。レトロな面影を残す大正館と快適設備の平成館。信州割対象(評価:4.3、参考料金:6,600円〜)

      グレイスランドホテル

      ・低価格にて安心宿泊ビジネスのお手伝・個室中心ゆったり空間で長期宿泊者に最適・近隣市町村に短時間移動の好条件(軽井沢町30分・佐久市15分・東御市15分)・コスパに自信リーピート率の高い施設(評価:4.0、参考料金:2,900円〜)

      登山電車で行く絶景露天風呂の宿 常盤館

      新緑の中の空気が美味しく感じる信州小諸の初夏。標高1000m、森に囲まれた菱野温泉は、非日常を感じさせてくれます。いろいろな緑色が広がる新緑の景色の中で、おいしいお料理と温泉はいかがですか☆(評価:4.1、参考料金:9,262円〜)

      標高2000m 雲上絶景宿 高峰高原ホテル

      眼下には雄大な絶景広がる別天地!夜はキラキラ輝く星空,夜景★この景色はお部屋,お風呂,ロビーからご覧頂けます。お料理は手作りからこだわった欧風ディナー♪思い出づくりにピッタリ◎小諸駅無料お迎え有(評価:4.0、参考料金:20,000円〜)

      ホテルルートインコート軽井沢

      軽井沢アウトレットのお買い物にも便利なビジネスホテル。疲れを癒す人工活性化温泉も完備。軽井沢観光へのアクセス良好、群馬の名湯万座温泉・草津温泉方面に一番近いのが、ルートイン軽井沢です。(評価:4.3、参考料金:5,975円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    富士見城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 小諸城
      • 小諸城
        • 平均評価:★★★★☆(58位)
        • 見学時間:1時間11分(52位)
        • 攻城人数:2091人(38位)
        • 城までの距離:約2km
      • 上田城
      • 上田城
        • 平均評価:★★★★☆(41位)
        • 見学時間:1時間14分(47位)
        • 攻城人数:3064人(11位)
        • 城までの距離:約16km
    • より多くの
      城を見る

    信濃の著名な城

    長野県の著名な城

    富士見城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    富士見城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    世界史のなかの戦国日本 (ちくま学芸文庫)

    歴史好きな方であっても「世界史」と言われるとカタカナ文字だらけだったり、地域を跨ぐ国がいくつも栄衰したりで手が出し難いと思います。
    一方「鉄砲伝来」とか「日本銀」のお話と言うと、ここ最近のテレビ番組でも特集が組まれたりしているので、もっと詳しく広い範囲で知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?
    この本は対馬や琉球などの「日本と海外の境界地」を中心とした戦国期の歴史から民族の流れや需要と供給の変化などを知ることが出来ますよ。
    なので読み進め方は最初から読むよりも興味のあるキーワードがある章から読み始め、最後に全体を通して読むのが良いと思います。
    個人的なおすすめは第6章でざっくり言うと、豊臣秀吉の朝鮮出兵の本当の目的は?その結果世界(特にアジア圏)はどう変わったか?のお話です。

    aries4muさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る