攻城団からのお知らせ

『ぼんてん』と『まる』をかわいがってあげてください

すでにニュースに掲載済みですが(プレスリリースも出しました)攻城団のマスコットキャラクター『ぼんてん』と『まる』を本日お披露目しました。
昨夜、急遽動画も収録して攻城団テレビにアップしましたので、そちらもぜひご覧ください。


伝えたいことはおおよそ動画で話しているのですが、いつもより短いとはいえ21分もあるので、以下に文章で要約したものを書いておきます。

ご縁で生まれたキャラクター

時系列的には、一昨年の年末くらいに榎本先生から「攻城団でゆるキャラとかつくったらいいのでは?」と言われたのがそもそものきっかけです。ひこにゃんやくまモンのワイド御城印帳を販売することはあっても、攻城団にキャラクターをつくるなんて考えもしなかったのですが、言われてみれば攻城団テレビのバナーをつくっていても「おじさんの顔写真では『引き』が弱いなあ」「おじさんというだけで避けられたらもったいないな」と思っていたので、ちょっと真剣に向き合うことにしました。

それで去年の年初からつらつらとどういうキャラクターにするといいかなとか、誰にお願いするべきか(そもそも誰がこんな小さな会社の依頼を引き受けてくれるのか)と考えたり悩んだりしていたのですが、まさにそんなときにお世話になっている会計事務所が70周年だかで事務所のマスコットキャラクターをつくられたと聞き、しかもそれが『ひこにゃん』の生みの親でもある、もへろんさんだと聞いて、ご紹介いただきました。同じ会計事務所にお世話になっているなんてご縁としか言いようがないですよね。

もへろんさんとお会いして、攻城団の取り組みなどにも興味を持っていただき、引き受けてもらえることになりました。ぼくはこれまでもプロに依頼するときは任せたほうがいいと思っていて、今回もそのスタンスでした。へたに素人が口を出してダメになった話はほんとにあるあるなので。
ただもへろんさんからの事前ヒアリングで「犬派ですか、猫派ですか」と聞かれて、うちには猫がいると写真を共有したんです。それがこの写真です。

彼は生まれつき右目が見えなくて、なので伊達政宗の幼名である梵天丸にあやかって「ぼんてんまる」と命名したんですが(伊達政宗は生まれつきではないけれど)、せっかくだからと3案出てきたキャラクターのひとりが、彼をモデルにしたキャラでした。
自分ちの猫を会社のキャラクターにできるなんて社長の特権というか独裁もいいところなんですが、そういう我欲はありつつも若干の冷静さも残っていて、それが「伊達政宗っぽい感じにしてもらってるから戦国武将感はあるけど、お城感がゼロなのはマズいだろう」という懸念でした。
ぼくが決めきれない様子だったからか、もへろんさんが「ひとつじゃなく、ふたつを組み合わせてもいいですよ」と助け舟を出してくださり、だったらともうひとつの候補だった「お城の妖精」とのコンビでいくことにしました。
コンビにしたことでふたりの会話も生まれるし、キャラクターをより動かしやすくなりました。

名前はぼくが決めていいということだったのでネコのほうを『ぼんてん』として、お城の妖精を『まる』にしました。ぼんてんまるの名前を割っただけですが、『まる』は本丸や二の丸のようにお城用語でもありますよね。
これはほんとかウソかわからないのですが、お城の曲輪は別に丸くないしどっちかというと四角いところが多いのになんで「まる」がつくのかと調べたことがあって、どうも丸には完璧という意味があって、そこから「落ちない」という願掛けでつけられたとか。
船の名前で「日本丸」のように「なんとか丸」とついてるのも同じで、完璧だから沈没しないという願掛けだそうです。なのでちょうどいいなと思って、お城の妖精の名前は『まる』にしました。

ちなみに『まる』のほうは感情表現を豊かなキャラクターにつくっていただいたので、そういう個性のちがいもいろいろと動かしやすそうです。
たとえばメインキャラクターの『ぼんてん』は怒りをあらわにしづらいけど、相棒の『まる』ならそういう強い感情を出しても許されるなとか。

ぼんてんまるのロゴもつくっていただきました。これもまたかわいいと思うんですがどうでしょう?






コピーの「Enjoy every castle.」はぼくが提案しました。
攻城団のタグライン(キャッチコピーみたいなものを広告業界ではこう呼ぶそうです)は「日本には、城がある。」なのですが、そのまま英訳してもしっくりこなかったので「有名も無名も関係なく、すべてのお城を楽しもう!」というメッセージを英語で表現してみました。
英語として正しいのかよくわからないのですが、まあ「enjoy every moment」で「一瞬一瞬を楽しむ」という意味らしいので、そんなにはずれてないのではないかと。

今後の展開

ということで、いろんなご縁のおかげで、ほんとうにかわいいキャラクターが誕生したと思っています。
みなさんにも気に入ってもらえるとうれしいです。

さっそく攻城団のアイコンとして使えるようにしました。
管理画面の各種設定変更からアイコンを変更できるので、選んでみてください。

また、あまり見る機会は少ないのですが、ページが表示できないときなどのエラー画面にも表示されます。
こんな感じです。

ほかにも今後は攻城団テレビなどのバナーにもどんどん登場していくと思います。
とくに『まる』は感情表現が豊かなキャラクターなので出番が増えそうです。

グッズも第一弾として、缶バッジ、クリアファイル、ステッカーが今日から攻城団のオンラインショップで買えます。
またポストカードは無料で配布中なので、グッズを購入されるついでにカートに入れていただければと。
3枚までゲットできるので、家族や友だちにキャラクターものが好きな人がいたらプレゼントしてあげてください。

ショップを見てみる

ほかにもいろいろグッズは増やしていく予定です。

プレゼントの案内

最後に、このマスコットキャラクターの誕生を記念して『ぼんてん』と『まる』のイラスト入りグッズのプレゼントキャンペーンがスタートしています。
賞品はふたつあって、ひとつはグッズの詰め合わせでこれもお得なのですが、もうひとつはなんと「もへろんさんのサイン入りキャンバスプリント」です!
キャンバスプリントというのはこういうやつで、美術で使うようなキャンバスにキャラクターとロゴを印刷してもらいました。

いずれも【5名】にプレゼントしますので、ぜひご応募ください。締切は2月28日(火)です。

プレゼントの応募受付は終了しました。ありがとうございました。

キャンバスプリントは後日ショップでも販売予定ですがほんとにいい出来です。
ちなみにサイズが大中小とあって、イラストも6パターンあります。プレゼントでどれが当たるかは選べないのですが、どれもかわいいですよ。

ということで、攻城団の仲間に加わってくれた「ぼんてん」と「まる」をこれからかわいがってあげてください。
キャラクターを見ての感想などもぜひ聞かせてください。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

団員ブログを公開しました

  • お知らせ

攻城団にブログ機能を実装しました。団員による団員のためのブログとして、攻城レポートを書いたり、自分が学んだことなどをシェアしていただけるとうれしいです。

つづきを読む

鮫ヶ尾城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

「御館の乱」で敗れた上杉景虎が自刃して果てた終焉の地として知られる鮫ヶ尾城にも攻城団のチラシを置いていただきました。斐太歴史の里案内所と斐太歴史民俗資料館の2か所で入手できます。

つづきを読む

角牟礼城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

毛利高政によって近世城郭へ改修され、続日本100名城にも選ばれている角牟礼城にも攻城団のチラシを置いていただきました。豊後森藩資料館とくすまちメルサンホールの2か所で入手できます。

つづきを読む

龍岡城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

長野県佐久市にある、もうひとつの五稜郭として有名な龍岡城にも攻城団のチラシを置いていただきました。佐久市歴史の里五稜郭であいの館と佐久市臼田支所の2か所で入手できます。

つづきを読む

浜松城のチラシが新しくなりました

  • チラシ設置報告

浜松城のコラボチラシが新しくなりました。天守閣1階、売店前のチラシラックで入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る