丸岡城
丸岡城

[福井県][越前] 福井県坂井市丸岡町霞1-59


  • 平均評価:★★★★☆ 3.80(27位)
  • 見学時間:58分(75位)
  • 攻城人数:2256(21位)

丸岡藩砲台跡

丸岡藩砲台跡は丸岡藩が沿岸警備のために築いた砲台跡です。梶台場とも呼ばれています。

丸岡藩砲台はペリー率いるアメリカ艦隊が浦賀に来航する前年の1852年(嘉永5年)2月、丸岡藩の砲術家で高島秋帆の門人と伝えられる栗原源左衛門によって建設されました。

現存する遺構は、高さ1.8m、長さ33mの石垣でつくられた胸墻(きょうしょう:敵弾を防ぐために胸の高さあたりまで積み上げられた盛り土)に5つの砲眼が設けられています。

丸岡藩砲台跡の観光情報

住所坂井市三国町梶
URLhttp://info.pref.fukui.jp/bunka/bunkazai/sitei/siseki/sakai-hodaiato.html
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

丸岡城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の終わりを告げた城―八王子城を探る (ロッコウブックス)

おそらく、八王子城の解説本の中で最も重要な一冊でしょう。
八王子城跡が現在のように整備されたのは、落城400年にあたる1990年以降のことです。本書の出版も同時期で、出版後に発見された遺構もあれば、今は目にすることのできない遺構も多数あります。言い換えると、1990年当時の八王子城跡の姿を記録した書であるとも言えます。八王子城に興味を持ってくださった方にはお薦めの一冊です。すでに廃刊となっていますので、古書店か図書館で探してください。
トンネル工事や台風・地震などにより、現在は失われてしまった石垣などの貴重な写真も多数掲載されていますが、白黒で小さいため分かり辛いのが残念。

赤ヱ門さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る